fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ ダウンショットリグ フラッシュジェイ パニッシュ キャロライナリグ フットボールジグ ゴーマルオーバー ソルティスラッガー AIREDGE コラボ釣行 スモールマウス45up 高中正義 三つ又ヘビキャロ ダイワ タトゥーラ スモールマウス20up ホビット ゲーリー4インチグラブ 日光いろは坂 メタルバイブ 三つ又 DTM ギター 福原美穂 ロード・オブ・ザ・リング DAW Night_Ranger TOTO  レイジー スローバラード RCサクセション 爆風スランプ 渡辺美里 ポイントH サマータイムブルース ベイビーアイメイクアモーション マイケル アクションコパー TALEX 大きな玉ねぎの下で Dスクエア モデルA CB350 N ディプシードゥ4 フットボールラバージグ ソルファ FLYING_KIDS The_Last_Hero Alter_Bridge 風の吹き抜ける場所へ ASIAN_KUNG-FU_GENERATION Sorceress Opeth メガネの久地岡 REFLECTION{Drip} Mr.Children 宇多田ヒカル Girl Pharrell_Williams Fantôme ジューシィ・フルーツ DAWN Aimer グレンミラー ジグヘッドリグ 音楽 洋画 X-Trail ライギョ EF8 筑波パープルライン AW11 POMS さがみ家 ワイルド・スピード_EURO_MISSION NSR250R MR2 CR-X アナと雪の女王 ワンダーシビック Pentatonix FZR250LimitedEdition Cocco シザーコーム バスロッド エアエッジ ネコリグ ベイトロッド リール ヘビダン ヘビキャロ バグアンツ フィネスワーム ラージマウス20up Norah_Jones ユーザー車検 フローティングベスト ドライブクロ― カットテール スモラバ スプリットショットリグ 天秤 浜田麻里 素敵な人生の終り方 グッド・ウィル・ハンティング メン・イン・ブラック3 最高の人生の見つけ方 おとなのけんか of Best The マダガスカル3 トランスフォーマー そして父になる メカニック リンカーン/秘密の書 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 Don't_Let_Up 旅の仲間 二つの塔 melody.~Timeline~ 森川美穂 Avril_Lavigne Thriller Michael_Jackson Let_Go TOTO_IV_~聖なる剣 You_Can_Never_Come_To_This_Place BLUE_LAGOON 君の名は。 I_Dreamed_a_Dream Susan_Boyle 布袋寅泰 我がまま Vocalization New_Beginnings LINDBERG_Ⅲ TRUTH T-Square Vol._2-Ptx High_Road REO_Speedwagon REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow REBECCA Can't_Fight_This_Feeling 小比類巻かほる 森高千里 RETURN_TO_MYSELF SO_REAL ザンサイアン Love&Soul Music_is_My_Life MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ The_Best_of_Soul_Extreme スペクトラム 虹伝説 Box_Emotions Superfly 見て バケモノの子 レ・ミゼラブル ローン・レンジャー WAR_OF_KINGS スカイ・フォース 思いがけない冒険 タイタニック -デラックス・エディション オリジナル・サウンドトラック EUROPE オール・ユー・ニード・イズ・キル アメリカン・スナイパー #1_インフィニティ Mariah_Carey 決戦のゆくえ グラン・トリノ ノア_約束の舟 TOTO_XIV∼聖剣の絆 Day_Breaks 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

果てなく続くストーリー VOCALOID 5 Kaori

みなさん、こんにちは。

GHBです。


さてさて今回は、「果てなく続くストーリー」の原曲を再現してみました。


はっきり言って、原曲はいいね!

あらためて、良い曲だと思いました。





まずは、イントロのピアノ。

原曲では、鍵盤のタッチの強弱で抑揚が付けられています。

DTMでそれが再現できるのか?


