FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

2016鬼怒川釣行No.35

2016年11月3日(木)



仕事が休みになった休日。
だがしかし、用足しがまあまああって、釣行できるかどうか不安であったが、午前中に用足しがすべて完了し、無事に出撃することが出来た。


12:15~17:15



鯉師、ヘラ師が下流部分に居たが、それ以外のエリアはオールフリー。

誰かが来る前に、移動しながら広い範囲をメタルでチェック。


何も無いので、場所を決めて、じっくりと。


ちょっといつもと狙いを変えて、手前のマンメイドから。


サクッと1本。

DSC08660.jpg

まぁ、このサイズね。


やっぱり沖狙い。


メタルとキャロをローテしながら、回遊組を待つ。


キャロもいつもと違って、ドリフトではなくて、ズル引き。

リールを半回転巻いてストップ。
この繰り返し。


ストップの瞬間。

グイッとティップが引き込まれる。


グイグイと引っ張る引き。


なんか良さそう。


でも、マンメイド付近。


あ~、擦られてるのがわかる。

魚もゴツゴツとマンメイドに衝突してるみたいだ。




あ、外れた。



ライン切れじゃなくて、外れた。



結構良さそう。

逃がした魚は。。。。。。

まさしくその通り。






その後も、メタルとキャロ。



メタルには何も無し。


キャロには、バイトはある。

マンメイド付近。

でも乗らない。

小さいのかな。




そして、キャロで待望の沖でバイト。






って、やはりキミ?

DSC08663.jpg

違うんだよね、キミじゃないのよ。



ま、そのまま暗くなるまで続けたが、特に書くべきトピックスもなく。

IMG_0595.jpg

関連記事
スポンサーサイト

2016-11-04

2016鬼怒川 コメント: 4 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.34

2016年10月30日(日)


秋になり、順調に釣行回数を増やしております。
先週、イイのが釣れたので、今週も出掛けて来ました。


6:00~12:30

基本、メタルのリアクション狙いだが、先行者さんの情報から、リアクションでの反応が薄いようなので、早々にキャロに切り替える。

すると、同じ場所で2バイト。

しかし、どちらも乗らず。

バイトが消えたので、リアクション。


キャロとメタルをローテするも、カスリもしない。

厳しい。


フックサイズを落としたキャロに、

DSC08653.jpg

ノンキ―パー。
下アゴ、変だね。

DSC08655.jpg

キャッチする時、下アゴつかめなかった。
口も大きく開かない。
まるで、トラウト。
だから、はじめの2バイトに乗らなかったんだね。


結局、この1尾で、終了でした。


厳しい。


寒さも厳しくなってきました。

防寒を着ないで出撃しましたが、寒かった。

防寒、着た方がいいね。

関連記事

2016-10-31

2016鬼怒川 コメント: 5 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.33

2016年10月23日(日)


7:00~12:00

時間的に少し遅いか?
案の定、先行者あり。

最高と思われるポイントには入れず。

違う場所でしばしお茶を濁す。

すると、ラッキーなことに、最高の場所が空く。


あとはリアクションあるのみ。


ジグパラショート20g。


あれ~、今日は魚が居ない?

でも、先行者さんは掛けているようだし。

ライトリグだな。

それでも、リアクション。


そして、ビッグバイト!

掛けた位置からすると、ニゴイだと思うんだけど。

なかなかのファイト。

まさかの本命?




いや、デッカイニゴイ。

50オーバー、60に迫る勢い。


ジグパラ。
ちょっと手を加えてあって、アシストフックを1本追加した3本フック仕様。

その3本とも掛かっていて。

外すのにも結構な手間を喰う。

このサイズになると、ニゴイと言えど、ナイスファイターです。



リアクションを貫き通すつもりでしたが、ちょっと気分転換にヘビキャロ。

その3投目。

ノーアクションのナチュラルドリフトで、ググッと。


おお~~!

