FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ ダウンショットリグ フラッシュジェイ フットボールジグ キャロライナリグ パニッシュ ソルティスラッガー スモールマウス45up ゴーマルオーバー 三つ又ヘビキャロ コラボ釣行 AIREDGE スモールマウス20up メタルバイブ 三つ又 ダイワ 福原美穂 日光いろは坂 タトゥーラ ゲーリー4インチグラブ ヘビキャロ スプリットショットリグ カットテール ヘビダン バグアンツ スモラバ リール バスロッド ベイトロッド エアエッジ ネコリグ フィネスワーム ラージマウス20up CR-X ライギョ たすけ クラシカルバサー EF8 X-Trail さがみ家 NSR250R ワンダーシビック FZR250LimitedEdition POMS AW11 ユーザー車検 そらまめ ジグヘッドリグ MR2 フローティングベスト 筑波パープルライン Cocco シザーコーム ドライブクロ― メガネの久地岡 ソルファ ASIAN_KUNG-FU_GENERATION Opeth Sorceress Norah_Jones 風の吹き抜ける場所へ FLYING_KIDS Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Day_Breaks The_Best_of_Soul_Extreme  Box_Emotions Love&Soul ザンサイアン REBECCA Superfly 虹伝説 MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ Music_is_My_Life スペクトラム 高中正義 Aimer ジューシィ・フルーツ N ディプシードゥ4 CB350 フットボールラバージグ ポイントH マイケル モデルA REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow TALEX アクションコパー Dスクエア RCサクセション スローバラード Pharrell_Williams グレンミラー Girl 宇多田ヒカル Fantôme 大きな玉ねぎの下で 爆風スランプ レイジー ベイビーアイメイクアモーション 渡辺美里 サマータイムブルース 天秤 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

パニッシュ!!2016鬼怒川釣行No.25

ご無沙汰しております。

前記事よりいきなり飛んでのNo.25。
実は、忙しいながらも、6月に仕事上がりの短時間釣行を3回ほど。

それ程のトピックスも無かったので、忙しさにカコツケテ、スル―してしまいました。

あ、ラージを1本キャッチしましたね。
25cmあるかないかのサイズでした。
ルアーはパニッシュ。

それでは、久々の釣行記、行ってみよう!





2016年8月7日(日)


久しぶりの釣行は、今まで行ったことのない場所。

あるお方にお世話になり、場所を教えて頂きました。

夜明けと共に家を出て、駐車スペースを探して駐車。


前情報から、立ち込みが可能な場所らしい。
だったら素足で立ち込んだら気持ちいいだろうし、暑さ対策にもなるな。
でも、ポイントまでのアプローチは、何があるのか分からない未知の場所。
素足では怖いな。
なので、コンプレッション・パンツ、っての?
ピチピチのタイツみたいなのを履いて、短パン。
ウォーターシューズに靴下を履いて。
これで、一応は素肌はガード出来る。

さて、徒歩でポイントを目指します。





しかし、河原に行けるルートがわからない。
藪コギ?

知らない場所での藪コギはキツイな。

そうして右往左往していると、1台の車が停止。



「助かった~!」


ケイさん、早朝よりありがとうございました。

アプローチ方法とポイントの説明と。

あとは、釣るだけ。



ツイッター見てくれた人なら分かると思うけど、あの写真のルアーたちね。

流れの中をトップから表層、シャロークランクへとローテーション。

いきなり、ケイさん釣ってるし。


でも、GHBはなし。




せっかくなので、ジャバジャバと入水。

全体的に浅いので、どこまでも行ける。

浅いので、ボトム丸見え。

魚が居ないのも丸見え。

しかし、バスのボイル発生。

パニッシュでボイル撃ち。

ジャークがダメならただ巻きで。

IMG_0492.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
35~36ってとこかな。

久しぶりのスモール。
しかも、きれいな魚体。

気持ちイイ。



さらにジャバジャバと歩きまわって、対岸方面へ。

岸際がシェードに。

シェードにパニッシュ。

ナチュラルドリフト。

ユラユラとシェードから出て来るパニッシュ。

そのパニッシュにロックオン状態のビッグフィッシュ!