DTMソフトには、打ち込んだ音一つ一つに、ベロシティ値なるものが与えられています。

その値を大きくすると音は大きく鳴り、小さくすると小さな音になる。


で、イントロを打ち込んだ後に、ベロシティ値に変化を付けてみた。



ん~~。

確かに音量変化はあるけれど、生ピアノの鍵盤タッチの強弱は再現できていないよなぁ。


このあたりの味付けが上手く再現出来たらいいのにな。




さあ、ボーカルです。

Kaoriの登場です。

もう安定のKaori ですね。

彼女のビブラートは、歌のお姉さんを連想させてくれますね。




そして、ストリングス。

グッと音に広がりが出ます。


ベース、ドラム、ホルンと加わって、厚みが増していきます。



そしてそして、ギターはGHBがプレーしています。

3:35からのアコギ音ですが、GHBはアコギを持っていないので、エレキギターをAmpliTube 5で鳴らして再現しています。

使用したギターは、新しい相棒、Ibanez RG370AHMZ-BMT。
EyCiEX0VoAMvaM8.jpg


5:20からのギターは、フェルナンデスの安っすいストラト。

こちらもAmpliTube 5 で鳴らしています。



ここまで来て気が付いたんですが、ここで曲のテンポがだんだんに遅くなるんですね。

そして、テンポ復活。

復活かと思ったら、初めのテンポより速くなってるし。




でも安心。

Studio One は、そんなテンポの変化にも対応しています。




バックボーカルも加わり、クライマックスに向け盛り上がります。





そして静かにエンディング。



なんて感動的なんだ!






関連記事
スポンサーサイト



2021-05-29

DTM コメント: 0 トラックバック: 0

to U VOCALOID5 Kaori & Ken [Bank Band Cover]

花粉症の季節ですね!
GHBです。



さてさて、新たに打ち込んでみましたよ。


これはもう、名曲と言わず何と言う。

Bank Band アルバム「沿志奏逢2」から「to U」



もうね、完成する前。

打ち込んでは試し聴き、打ち込んでは試し聴き。

そこで、涙が流れてしまうんですよ。

いい曲過ぎて。


頭の中で空で歌っても、また涙。


何なんでしょ、この曲。


やっぱ小林武史と櫻井和寿は変態天才です。



で、この曲。

しっとりと、そしてしっかりと。
Salyuと櫻井和寿が歌っていますが。


VOCALOID5が、ボカロらしさではなく、どこまでリアルな歌声を再現できるのか?



しつこいくらいにビブラートを付けてみたりして。




あ、GHBはギターも弾いてみました。

ストラトキャスターにアンプはORANGE。
エフェクターはリバーブだけ。

なかなか良い音かな、と。





関連記事

2021-03-06

DTM コメント: 0 トラックバック: 0

Invitations Shakataku [Cover] VOCALOID5 Amy & Chris Studio One

さて、GHBであります。



今回は、イギリスのフュージョンバンド、Shakataku のカバーです。

多くの方が聴いたことのある、ピアノの旋律が美しい一曲。


ボーカルもフューチャーされているので、VOCALOID5 の Amy と Chris に歌ってもらいました。

ただね、この二人、アメリカ人なんですよ、多分。

だから、イギリス英語とちょっと発音が違ってたりして、ボーカルの響きが若干、雰囲気が違うかも、です。



あとね、ベース音源を購入しました。

ずっと欲しかったですよ。
お小遣いを貯めて買おうと考えていたんです。

そしたら何?

新春セールだかなんかで、メッチャ安く売ってたんですよ。
すぐにポチッてしまいました。


その音源とは。


MODO BASS



やっぱりね、DTMをやっていると、ソフトに付属している音源だけでは、満足しなくなってくるんですよ。

本当は、ベースもGHBが弾けば良いのですが、スラップベース(チョッパーベース)が出来なくて。。。。



あとね、ドラム音源も買ったんです。


MODO DRUM


ベースとドラムで、かなりリアルなサウンドになったのではないでしょうか?


ギターはGHBが弾いております。






関連記事

2021-02-13

DTM コメント: 0 トラックバック: 0

ボーカロイド Kaori

こんにちは、GHBです。


DTM生活が続くと、ボーカリストの必要性が出てきました。

GHBが歌ってもよいのですが、人様に聴かせる程の歌唱力もなく。
誰か歌い手さんを雇うのもアレなんで。

VOCALOID5なるものを購入してみました。

ボーカロイド?

なんじゃ?そりゃ?


初音ミク。


これならご存じの方も多いのでは?