これもナイスファイト。

ヘッドシェイクが伝わって来る。

でも、本命だかニゴイだか、正直区別が出来ない。

いつもよりも、ちょっと時間を掛けてファイト。

グリグリ巻かずに、沖目で疲れさせる作戦。

その作戦が功を成して、マンメイドに擦られることなく、キャッチ出来た。

DSC08648.jpg

これ、イイんじゃないの?

DSC08651.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
47cm。

ヤバかったのが、外掛かりだったこと。

写真を撮っていたら、いつの間にか、フックが外れていた。

あ、ルアーはタイニーブラッシュホグね。



さて、ここからが長かった。


今回はたまたまビッグが喰ったけど。

本命はメタルでのリアクション・ハイクオリティ・フィッシュ。

キャロを投げたい自分にブレーキを掛けて、メタルに専念。

しかし、投げども投げども。

魚からのアクションは無かった。

厳しい日となりました。

関連記事

2016-10-24

2016鬼怒川 コメント: 4 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.32

2016年10月16日(日)


6:00~9:30

先週の感触から、また同じ場所へ。

結構な寒さの朝。
防寒、までは要らないが、冬用の上着は欲しいところ。

水温は未測定だが、GHB的には、水温は無関係。
手で触ると温かく感じる。


簡単に行きます。

まず、ニゴイが活発です。
ニゴイのバイト多数。
そんな中で、バスを拾って行く。

ジグパラスロー30g
DSC08620.jpg
ノンキ―パー。


タイニーブラッシュホグ
DSC08628.jpg
30前半。


タイニーブラッシュホグ
DSC08631.jpg
30前半。


9:30、一旦、野暮用の為、終了。


嫁が六本木に出掛けるので、TX守谷駅まで送る為に。
しかし、この時間だと、予定の時刻には間に合わないことが判明。
急遽、車で東京まで行く事に。
大きなタイムロス。
しかも、河原を走った車のタイヤには、泥んこが。
こんな状態で、銀座4丁目交差点まで走った。

さて、帰り道。
大きい姫が同乗中。
イオンに連れて行けとか。
そのまま、イオンへ。

そして、野暮用を全てクリアして、再び河原に降り立ったのが13:30。

あとは、嫁の迎えだけ。
夕方までは大丈夫。


同じエリアの、GHBが考える最上流部に。

ちょっと浅いんだけど、回遊の魚がUターンする場所かな。


なにも反応なし。


すると、後攻者。
大きな声で話しながら、ポイントに入る。
ちょっと近過ぎない?
川なんだからGHBのリグは、後攻者さんの目の前を通り過ぎて、さらに下流まで行くよ。
一言でいいんです。
何か言って欲しいな。

ちょっと気分的にアレなんで、すぐにポイント移動。

そこですぐに、

ジグパラショート20g
DSC08637.jpg
30前半。

タイニーブラッシュホグで掛けてファイト中に入電。
サイズもアレなんで、片手でファイトしつつ、応答。

え!?
もう嫁が帰って来る。

はい、迎えに行きます。

DSC08641.jpg
ノンキ―パー。

あ、一応、キーパーサイズ30cm以上ね。

ここで終了。

15:30。

ちょっと反応が出だして、これからがイイ時間帯、って時なのに。




関連記事

2016-10-17

2016鬼怒川 コメント: 4 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.30~31

2016鬼怒川釣行No.30


2016年10月9日(日)

翌日の体育の日に出撃予定であったが、夕方、ちょこっと時間が空いたので様子見に。

ポイントH。

先行者さんが居ましたが、すぐにお帰りに。

暗くなるまでメタルバイブでシャクったが、何も起こらず。

渋いのかな?

