FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

秋爆?2014鬼怒川釣行No.29

秋爆


多くのアングラーが耳にした事のある言葉。
しかしその中で、実際に秋爆を体感したことのある人は、どれ程の数居るのだろうか?

秋爆という言葉の響きから、秋は凄くたくさん釣れるイメージがあると思う。
それって本当なの?

メディアで言われているのは、秋は横の釣り。
巻物系。
巻物でよく釣れる。
これも、こちら側の勝手なイメージ?

良く釣れるんでは無く、巻物の方が釣れやすい、ってことなんじゃ?

秋は魚が散っていて、居場所を特定しづらい。
だから、巻物系で広く素早く探ることで、効率よくバスを拾って行くことが出来る。
それは、ボートを使った釣りや、たくさんのポイントを知っている人たちに出来る釣り方なのでは?

オカッパリ。
鬼怒川のように、入れるポイントが限られている場合。
または、一か所で粘るような釣り。
こういう釣りには、当てはまらないような気がする。


最近、他の鬼怒川中流ブログにおいて、ビッグが釣れたという好釣果は、なかなか入ってこない。
毎年のことだが、秋になると、鬼怒川の釣果は落ちるようだ。
GHBにおいても、御多分にもれることなく、秋は苦しい思いをする。

秋になると、スモールはどこかへ行ってしまうのか?
それとも、居てもルアーに反応しないだけか?
それじゃあ、秋爆って何?

そんな疑問を解決するため、一人の男が試行錯誤し、ひとつの答えを導き出したかも知れない、真実の物語である。





2014年10月26日(日)月齢2.2中潮テレメータ水位-0.80m



引き続き前回と同じポイント。
いや、正しくは、同じエリア。
7:30頃スタート。

先行者はなし。
ぶっこみ師が準備中だった。

ポイントに降りると、まず目に飛び込んできたのは、見えミニラージ。
ベイトもいる。

前回、その前の釣行では見えなかった、バスの姿が確認できる。
全然状況が違うのである。
わずか数日で、これ程に変化するとは。
自然とは不思議である。

まずは4インチグラブのスプリットショットリグ。
クラシカルさんのマネです。

チョイと先に投げて、見えないストラクチャーを狙う作戦。

ピックアップ時に、ミニラージが追いかけてくる。
足元のストラクチャー周りにも、ミニラージ。

そのミニラージを狙ってみる。

グラブに反応して、一緒に沈んで行く。
そして、コツコツとバイトが伝わってくる。

しかしサイズ的に、フックアップすることが出来ない。

良く見ると、ブルーギルも混じっている。
バイトの主は、ギルだ。
ギルもミニラージも活性が高い。
今日は期待が持てそうだ。

また、チョイ投げ。

しかし、ストラクチャーの向こう側を狙いづらい。
グラブのダウンショットにチェンジ。

バイトが無い。

気分転換に沖をドリフト。

すると、1投目にバイト。
コツコツッ!

アワセを入れると、乗った。
流れの中なので、ドラグが出る。
デカイのか?

巻き上げ始めると、



フックオフ!




残念。

よし、ドリフトにチェンジしよう。

キャロにリグり直して、キャスト。


キャスト。

キャスト。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ホグ系ワームとグラブと、あれこれローテーションしながらキャスト。

キャスト。

キャスト。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

釣れない。

そう言えば、アラバマリグなるものが効くなんて話があったなぁ。
ちょっとリグに工夫でもしてみるか。
群れで泳ぐベイトを演出するわけだ。
まずは、キャロを2本フックにしてみる。
ダウンショットを結ぶ要領で、フックの下にもうひとつのフック。
ホグ系とグラブを付けてキャスト。

ん~、イマイチ飛距離が出ない。

しばらくドリフトするも、結果も出ない。

なんだか飽きて来た。
今日はこのポイントで粘るつもりだったが、気分を変えるためにも、ちょっと上流側へ歩く。


先ほどのポイントよりも、流れが強い。
足元のストラクチャーも少なめ。
多分、前日にヒデさんが釣っていたポイント。

ヒデさんの釣行記より、スモールは居るようだ。
しかし、サイズがイマイチ。

ヒデさんがどの位置でスモールをヒットさせたかは不明。

それでも、ミニスモールが居るということは、ビッグだって絶対に居るハズ。
ドリフトだけじゃ、口を使ってくれないだけだ。



なんとか口を使わせる方法は?