簡単に言えば、架空の人物が、PC上で歌ってくれるものですね。



で、ボカロに何を歌ってもらおうかと考えた結果、MISIAの「果てなく続くストーリー」を歌ってもらうことに決めました。

この名曲を、ボカロがどこまで歌い上げてくれるのか?
ボカロらしさではなく、偉大なるシンガーMISIAの歌を如何に再現できるのか?

興味はそこにあった。



原曲を忠実に再現したくて、打ち込みを始めました。

まずは、ピアノでのコード進行を打ち込みました。

ここで、遊び心を。


音源を、ピアノからシンセサイザーにチェンジ。

アレコレと音源を選んでいるうちに、なんだか自動演奏してくれるものもあるんですね。


ん?
おもしろくね?


原曲よりもだいぶテンポをアップして。

ドラムを打ち込み、ベースを打ち込み。。。。


こりゃおもろい!



そして、ボカロを打ち込み、ビブラートなんかの調整を念入りに行います。




そして、出来上がったのが、リメイク版


「果てなく続くストーリー」Vocal by VOCALOID Kaori



原曲を忠実に再現?

誰かそんなこと言った?



まあ、ちょっと聴いてみてください。





関連記事

2021-02-06

DTM コメント: 0 トラックバック: 0

You Can Never Come To This Place 高中正義 [COVER] by GHB #2

こんにちは、GHBです。

さて、今日は、Studio One でカラオケを作ってギターを弾こう!のコーナーです。

ん?そんなコーナーあったか?一人突っ込みをする。




じゃあ、どうやって、そんな遊びをするの?



GHBの場合を、簡単に説明してみます。




PCのスペック

CPU       Intel(R) Core(TM) i7-9700 CPU @ 3.00GHz 3.00GHz
メモリ       16.0GB
OS        Windows 10 Home

ストレージは、SSDとHDDの両方があって、OSとStudio OneのデータはSSDを使っています。




Studio One

Studio Oneとは何か?
音楽制作用のソフトウェアです。
DTMとか、DAWとか言いますね。
GHBが使っているのは、Studio One 4 ARTIST です。

このソフトウェアを使って作ったのがこちら

GHB · [karaoke] You Can Never Come To This Place


WAVEファイルをダウンロード出来ますので、必要な方はご自由に使って下さい。




カラオケが出来たら、次はギターの録音です。

使用したギターは、2012年製のGibson レスポール studio です。
GHBは、ギターアンプとかエフェクターとか持っていないので、アンプシミュレーターを使います。

アンプシミュレーターって?
簡単に言えば、パソコン上でエレキギターを鳴らすためのソフトウェアです。
GHBは、AmpliTube 4を使っています。


そして、エレキギターとパソコンをつなぐためには、オーディオインターフェイスが必要です。
GHBが使用しているのは、IK Multimedia社のAXE I/Oです。



準備が出来たら、ギターを鳴らしてみましょう。

ギターの音色作りです。
AmpliTube 4のセッティングをアレコレ言うよりも、画像で見てもらった方がかんたんですね。

アンプはメサブギ。

スクリーンショット (25)
クリックで拡大



スクリーンショット (26)
クリックで拡大



スクリーンショット (28)
クリックで拡大



スクリーンショット (29)
クリックで拡大




Studio one でカラオケを流しながら録音すると、こんな感じになりました。






簡単に説明してみました。


関連記事

2021-01-09

DTM コメント: 0 トラックバック: 0

BLUE LAGOON






これがすべての「始まり」だったのかも。


小学生の頃から、音楽は好きで、もちろん、聴くだけ。
ラジカセを使って、ラジオやテレビから録音をしたよね。


そして、パイオニアのCM。


これにはヤラれたよね。


「演りたい!」


音楽は聴くものだと思っていたけど、プレイヤー側の意識が芽生えたのでした。







月日は流れ、40年。。。。。


ここに自己満レベルの「BLUE LAGOON」が出来上がったのでした。



いや、全然、満足の行く出来栄えではないです。







この曲のカラオケWAVEファイルを公開します。

ダウンロードしてご自由にお使いください。

bpm=122

GHB · [karaoke]BLUE LAGOON


関連記事

2020-09-16

DTM コメント: 0 トラックバック: 0

YOU CAN NEVER COME TO THIS PLACE

こんにちは、GHBです。

ブログなんて忘れていたけど、また書いてみる。


川の工事が始まり、前記事の釣行以来、一切釣りに出かけていませんでした。

で、何をしていたのか?