翌日の出撃に不安になる。





2016鬼怒川釣行No.31

2016年10月10日(月)

あさ6:30から出撃。

冬の定番ポイント。

まだ冬ではないが、そろそろいい頃かなぁ、って思って。

タックルは2セット。

シャクリ用ベイトタックルと、ヘビキャロ用シーバスタックル。


まずはシャクリます。

メジャークラフト ジグパラショアスローモデル30g。

スレアタリとかなんとなく触りがある感じ。
魚は居る。

タイニーブラッシュホグのキャロでドリフト。
フックはオフセット。

これにもお触りがある。

しかし掛からない。


メタルをシャクルと、フォールでイイ感じにスコーンってアタル。

メッチャ引くからどんだけデカイんかと思ったら、

IMG_0551.jpg

ノンキ―サイズ。

頭と背中にフッキングしていたので引いたんだね。


キャロでドリフト。
フックをセイゴフックにチェンジ。

岸近くまで流れた頃、ググッと。

水位が高く、マンメイドの先端まで行けない。
1尾目もそうだが、マンメイドに擦られまくり。

ビビりながらもなんとかキャッチ。

IMG_0562.jpg

結構いいんじゃない?

IMG_0563.jpg

43cm。

久しぶりだと、デカく感じる。


メタルをシャクリ続けると、タモロコがヒット。

キャロに背掛けにして流す。

手前のマンメイド近くまで来た時、コンッ!

よっしゃ~!

ルアーじゃないけどうれしい。

あ、

バスじゃない。

まあまあデカいキャットフィッシュ。

写真は無いけど、鬼怒川での自己記録サイズ。

タモロコ、釣れます。


ちょっと場所移動して、ジグパラshort20g 。

第1投目。

対岸近くに着水。

着底を待つ。

そろそろ着底?

コツコツッ!

あ、喰ってるし。

どれも引きが強い。

マンメイドに潜られたが、テンションを弱めたら出て来て、

IMG_0579.jpg

37cm。

ラインボロボロ。

ナイロンの4号。

3号じゃ、ちょっと怖いね。

最低でも4号。

と、GHBは考えます。



さらに移動して、メタルのフォールでコツコツッ!

ニゴイでした。



野暮用の為、12:30にて終了。


3フィッシュ2バラシ2外道。

メタルで2回、バラしています。










野暮用が済んだので、夕方の部、16:00スタート。

朝の場所に入ったが、キャロのリアクションで1バイトあったが、ワームだけ持って行かれた。

上流側に移動。

すでにうす暗くなっている。

対岸近くに投げたメタル。

3シャクリ目のフォール。

カツン!

ナイスなバイト。

そしてフックアップ成功。

と思ったらテンション抜け。

クルクルと回収。

と思ったら、マンメイド直前で突然に引き込まれる。

これ、2回目のヒットじゃなくて、最初に掛かった魚がこちらに走って来てた。

スッゴイ突っ込みで外れた。

これはデカかったでしょ。

逃げた魚は。。。。。

とは言うけれど、良い魚だった思う。
関連記事

2016-10-12

2016鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.29

2016年9月4日(日)



前日の土曜日、仕事がお休みだったので出撃を企てていましたが、何かと用足しが多く、出撃不可でした。
日曜の天気予報がイマイチだったけど、雨が降る前に、勝負に出ました。


場所は、新たに命名します。

ポイントH。

台風での増水から戻りつつある状況。
水の色は悪くない。

イモ50ノーシンカー。

ボトムに着く前に、結構流される。
手数がメッチャ増えそうなので、プラグにチェンジ。

アスカ。

岸際のシャロー。
ボトムノック。

ヒット!

すぐにバレる。


沖のディープ狙いで、ソルト用のメタルバイブ。

リフト&フォール。

無。

そして、ただ巻き。

岸際でガツン!

足元で暴れるナイススモール。

ちょっと大人しくなるのを待っていると、フックオフ。



どうも、ブレイクライン付近に居るみたい。

CB350。

沖のディープからブレイクラインを舐めるように。

ゴンッ!