完全に沖狙いにシフト。

キャロで行くのは変わりない。
流れが強い分、シンカーを重くした。

普段は、ナツメの1~1.5号を使っているところ、バレットの10.5グラムをチョイス。
いわゆるヘビキャロのカテゴリーだと思う。

ワームも、リアル系のフラッシュジェイ。

もうお気付きですか?


そう、リアクションバイト。


思い切り投げる。
シンカーの重さと、ワームの空気抵抗の少なさから、スゴイ飛距離。
川の真ん中を越えます。

重めのシンカーでも、よく流れます。
ラインが張ったら、シャクリます。

流れに負けないくらいに、強くシャクリます。
かなり、強くシャクリます。

シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。








シャクッた直後、ガクガクッと衝撃が伝わって来た。

これ、バイトだね。

大きくアワセを入れるとぉ、



ロッドが満月のように。

ドラグがジージーと鳴り響く。

来たよ~。
これです、コレ。

これが流心の鬼怒クオリティの引き。

ドラグがなり続けるも、どんどん巻く。

突然下から走り出して~、ジャンプ。


おお~、デケ~!


かなりの時間を掛けて弱らせて。
でも、なかなか弱らない。

いちばん厄介なのが、足元のマンメイドストラクチャー。

ここで擦られたら、完全にアウト。

潜られる前に、浮かせなくては。
とにかく、浮かせて空気を吸わせることに集中。

そして擦られずになんとかキャッチ。

DSC08360.jpg

ヨッシャー!
鬼怒クオリティ46cm!

DSC08362.jpg

良いとこに掛かってますね。
画像をクリックして拡大して見てね。
スゴイ歯だね。

超うれしい。
やっぱ居るじゃん。



このまま続けます。

スモールを飽きさせないように、フラッシュジェイの3インチと2インチ、そしてカラーローテーションを行いながら。


シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




そして、シャクッた直後、コツコツッとバイト。

これも乗ったよ。
ドラグが出るけど、さっき程じゃない。

簡単に引き寄せて、引っこ抜いた。

DSC08367.jpg

スモールマウスバス。
33cm。

DSC08370.jpg

外掛かりみたいだけど、ラインが喉の奥に引っ掛かっていた。



シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



反応が無い。


そろそろ移動しながら、車に戻るかな。


歩きながら、入れるポイントには入って、2投づつ。




そして最後のポイント。
車の下。


シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


この釣り、結構キツイね。
右の肩&腕がヤバイ。


シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

シャクッた直後、根掛かりのような衝撃。

あれ?
根掛かった?

いや、動いてる。

これもかなりデカそう。
ドラグが鳴り響く。

ここ、足場が高くて、どうやってランディングしよか。
足元から先、マンメイドストラクチャーもぎっしり入っている。

2度3度とマンメイドに突っ込まれた。

1度は完全に動かなくなり、もう切るしかないかなぁ、と思ったけど、ラインテンションを緩めたら、沖側に向かって泳いだので、浮かせてクリア出来た。

恐らく、PEもリーダーもボロボロ。

それでもなんとか、足元まで寄せた。

どうする?

ぶっこみのオジサン、タモ持ってきて!

心の中で何度も叫んだが、声に出さなきゃ伝わらないよね。

ショウガナイ。
イチかバチか。
抜いてみよう。

勢いを付けてぇ。

抜き上げる。

というよりも、陸方向にブン投げるイメージ。
仮に切れたとしても、飛んでくるように。

スモールが宙を舞い、着地のダメージを減らそうとテンションを掛けたとたんに、


切れた!


しかし、そこは草の上。
マジヤバかった。

DSC08371.jpg

スモールマウスバス。
38cm。

DSC08374.jpg

キレイな魚体。
キズひとつない。


よし、大満足。

撤収します。








とりあえず、居ました。
満足できるサイズは、1本だけでしたが。
そして、流心で釣れる魚は、どれもキレイ。
釣られた形跡がない。

釣れなかったら、リアクションバイト。

これが、今回、たまたま当たっただけなのか。
それとも、いつでも通用すのか。

今後、さらなる調査が必要と思われます。

ちなみに、ヒットしたフラッシュジェイは、1種類だけ。

3インチのコサンアユゴールドでした。



タックルデータ
ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:ダイワジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー(ナイロン)
リグ:キャロライナリグ(ヘビキャロ)バレット10.5g
フック:デコイキロフックワーム17#1
ルアー:フラッシュジェイ3インチコサンアユゴールド

関連記事
スポンサーサイト

2014-10-27

2014鬼怒川 コメント: 10 トラックバック: 0

超短時間釣行 2014鬼怒川釣行No.11







2014年3月25日(火)月齢23.8長潮






今週後半あたりから、現場作業が始まりそうなので、その前に、花粉症の薬をもらっておきたい。



9:00診療スタートだと思い、耳鼻科に行くと、駐車場には1台の車も無い。


空いてる?