ギターを弾いていました。

そして、ギターを弾くにあたり、カラオケなんてのも、自分で作ってみたりして。


DTM(デスクトップミュージック)ってヤツです。


PCで音楽を制作してしまうヤツ。

スゴイネ。


いや、GHBがスゴイんじゃなくて、テクノロジーってヤツがさ。

ギターを鳴らすのもPCですから。


エレキギターとシールドコードとオーディオインターフェイスとアプリと。

ギターアンプなんて要らないの。

でもって、すごく良い音が鳴るんです。

時代の進歩ってスゲー。




細かいことは、追々に書いていくとして、まずは、最初に作成した曲を聴いてもらおうかな。



GHBにとってのギターヒーローは、TOTO の Steve Lukather なんだけど、

国内で選ぶなら、高中正義なわけ。

むしろ、今は高中正義ですね、一番は。


で、その高中正義の1981年リリースのアルバム「虹伝説」から、ラストの曲

YOU CAN NEVER COME TO THIS PLACE

をコピーしてみました。

GHBは、名曲中の名曲だと思っています。


リリース当時、中坊だったギター少年GHBは、この曲を弾きたかったのですが、テクニック不足から、手も足も出ない状況でした。

そして、この歳になり、ようやく、なんとなく、なんとな~くだよ、カタチになってきた感じです。

毎日毎日、練習してるんですけど、なかなか、満足のできるプレーが出来ません。

なので、とりあえず、とりあえず版として、YouTubeにアップしてみました。







もっともっと上手になりたい。


もっと上手になったら、修正版をアップしようかな。



それでですね、GHBの願望なんかをチョット言いますね。


出来栄えはさておいて、せっかく作ったオケです。

このオケをですね、誰かに使って欲しいなぁ、なんてね。


「オレが使ってやっからよ!」

なんて方が、万が一にでもいらしたとするならば、


そんな方の為に、オケのWAVEファイルを公開します。



ご自由にダウンロードしてお使いください。

DTMソフトに取り入れてもらって、切ったり貼ったり、自由にしてください。

bpm=76
GHB · [karaoke] You Can Never Come To This Place



関連記事

2020-09-14

DTM コメント: 0 トラックバック: 0

初釣り、初バス 2018鬼怒川釣行No.1

明けましておめでとうございます、GHBです。
本年もどうぞよろしくお願い致します。



早速ですが、新年早々、元日から釣りに出掛けてきました。

目的は、元旦フィッシュ。
1月1日の午前中に釣り上げること。

思い起こせば3年前の元日。
午前中では無かったが、スモールを獲った。
ダウンショットでテトラ打ち。
小さなワームでゆっくりと。
その後の調査により、真冬のリアクションの釣りが有効であることがわかってきた。

そして、今回用意したタックルは、3種類。

メタル系用にベイトMH。
フットボール用にベイトM。
ヘビキャロ用にシーバススピニングML。

ベイトミディアムロッドは、新調しました。
AIREDGE 6101MB・E

本当は、ミディアムロッド1本勝負でもよかったのですが、なにぶん煩悩が多いものでして、、、、




モーニングバイトを狙うため、夜明け前に出撃したかったのですが、寒さと睡魔に完全勝利出来ず。
それでも、日の出前には動き出せた。

こんな朝っぱらから土手の上に数台の車。
なんかトラブった?

