FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ ダウンショットリグ フラッシュジェイ パニッシュ フットボールジグ キャロライナリグ ソルティスラッガー コラボ釣行 スモールマウス45up 三つ又ヘビキャロ ゴーマルオーバー AIREDGE タトゥーラ スモールマウス20up ダイワ メタルバイブ 福原美穂 日光いろは坂 ゲーリー4インチグラブ 三つ又 ネコリグ エアエッジ スモラバ アクションコパー バスロッド フィネスワーム ラージマウス20up ベイトロッド スプリットショットリグ バグアンツ ヘビキャロ リール 天秤 ヘビダン メガネの久地岡 TALEX CR-X POMS AW11 筑波パープルライン さがみ家 EF8 X-Trail ライギョ たすけ クラシカルバサー Cocco シザーコーム ユーザー車検 そらまめ ジグヘッドリグ ドライブクロ― MR2 NSR250R フローティングベスト FZR250LimitedEdition ワンダーシビック カットテール Dスクエア Music_is_My_Life MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ スペクトラム 高中正義 Superfly 虹伝説 The_Best_of_Soul_Extreme Day_Breaks ソルファ ASIAN_KUNG-FU_GENERATION Opeth Sorceress Norah_Jones Box_Emotions  浜田麻里 SO_REAL RETURN_TO_MYSELF 森高千里 見て 小比類巻かほる Can't_Fight_This_Feeling ザンサイアン Love&Soul REBECCA REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow REO_Speedwagon 風の吹き抜ける場所へ FLYING_KIDS スローバラード RCサクセション レイジー ベイビーアイメイクアモーション サマータイムブルース 渡辺美里 ポイントH フットボールラバージグ マイケル モデルA ディプシードゥ4 N CB350 爆風スランプ 大きな玉ねぎの下で Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Aimer ジューシィ・フルーツ Pharrell_Williams グレンミラー Girl 宇多田ヒカル Fantôme バケモノの子 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

2014鬼怒川釣行No.27

2014年10月19日(日)月齢24.9若潮テレメータ水位-0.62m




前日の46cm。
普通ならば、同じ場所に出撃したくなるのが、人の心。
当然、GHBも行きたいと思った。

しかしこの日は、イベント開催の予定。
人が大勢集まるだろう。
しかも、知り合いが居る可能性大。

釣りはしないでおこう。





なんて思いながら、布団の中でツイッターをチェック。
あ、ヒデさん来てる。

行かないつもりでしたが、居ても立ってもいられず。

出撃!






しばし土手を走りながらヒデさんを探す。

お、居ました。

車を止めて、ヒデさんが気付くのを待つ。
が、一向に気づく気配なし。
「プッ!」
クラクションを鳴らす。

笑顔いっぱいで、土手上まで上がって来てもらいました。

協議の結果、今日はここで心中することに。



車を駐車して支度をしていると、想定外に寒い。
冬のジャンバーを着ることに。

ヒデさんと話しながらの釣り。
流れを嫌った魚が、岸際のストラクチャーに着いているかも。
DSをショートピッチでのんびりと。

途中、2度程、バイトらしきものがあったが、イマイチ確信が持てず。

ヒデさんタイムリミット。
お帰りになられました。

その時の様子は、こちらで。




GHBはもうちょっと時間があるので、チェックを続けます。

水位がまだ高いので、流れがキツイ。
ドリフトをするにも、ヤリヅライ。

そして、流れが緩んでいる場所を発見。
ここで粘る作戦。

結んであったDSでドリフト。
ゆっくりと流れる。
最近、腰が痛くなるんで、腰を下ろしてキャスト。

すると、後ろの草に引っ掛かるんですね。

修復不能なバックラッシュ。

とりあえず、バッグの中に、2号のナイロンラインが入っているので巻き替え。

すると後ろから声を掛けられました。
「GHBさんですか?」

このブログの読者さんでありました。
年齢もほぼ同じで釣り好きで。
釣りの話となれば、話は尽きず。
かなりの時間、話し込んでしまいました。

またどこかでGHBを見掛けましたら、声を掛けてくださいね。



ラインを巻き替えたら、キャロをセット。
ワームはシザーコーム。

ボトムに引っ掛けながら、少しづつ流す。

わずかな水流&アクションでも、シザーコームの足?がバスを誘い続けます。


そして、バイト!


ティップにハッキリと伝わる「コンッ!」というバイト。

よし、もらった。

充分にため込んでから、大きくアワセる。



























ため過ぎたみたいですね。
ショートバイトのようです。

無様にズレたシザーコームが帰ってきました。



その後も、キャロを投げ続けたが、反応を得ることは出来ませんでした。




とりあえず、この場所にはバスはいるようです。

次回も、この場所で粘ってみたいと思います。











釣行後にわかったことですが、この日出逢った読者さんは、前記事にコメントを頂きました、そらまめさんでした。

そらまめさんは、ブログとか、やっていないのですかね?



関連記事
スポンサーサイト

2014-10-21

2014鬼怒川 コメント: 8 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場