太陽の反射で、パニッシュを見失う。



気が付くと、ラインが大きく上流へ向かって行く。


喰ったな!



デカイ。。。。。。。。。。





ニゴイ。



ガッツリと2本フックが掛かっているから外れない。


バス持ちしてケイさんに見せようとしたけど、歯がないので、ツルんと親指が抜けてしまう。

あきらめてリリース。





再びシェードに入れたパニッシュ。

今度は着水とほぼ同時。


ガツンっと引ったくりバイト。


バシャバシャと暴れた瞬間にフックオフ。


水面で暴れたってことは、バスだったのかな?




パニッシュ、釣れますね。




そろそろ時間です。

8時終了の予定が1時間もオーバー。



いろんなお話が聞けて楽しかったです。
考えさせられる事。
勉強になる事。

ありがとうございました。


相当にモチベーションダウンしていたGHBですが。

帰って来て思った感想は。

とても楽しかった。


ジャバジャバと入水出来た事が、とても楽しかった。

なんか、子どもの頃に戻ったみたい。



次回は、海パン着用でね!

関連記事
スポンサーサイト

2016-08-09

2016鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

40upが3本!2015鬼怒川釣行No.21

2015年8月23日(日)



久々のコラボ釣行。
上流域を案内して頂けるのです。

鬼怒川の畔に住みながら、家から5分以内で行ける場所しか知らないGHBでした。

なので、すごく楽しみにしていました。


今回コラボさせて頂いたのは、


ひでのオカッパリ釣行記&旅行記のヒデチカさん。


BassFishing ケイの釣行記のケイさん。




この日の釣りは、この2人のブログは読んでもらえれば、バッチリです。

なので、これで終わります。

















なんてことはやめて、第5ポイントでの出来事を書きたいと思います。



この日、第5ポイントに着くまで、ニゴイ1本のGHB。
初めての第5ポイントを見た時、直感しましたね。

この季節、これ以上ない、超ド級の1級ポイント。

我先根性で、ポイント1番乗り。
誰が見ても、ここに入れるしかないでしょ!的なポイント。

GHBなら、DSかテキサスを入れる場所。

しかし、その時のタックルはには、三つ又ヘビキャロ。

なんとかカッコ悪いながらも、シンカーを振り子状に振って、ピッチング的にリグを送り込む。
ボトムに着いたシンカー。
わずかながらに流される感触が、ロッドから伝わる。
他の2人は、まだ釣りをしていない。
ヒデさんにおいては、土手下にも降りて来ていない。

そんな、到着早々の出来ごと。

ロッドティップから、シンカーがわずかに転がる感触。

一瞬、その動きに変化が!

喰ったな!

満を持してのフッキング!

「喰った!」

久々のスモールのファイト。
シビレます。

なんと、GHBはリールを巻くだけで、土手を駆け下りて来たヒデさんがキャッチしてくれました。

DSC08583.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
41cm。
ルアーは、タイニーブラッシュホグのグリパン。

幸先良いスタートです。

てか、それまでの4か所では、まったく見せ場の無かったGHB。
これで、みんなと肩を並べられた感じ?



すぐに車からもう1タックルを用意して、DSをリグる。


非常に狭いピンポイントなので、時間を空けながら、撃ち直す。

それ以外は、沖を三つ又キャロで。


そして、再びピンポイントに4インチグラブのDSを入れると、強烈なバイト!


根に擦られるのを感じ、あせりながらも強烈な引きに耐える。

強引に浮かすか、切られるか。

擦られながらもロッドで吸収し、今度はケイさんがキャッチしてくれました。

「デカイ!」

サイズを測ると、、、、、




44㎝!