いやいや、あとで気が付いたのですが、初日の出待ちですね、きっと。

ツイッターをチェックすると、すでに先行者さん。
あいさつ代わりにホットコーヒーを用意。

現着して支度を済ませ、先行者さんの元へ。

「おはようございます!好きですねぇ!」

コーヒーを取り出すと、先行者さんもGHBの為にコーヒーを用意していました。
あらら。
一応、コーヒーを交換こ。

では釣り始めます。



まずはメタルジグから。

先行者さんは反応があるらしい。
でも、GHB無反応。

先行者さん、いい場所に入っています。

朝だから、フィーディングでしょ。

キャロでドリフト。

流れが弱いのか、シンカーが重すぎるのか。
リグが流れづらい。

水害以降、かなり魚影が薄くなった印象。
1投に時間が掛かるキャロはじれったい。

では、黒豆1/2oz+ゲーリー4インチグラブ。

大きなアクションでリフト&フォール。

当然、ガイドとリールは凍ります。
寒いんです。

ちょっとアクションを変えてみる。

小さくチョンっと跳ねさせる感じ。

そして、手前のブレイクに差し掛かったころ。
ゴツゴツした感触がブレイクの存在を想像させます。
そのゴツゴツも、岩系じゃなく、ちょっと柔らかい感じがするので、粘土系と想像します。

そこでチョンっと跳ねさせると、着底後にコロっとジグがブレイクを転がった感触。
次のアクション。

あ、根掛かり。

手前は危ないんだよなぁ。


って思ったら、動てる。

コロってのはバイトでしたね。

ヨッシャ!掛けたよ。

かなり重々しい引き。

先行者さんの反応はニゴイらしいので、GHBも半信半疑。

なかなか浮き上がらずに、マンメイドにラインが擦られてる。

こりゃマズイなぁ、と思ったら沖に出てくれたので浮き上がらせると


ビッグスモール!


一度浮き上がったらこっちのもの。

ガッチリと下顎をつかんだ。

DSC08706.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。48cm。

いきなりのビッグフィッシュ。
初バスとしては、上出来です。

DSC08707.jpg

グッドコンディション、ヒレピン。

スポーニングに備えてしっかりとエサを食べて、見事な体高のきれいな魚体。

言うことなし。


と言いつつも、50upが欲しかった。


その後、小移動しながら打ち続けるも、ニゴイの反応のみ。

スモールからの反応は無し。


このまま帰っても良かったのですが、もう一か所。


ポイントK。

ヘビキャロを打ち通す。




が、ロストばかりで、反応は得られず。

しかし、ここには絶対に居る。


日も沈み、月が川面を照らし出した頃。

ラストチャンス。


パニッシュを結ぶ。


激流に連射。

ストレートリトリーブ。
ハードジャーク。

1投ごとに下流方向に移動。


激流が収まりつつあるエリア。

沖に投げたパニッシュをジャーク。
岸際まで来たとき。

しまった、根掛かった!

と次の瞬間。

沖に走り出した。





その後の展開は?








こんなタメて書いてるってことは。。。。






キャッチしたと思う?


























いえいえ、

バレました。



でもね、マズメ時は超シャローでチャンスあり、ってことですよ。

真冬でも、超シャローのハードジャーク。



次はキャッチしたいね。


2018-01-05

2018鬼怒川 コメント: 4 トラックバック: 0

君の名は。

assocbutt.png

新海誠監督ほか気鋭のスタッフが集結し、社会現象を巻き起こした大ヒット作。夢の中で入れ替わる少年と少女の恋と運命を圧倒的な映像美とスケールで描き出す。主題歌を含む音楽を人気ロックバンド・RADWIMPSが担当。






若い男女の運命的な出会いの瞬間。

人は、大切な人に初めて出逢ったとき、その瞬間を自覚できるもの。

ああ、あの頃を思い出す。

とても清々しい気持ちになれる作品です。




DMM.gif
assocbutt.png

関連記事

2017-12-12

アニメ コメント: 0 トラックバック: 0

メタル

ご無沙汰です。
なかなか釣りに行けず(行かず?)、音楽ブログになりつつある、MY TACKLE BOXです。

12月、ということで、大好きな冬の釣りですね。

で、釣りに出掛けるためのモチベーションを持ち上げるために、大量仕入れ致しました。

DSC08703.jpg

画像に写っているモノ×各色2個ずつ。

ソルト用のメタル各種ですが、なんでソルト?

それは、安いから。

バス用は高すぎますね。

お小遣い少な目オジサンには、少しでもお安い方が有難いですよ。

さあ、この子たちで、デッカイスモール、釣りたいね。

関連記事

2017-12-06

タックル コメント: 2 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS