FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

40upが3本!2015鬼怒川釣行No.21

2015年8月23日(日)



久々のコラボ釣行。
上流域を案内して頂けるのです。

鬼怒川の畔に住みながら、家から5分以内で行ける場所しか知らないGHBでした。

なので、すごく楽しみにしていました。


今回コラボさせて頂いたのは、


ひでのオカッパリ釣行記&旅行記のヒデチカさん。


BassFishing ケイの釣行記のケイさん。




この日の釣りは、この2人のブログは読んでもらえれば、バッチリです。

なので、これで終わります。

















なんてことはやめて、第5ポイントでの出来事を書きたいと思います。



この日、第5ポイントに着くまで、ニゴイ1本のGHB。
初めての第5ポイントを見た時、直感しましたね。

この季節、これ以上ない、超ド級の1級ポイント。

我先根性で、ポイント1番乗り。
誰が見ても、ここに入れるしかないでしょ!的なポイント。

GHBなら、DSかテキサスを入れる場所。

しかし、その時のタックルはには、三つ又ヘビキャロ。

なんとかカッコ悪いながらも、シンカーを振り子状に振って、ピッチング的にリグを送り込む。
ボトムに着いたシンカー。
わずかながらに流される感触が、ロッドから伝わる。
他の2人は、まだ釣りをしていない。
ヒデさんにおいては、土手下にも降りて来ていない。

そんな、到着早々の出来ごと。

ロッドティップから、シンカーがわずかに転がる感触。

一瞬、その動きに変化が!

喰ったな!

満を持してのフッキング!

「喰った!」

久々のスモールのファイト。
シビレます。

なんと、GHBはリールを巻くだけで、土手を駆け下りて来たヒデさんがキャッチしてくれました。

DSC08583.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
41cm。
ルアーは、タイニーブラッシュホグのグリパン。

幸先良いスタートです。

てか、それまでの4か所では、まったく見せ場の無かったGHB。
これで、みんなと肩を並べられた感じ?



すぐに車からもう1タックルを用意して、DSをリグる。


非常に狭いピンポイントなので、時間を空けながら、撃ち直す。

それ以外は、沖を三つ又キャロで。


そして、再びピンポイントに4インチグラブのDSを入れると、強烈なバイト!


根に擦られるのを感じ、あせりながらも強烈な引きに耐える。

強引に浮かすか、切られるか。

擦られながらもロッドで吸収し、今度はケイさんがキャッチしてくれました。

「デカイ!」

サイズを測ると、、、、、




44㎝!

写真を撮る前に、弱らないように水に浸けてやり、、、、、、、



その瞬間、首振りでGHBの手を振りほどいてしまった44スモール。

あ~あ。

なので、写真はなし。



ケイさんが腹減ったと騒ぎ出したので、3人でランチへ。






食事を済ませて、同じ場所へ。
良い場所なので、別のアングラーが入っていないか心配でしたが、運良く誰も居ない。

またまた我先根性で、DSをピッチング。

ヒデさんは上流方面へ。
その後ろ姿が見えるうちに、、、、、

「来たよ~」

ヒデさんには聞こえなかったらしく、茂みの向こうへ消えてしまいました。


DSC08586.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
38cm。
ルアーは4インチグラブ。


場所を休ませるために、キャロを遠投。

対岸に投げたキャロ。

突然に、ラインが弛んでしまった。

弛んだラインを巻き取ると、重いな、根掛かり?


ちがう!

魚でした。

遠方で掛けるのも面白いですね。
なかなか寄って来ない。

DSC08587.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
38cm。
ルアーはタイニーブラッシュホグのグリパン。


楽しい。
ここはいい場所ね。


しばらく、沈黙が続く。



日が傾きかけた頃、チョイ投げしたフットボールジグに、小バスがヒット。
小さかったので、写真は無し。


さらに沈黙の後。


辺りは暗くなり始めた頃。
時間を空けながら撃っていた、超ピンスポット。

「子どもたちが待っているので、そろそろ帰るね。」

そう言いつつ送り込んだラスト1投、グラブのDS。



ロッドティップに違和感。


”喰ったな!”



そう思いつつ、フッキング!


ズッシリとした重さに弧を描くエアエッジパワーベイトフィネス。



「喰った!喰った!喰った!」



3回も言ってしまった。

根には擦られていない。


「(さっきの44よりも)小さい小さい!」


ヒデさんが下に降りて構えている。

根に潜られそうになるも懸命にこらえて、ヒデさんがキャッチ!