やはりブレイクライン。

今度はしっかりと掛けて、

IMG_0531.jpg

サイズ未計測。
やや30くらいかな。

クランクで反応が無くなったので、自作フットボールジグ。

ちょっと沖目のブレイクで、

IMG_0534.jpg

これは20代。

ブレイクを重点的に狙うと、すぐにロスト。


三つ又ヘビキャロ、タイニーブラッシュホグ。

回遊する個体を狙って、沖をドリフト。


。。。。。。

。。。。


反応無し。

すると、ボイル。

ボイル撃ちで、

IMG_0537.jpg

小さい、20代。

回遊待ちは不発。
ブレイクに着く単発の個体しか居ないような気がする。

気配が消えたので、下流側に移動。


ヘビキャロでドリフト。

いきなり来ました。

IMG_0538.jpg

小さいんだよなぁ。
20代。

ちょっと流すラインを変えて、

IMG_0542.jpg

やっぱり同じサイズ。



では、ビッグ狙いにチェンジ。

イモ50ノーシンカー。

タラ~んとラインが流れにタルんで、根掛かりかと思えば、

IMG_0544.jpg

やっぱりキミなのね。



デカイの、釣れません。



まぁ、数にしちゃあ、GHBとしては釣れ過ぎですが。

なんせサイズが出ませんね。


場所の選択が良くないのでしょうね。

関連記事

2016-09-07

2016鬼怒川 コメント: 4 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.27~28

2016年8月15日(月)


当初、この日は釣りには出掛けない予定でしたが、家族との予定が合わずに、家族サービスが中止に。
ぽっかりと時間が空いた。

だったら行くっしょ!

とは言うものの、時間的には短時間釣行なので、今回は、水に浸からず。


ちょっと狙い方を変えて、メタルをシャクッテみた。


わずか1時間ちょっと。



スレあたりすら感じずの、完全ノーバイトでした。









2016年8月21日(日)


増水傾向の鬼怒川。
減水続きの状況からすれば、これは絶対に良い方向への状況変化と見た。

ただし、10時までの短時間。
しかも、スタートは7時を過ぎていた。

増水なので入水を避ける場所。
しかも、増水が味方になる場所。

少ない引き出しから選んだ場所は、公園エリア。

護岸を舐めるように攻める予定であったが、エサ師が3人も。

仕方が無いので、流れの激しい場所。


最近ハマっているクランク。

思っていた以上に浅いようで。
2個もロストしてしまった。

ソフトを投げるも、流れがはや過ぎ。

堰上。

クランクを投げたが、ちょっと違うかな?


イモ50ノーシンカー。


ボトムにゴツゴツ引っ掛かる。


ん?

なんか違うな。


もう1回。


ゴツゴツ!


いや、これはバイトだ。



ラインが流されて大きく弛んでいる。


しっかりと巻き取ってからの、大アワセ!


乗ったぞ。


なんかデカそう!


と思ったら。



外れちゃいました。


しっかりとフックングパワーが伝わっていなかったのかな。



残念でした。

関連記事

2016-08-22

2016鬼怒川 コメント: 2 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.26

2016年8月14日(日)



夜明けからお昼までの釣行。

簡単に行きます。



お尻まで水に浸かっての釣り。



まずは、ダイワのDスクエアで、スモールバラシ。


次は

IMG_0497.jpg

Dスクエアにてニゴイ。



IMG_0501.jpg

モデルAにて、アメリカンキャット。



IMG_0516.jpg

マイケル。
鬼怒川スモールマウスバス、39cm。




場所を変えて、


IMG_0525.jpg

ディプシードゥ4、ニゴイ。



以上でした。

関連記事

2016-08-17

2016鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

パニッシュ!!2016鬼怒川釣行No.25

ご無沙汰しております。

前記事よりいきなり飛んでのNo.25。
実は、忙しいながらも、6月に仕事上がりの短時間釣行を3回ほど。

それ程のトピックスも無かったので、忙しさにカコツケテ、スル―してしまいました。

あ、ラージを1本キャッチしましたね。
25cmあるかないかのサイズでした。
ルアーはパニッシュ。

それでは、久々の釣行記、行ってみよう!