イヤ、違う。


診察券を確認すると、診療スタートは9:30。


あと30分あるな。



じゃあ、行っちゃう?

行っちゃおう。




素早く準備して、堰上に立つ。


スピニングにリグってあった、フラッシュジェイスプリットを投げる。
ジャーク&ストップで素早く攻める。



足元ちょい先のゴツゴツブレイクで根掛かり。


ロスト。


ソルティースラッガーにチェンジ。




同じく、ジャーク&ストップ。


ゴツゴツブレイクまで差しかかると?



根掛かり?


ロッドを立てて、軽くあおる。

ゴツゴツした感触が伝わる。


けど?


ん??


あれ???



動くんですけど?



あ、魚でした。




グングンと下に引く動き。


ブレイクのショルダーに擦れないかとビビりながら。







DSC07937.jpg


スモールマウスバス。
DSC07944.jpg

41cm。
DSC07941.jpg

ソルティースラッガー、いいね。
DSC07945.jpg

まだスポーン前だね。
今週末の大潮かな。
DSC07946.jpg



さて、時間です。

耳鼻科に行かなきゃ。




超短時間釣行、大成功!




今週は暖かい日が続きそう。
潮回りも、新月の大潮に向かい。
今週こそが、最高のコンディションかな。





タックルデータ
ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:ラパララピノヴァX マルチゲーム ピンク 1号
リグ:キャロライナリグ ナツメ1号
リーダー:DUELナイロン1.5号
フック:DECOYワーム17 #1
ワーム:ダイワソルティースラッガースモークエッグ
偏光:TALEXアクションコパー










関連記事

2014-03-25

2014鬼怒川 コメント: 8 トラックバック: 0

2月2本目コラボ釣行2014鬼怒川釣行No.7








2月25日(火)月齢25若潮




前日の晩、ツイッターをチェックしていると、ヒデさんが中流に来ている。

明日は仕事が暇だしなぁ。
3月に入ると、1週2週の週末は予定で埋まっている。
ってことは、3月半ばまでは釣りに行けないかも知れない。

この前、耳鼻科にも行きそびれたし。



よし、明日は耳鼻科に行くってことで、遅刻しよう。







朝目覚めて、ツイッターをチェックすると。。。。


すでにゲットしてるし。




これからお邪魔することを伝え、急遽、コラボ釣行となりました。








耳鼻科は9時から。

よって、タイムリミットは9時。





一応、今日の目的は、ヒデさんに会うこと。


釣りの方は、二の次三の次。。。。。





久しぶりに会う友に、自然と笑みがこぼれる。


あれやこれやと、近況報告やら無駄話やら。

GHBのニュータックルもチェックしてもらう。



話しながら、結んであったスモラバをチョイ投げし、


「これって案外、根掛からないんだよね~。」


なんて言ってるそばから、ロスト。




ま、おしゃべりはこの辺にして、実釣スタート。



フラッシュジェイ2インチのキャロ。



それは2投目でした。




ジャーク後の、張らず緩めずのラインにハッキリと出る、プンッとしたアタリ。


大きくスイープに。


大きく曲がる、ニューロッド。



「来たよ~!」



ヒデさんに声を掛ける。


「あんまり大きくないねぇ。」

「超ビッグよりこのくらいのサイズの方が、いちばん引きが強いよね。」


DSC07831.jpg


スモールマウスバス。

スッゲー太い。



DSC07835.jpg


ヒデさん公認!


42㎝。




DSC07834.jpg



鼻の穴に刺さってるんですけど。

OKだよね。



DSC07833.jpg



見て!


このお腹。



もう産まれそうだね。


春の魚だね。







2月中に2本ゲット。

うれしいです。






この後、反応は得られず。



終了となりました。











これまでに獲った2本は、スポーニングを意識した魚だと思います。
回遊しているスクールだとしたら、ヒデさんにもバイトがあるハズ。
お腹の状態からも、産卵を控えて、テリトリー意識が高く、食性のバイトではなく、攻撃性のバイトだと思います。
だから、何度もバイトしてきたり、超ショートバイトだったり。

ただし、40前半が釣れたということで、超ビッグの季節は、すでに終わってしまったのかも知れません。



タックルデータを追記します。


ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:オールバスフロロ6lb
リグ:キャロライナリグ ナツメ1号
リーダー:DUELナイロン1.5号
フック:DECOYワーム17 #1
ワーム:フラッシュジェイ2インチワカサギシルバー