「デケ~~~!」


3人で頭を突き合わせるように、スモールを囲む。

「これ、行ったでしょ」


サイズ測定。







48センチ






大台には届かなかったけど、これぞ、鬼怒クオリティ


ルアーはやっぱり、4インチグラブワインペッパー。
このカラー、大好きですわぁ。


もう帰ると言いつつ、最後に来たドラマ魚。

今回のコラボレーションを締めくくる、最高のドラマ。




だけどねえ。

写真、失敗しちった。

何枚か撮るんだけどね。

全部ピンボケ。

最後の最後に、やらかしました。

DSC08588.jpg




大変楽しい時間をありがとうごいました。
機会がございましたら、またコラボしましょ。


タックルデータ
タックル1
ロッド:ダイワAIREDGE 721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:JSYライン3号(ナイロン)
ルアー:パニッシュ
タックル2
ロッド:ダイワ AIREDGE 681MLB POWER BAIT FINESSE
リール:ダイワ ALPPHAS 105HL FINESSE CUSTOM
ライン:デュエル ハードコア X4 10×5色マーキングシステム 200m 1.2号
リーダー:JSYライン3号(ナイロン)
リグ:ダウンショットorフットボールラバージグ
シンカー:ナス2号
ルアー:ゲーリー4インチグラブNo.218orフットボールラバージグ3/8oz+ゲーリー4インチグラブNo.215
タックル3
ロッド:ダイワAIREDGE 6101MHB JIG & TEXAS SPECIAL
リール:ダイワ タトゥーラ 103XHL-TW
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 2.0号 32.8lb 150m ライムグリーン
リーダー:JSYライン3号(ナイロン)
リグ:三つ又ヘビキャロ
シンカー:ナス4号
ルアー:タイニーブラッシュホグ(グリーンパンプキン)
関連記事
スポンサーサイト

2015-08-27

2015鬼怒川 コメント: 12 トラックバック: 0

ジャスト・ゴーマル! 2015鬼怒川釣行No.11

2015年5月10日(日)月齢21.3小潮テレメータ水位-1.19~-1.21m





前回の釣行時、ヒデさんが言っていた。
「次の休みは日曜日!」



ってな訳で、またしてもコラボ釣行してきました。


前日の晩、ってか、当日の未明になるのか。
就寝時間が午前3時近かった。

絶対に夜明けには起きられないよな。
そう思いながら眠りに就く。

案の定、目を明けた時には、午前7時。
すぐさま、出撃。


前回と同じ場所に、ヒデさんの車はあった。

今回は、スピニングタックル1セットのみ。


おはようございます。
なになに?
47cmを獲ったって?
スゲー!


という訳で、スプリットショットで流し始めるが、どうにもこうにも、釣れる気がしない。


ブレイクラインに移動し、ライトテキサス。
チョンっとあおって、ポーズ。

チョンっとあおった瞬間、ククッと重みを感じる。

前回のショートバイトのイメージから、瞬間的にアワセ。


しかし、空振り。

回収したリグは、ワームがズレていた。




堰の堰堤上に立ち込む。


オイカワの群れが堰上に。

時々、その群れ目掛けてスモールが突っ込んでくる。
背中を出して、追いまわしている。

中には40upも混じる。

GHBとヒデさんはヒートアップ。
ノーシンカーワームにリグチェンジ。

その間に、ヒデさんがリグってあったワームでボイル撃ち。

ヒットするも、外れる。


GHBも、オイカワの群れの中にリグを通す。

ボイルが起これば、すかさずキャスト。

群れの中を通す。

移動しながら、通す角度を変えて行く。


しかし、ドツボにハマるだけで、ヒットしない。

かなりの時間を費やしてしまった。



そろそろヒデさんは時間切れ。
お疲れ様でした。

しかし、GHBは消化不良。
しばし延長。



風が強いな、などど思っていたら、気が付けば北からの暴風になっている。

ライトリグは扱えない。
そこで取り出したるは、フットボールジグ。

スピニングにフットボール。
向かい風でも、まぁまぁ勢いよく飛んでいく。
そして、ひたすらシャクル。

バイトなのか障害物なのか?
時々手応えがあるたびにアワセを入れていくが、なにも乗って来ない。


あれ~~?

あそこで釣りしてるの、クラシカルさんじゃない?


移動してみるとぉ。

やっぱりクラシカルさんだ!