2016年8月7日(日)


久しぶりの釣行は、今まで行ったことのない場所。

あるお方にお世話になり、場所を教えて頂きました。

夜明けと共に家を出て、駐車スペースを探して駐車。


前情報から、立ち込みが可能な場所らしい。
だったら素足で立ち込んだら気持ちいいだろうし、暑さ対策にもなるな。
でも、ポイントまでのアプローチは、何があるのか分からない未知の場所。
素足では怖いな。
なので、コンプレッション・パンツ、っての?
ピチピチのタイツみたいなのを履いて、短パン。
ウォーターシューズに靴下を履いて。
これで、一応は素肌はガード出来る。

さて、徒歩でポイントを目指します。





しかし、河原に行けるルートがわからない。
藪コギ?

知らない場所での藪コギはキツイな。

そうして右往左往していると、1台の車が停止。



「助かった~!」


ケイさん、早朝よりありがとうございました。

アプローチ方法とポイントの説明と。

あとは、釣るだけ。



ツイッター見てくれた人なら分かると思うけど、あの写真のルアーたちね。

流れの中をトップから表層、シャロークランクへとローテーション。

いきなり、ケイさん釣ってるし。


でも、GHBはなし。




せっかくなので、ジャバジャバと入水。

全体的に浅いので、どこまでも行ける。

浅いので、ボトム丸見え。

魚が居ないのも丸見え。

しかし、バスのボイル発生。

パニッシュでボイル撃ち。

ジャークがダメならただ巻きで。

IMG_0492.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
35~36ってとこかな。

久しぶりのスモール。
しかも、きれいな魚体。

気持ちイイ。



さらにジャバジャバと歩きまわって、対岸方面へ。

岸際がシェードに。

シェードにパニッシュ。

ナチュラルドリフト。

ユラユラとシェードから出て来るパニッシュ。

そのパニッシュにロックオン状態のビッグフィッシュ!

太陽の反射で、パニッシュを見失う。



気が付くと、ラインが大きく上流へ向かって行く。


喰ったな!



デカイ。。。。。。。。。。





ニゴイ。



ガッツリと2本フックが掛かっているから外れない。


バス持ちしてケイさんに見せようとしたけど、歯がないので、ツルんと親指が抜けてしまう。

あきらめてリリース。





再びシェードに入れたパニッシュ。

今度は着水とほぼ同時。


ガツンっと引ったくりバイト。


バシャバシャと暴れた瞬間にフックオフ。


水面で暴れたってことは、バスだったのかな?




パニッシュ、釣れますね。




そろそろ時間です。

8時終了の予定が1時間もオーバー。



いろんなお話が聞けて楽しかったです。
考えさせられる事。
勉強になる事。

ありがとうございました。


相当にモチベーションダウンしていたGHBですが。

帰って来て思った感想は。

とても楽しかった。


ジャバジャバと入水出来た事が、とても楽しかった。

なんか、子どもの頃に戻ったみたい。



次回は、海パン着用でね!

関連記事

2016-08-09

2016鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.21

2016年6月5日(日)



完全に釣りをあきらめていた日曜日。

朝から野暮用のラッシュで、フリーになるのは夜だと思っていた。

しかし、夕方にはミッション・コンプリート!

18時を過ぎていたが、暗くなるまでにはまだまだ時間がある。

イジイジ悩んでいても何も起こらない。

そんな時間が合ったら行けばいいじゃん。



春の場所で心中覚悟。
ベイトフィネス1本勝負。


イモノーシンカー。

最もクオリティフィッシュを手に出来るであろうリグだが、時間が掛かり過ぎる。

新調したパニッシュ連射。








水位が低く、スタックしやすい。

それでも、他のアングラーが居なかったので、大きく移動をして、スタックした後ろ方向から引っ張ったら、救出に成功。

あ~良かった。





で、暗くなるのはとても速い。


帰り際、護岸をただ巻き。

ピックアップ直前。



キタッ!











小スモール。

20cm程度。



暗くて写真なし。



以上で終了です。
関連記事

2016-06-06

2016鬼怒川 コメント: 10 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。