続きを読む

関連記事

2014-02-25

2014鬼怒川 コメント: 9 トラックバック: 0

念願叶う 2014鬼怒川釣行No.5










2014年2月13日(木)月齢13大潮




データ的にみると、最高のシュチュエーション。


いわゆるⅩデーと呼ばれる、ビッグが動き出す日。





久しぶりの自社勤務。

不在中の伝票整理をサッサと片付けて。



社内もまあまあヒマゲだったので、花粉症の季節も始ったことだし、耳鼻科を受診しに。




耳鼻科に着くと、駐車スペースが無い状態。



ノープロブレム。


ちょっと川で暇つぶし、ね。




11日の釣行で、手応えを得ていたポイントへ。





前回、反応を得ていた、バグアンツ2インチ。


0.8号のナツメ重りでゆっくりとドリフト。



なかなかヒマな釣りで、モチベーションが持続しない。



足元には、11日に仕舞い忘れてしまった、TDソルティースラーッガーが横たわる。

マズイマズイ。

それを拾い上げ、バグアンツとチェンジする。




今度はドリフトじゃなく、ジャークでリアクション。


ロッドを戻しながらリールを1回転。

そこから、チョンという感じでショートジャーク。

1~2秒程待つ。




なんと、バイトラッシュ。





1バイト目。

いきなり乗りました。


今日は逃がさないよ~。




























あ、

















逃げた。











またかよ~。


負のスパイラル。


このまま、冬スモールは獲れないのかぁ?











それでも、バイトは続いて。。。。。






2バイト、3バイトとミスが続く。

ヘタクソ!




バイトがあるから、モチベーションはキープ出来てる。







ジャーク&ストップ。

ジャーク&ストップ。

ジャッ!





根掛かり?






スッゲー重いんですけど。

なんか木の枝でも釣っちゃったみたい。













は?


















????











































動いてる!






フィ~~~ッシュ!














あまり引かないけど、マジで重い。




ドラグを出す程の勢いはない。



しかし、リールを巻くと、ドラグがジージー鳴りっぱなし。







ジャンプさせないように浮かせるとぉ。








そして、偏光越しに魚体を確認。

デカイ。

バスだ。

ラージか?


40後半はあるな。

でも精々、47cmってことでしょ。





あまり引かない割には、かなり手こずった。


DSC07828.jpg



やったぞー!



今シーズン初スモールマウスバス。




DSC07821.jpg




デカイ。


マジで太い。




DSC07825.jpg






え?



マジで?





50超えてんじゃん。


でも、51はないな。




オッケー。






50.5cm







ってことで。





やり~~!


人生初の、ゴーマルオーバー。



うれしいね。



DSC07822.jpg




いいね。



TDソルティースラッガー








さあ、次に行こう。




ジャーク&ストップ

ジャーク&ストップ

ジャーク&ストップ

ジャーク&ストップ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。














アタリが消えた。




ま、いっかぁ。



今日はこの辺で許してやる。











ちょっとスゴイ寄り道だったけど、耳鼻科に行こう。



しかし、駐車スペースがない。


しかも、さっきと同じ車ばかりだ。


よく見ると、先生の車がない。


なんかおかしい。


今日は、あきらめよう。






ってな訳で、仕事に戻りましたとさ。
















さて、今日の1尾を振り返ってみよう。

あれだけあったバイトが、釣れた途端に無くなった。
GHBが考えるには、2通りのパターンがある。

まずは、地合い。

群れが回遊して来て、バイトラッシュが起きた。
ファイトして写真を撮ってサイズを測って。
その間に、群れは去ってしまった。

もうひとつは、ここは彼女?のテリトリーだった。

数メートル、あるいは十数メートル半径。
この範囲を、かなり速めのスピードで徘徊していたのでは?
つまり、彼女?が何度もバイトしてきた。
11日のバイトも、彼女?だったのでは?


この二つ目の考えを、柴犬さんが掛けた場所に適用してみたらぁ?
あそこには、ビッグが徘徊しているかもよ。











タックルデータ

ロッド:アブホーネット デビルスナイパー HDS-691L
リール:ダイワ LEGALIS 2506W
ライン:BASIC FC 1.5号
リグ:キャロライナリグ ナツメ0.8号
フック:カン付丸セイゴ14号
ワーム:TDソルティースラッガー
エリア:公園対岸堰上取水口前





関連記事

2014-02-13

2014鬼怒川 コメント: 13 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。