お久しぶりです。
フムフム、なる程!
そういうことですか。
お元気そうで何よりです。

近況報告やらフィールド情報やら、たくさん頂きました。


それにしても、クラシカルさんはキャストが上手です。


GHBは疲れたので、先に上がらせて頂きます。
頑張ってください。





































































オマケ



DSC08524.jpg

DSC08527.jpg



実は、やらかしました。

生涯3本目の50up、頂きました。


ここでは、どの場所でどうやって仕留めたのかは、秘密とさせて頂きます。

ルアーは、GHBが巻いた3/8ozのフットボールラバージグ + ゲーリー4インチグラブNo.218です。


本当は、全部書きたいんです。
でも、場所が場所だけに、ピンポイントになってしまうので。


フィールドでお会いした人には、お話しします。




タックルデータ
ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 0.8号
リーダー:サンライン クインスター 600m ミストグレー 2.5号(ナイロン)
ルアー:自作フットボールラバージグ3/8oz
トレーラーワーム:ゲーリー4インチグラブワインペッパー
偏光:TALEXアクションコパー + ZEAL イグナイトTI … Produced by メガネの久地岡



関連記事

2015-05-12

2015鬼怒川 コメント: 14 トラックバック: 0

2015鬼怒川釣行No.5

あちらこちらのブログをチェックすると、先週は釣れているようだった。

前日の天気予報では、雨に変わる予報。
しかも温かい雨。
絶好の釣り日和。
朝一から出撃して、雨が降る前に勝負を決める予定。。。。。。。




であった。





朝起きると、嫁が歯医者に行くという。
実はGHB、正月に詰め物が取れて、歯医者に行かなくちゃ。。。。なんて話をしていたのです。
それを覚えていた嫁が誘う。
「一緒に行こう♥」

ということで、まずは歯科医に。

帰って来ると、長男がメガネを踏んだとか。
しょうがないので、イオンに連れて行く。

ついでにGHBもメガネを新調しよう。

視力検査にメガネ作成に。

待ち時間が結構長い。
スタバでも行くか。

ラテを飲みながらツイッターをチェックするとぉ。

ヒデさん来んじゃん!

諦めていた闘志が、再び燃え上がった。

っていう訳で、急遽、コラボ釣行となりました。





2015年2月22日(日)月齢3.1中潮テレメータ水位-1.03m




13時半頃、現場到着。

準備をしたり、近況報告したり、タトゥーラ試投会したり。。。。。




さて、始めます。


今日は、三つ又ヘビキャロでシャクリ通す。
フラッシュジェイ3インチ。



ひたすらシャクリます。

ちょっと改良をして、シンカー用リーダーを、ナイロン5号を三つ編みに。
フック用リーダーには、絡み防止パイプを。

まあまあ効果はあるようです。

絡み防止パイプより、フック用リーダーも、途中まで三つ編みにしたら、もっと良いかも。


シャクリます。
シャクリます。
シャクリます。


ダメですねぇ。
もっと簡単に勝負がつくと思っていたのに。

そろそろ日没も近い頃。
そよそよと吹いていた北風が止む。

お、やがて南が吹き始めるかぁ?

すると、にわかに川面がザワツキ始める。

それまで、生命感は水鳥だけだったのが、魚がライズ?するように。
虫も飛んでいる。

チャンス到来か!


リグに手を加える。
シンカーを軽くして、パワーホッグにチェンジ。



ドリフトします。

ゆっくりと、ゆっくりと。
コツコツとシンカーがボトムを転がる。




そして、







ククッ!








ティップが入った。

バイトです。

フックはセイゴ針のチョン掛け。
喰っちゃえば絶対に掛かる。

自信満々で。

MHのロッドに3号リーダーだから。

思い切りフックセット!


















プルン!



って感じ。




フックまで咥えてなかったみたい。

ワームは咥えていた。
それが口から外れる感触。

プルン!





そろそろ暗くなる。
時間が無い。

同じ釣り方で流す。















無情にも、何も起こらず。






ま、こんなもんです。
毎回毎回、釣れる訳ないもん。

そうは思い通りに行きません。
釣れる日もあれば、釣れない日も圧倒的に多い。

難しい。

だから楽しい。
だから探究心が生まれる。

たかがスモールマウス。
されどスモールマウス。




タックルデータ
ロッド:ダイワAIREDGE 6101MHB JIG & TEXAS SPECIAL
リール:ダイワ タトゥーラ 103XHL-TW
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 2.0号 32.8lb 150m ライムグリーン
リーダー:オールバス ナイロン12lb
リグ:三つ又ヘビキャロ
ルアー:フラッシュジェイ パワーホッグ
偏光:TALEXイーズグリーン



関連記事

2015-02-23

2015鬼怒川 コメント: 14 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。