写真を撮る前に、弱らないように水に浸けてやり、、、、、、、



その瞬間、首振りでGHBの手を振りほどいてしまった44スモール。

あ~あ。

なので、写真はなし。



ケイさんが腹減ったと騒ぎ出したので、3人でランチへ。






食事を済ませて、同じ場所へ。
良い場所なので、別のアングラーが入っていないか心配でしたが、運良く誰も居ない。

またまた我先根性で、DSをピッチング。

ヒデさんは上流方面へ。
その後ろ姿が見えるうちに、、、、、

「来たよ~」

ヒデさんには聞こえなかったらしく、茂みの向こうへ消えてしまいました。


DSC08586.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
38cm。
ルアーは4インチグラブ。


場所を休ませるために、キャロを遠投。

対岸に投げたキャロ。

突然に、ラインが弛んでしまった。

弛んだラインを巻き取ると、重いな、根掛かり?


ちがう!

魚でした。

遠方で掛けるのも面白いですね。
なかなか寄って来ない。

DSC08587.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
38cm。
ルアーはタイニーブラッシュホグのグリパン。


楽しい。
ここはいい場所ね。


しばらく、沈黙が続く。



日が傾きかけた頃、チョイ投げしたフットボールジグに、小バスがヒット。
小さかったので、写真は無し。


さらに沈黙の後。


辺りは暗くなり始めた頃。
時間を空けながら撃っていた、超ピンスポット。

「子どもたちが待っているので、そろそろ帰るね。」

そう言いつつ送り込んだラスト1投、グラブのDS。



ロッドティップに違和感。


”喰ったな!”



そう思いつつ、フッキング!


ズッシリとした重さに弧を描くエアエッジパワーベイトフィネス。



「喰った!喰った!喰った!」



3回も言ってしまった。

根には擦られていない。


「(さっきの44よりも)小さい小さい!」


ヒデさんが下に降りて構えている。

根に潜られそうになるも懸命にこらえて、ヒデさんがキャッチ!


「デケ~~~!」


3人で頭を突き合わせるように、スモールを囲む。

「これ、行ったでしょ」


サイズ測定。







48センチ






大台には届かなかったけど、これぞ、鬼怒クオリティ


ルアーはやっぱり、4インチグラブワインペッパー。
このカラー、大好きですわぁ。


もう帰ると言いつつ、最後に来たドラマ魚。

今回のコラボレーションを締めくくる、最高のドラマ。




だけどねえ。

写真、失敗しちった。

何枚か撮るんだけどね。

全部ピンボケ。

最後の最後に、やらかしました。

DSC08588.jpg




大変楽しい時間をありがとうごいました。
機会がございましたら、またコラボしましょ。


タックルデータ
タックル1
ロッド:ダイワAIREDGE 721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:JSYライン3号(ナイロン)
ルアー:パニッシュ
タックル2
ロッド:ダイワ AIREDGE 681MLB POWER BAIT FINESSE
リール:ダイワ ALPPHAS 105HL FINESSE CUSTOM
ライン:デュエル ハードコア X4 10×5色マーキングシステム 200m 1.2号
リーダー:JSYライン3号(ナイロン)
リグ:ダウンショットorフットボールラバージグ
シンカー:ナス2号
ルアー:ゲーリー4インチグラブNo.218orフットボールラバージグ3/8oz+ゲーリー4インチグラブNo.215
タックル3
ロッド:ダイワAIREDGE 6101MHB JIG & TEXAS SPECIAL
リール:ダイワ タトゥーラ 103XHL-TW
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 2.0号 32.8lb 150m ライムグリーン
リーダー:JSYライン3号(ナイロン)
リグ:三つ又ヘビキャロ
シンカー:ナス4号
ルアー:タイニーブラッシュホグ(グリーンパンプキン)
関連記事

2015-08-27

2015鬼怒川 コメント: 12 トラックバック: 0

春爆?&入魂 2015鬼怒川釣行No.3

今週は子守だとか言って釣りに行けない、とか言っていたGHBです。
嫁に、2月釣行の意味と情熱を説明し、嫁の愛車を洗車することで、午前中の時間をゲットしました。



2月8日(日)月齢18.6中潮テレメータ水位-1.06m



早朝から洗車。
普段なら、ホースが凍っていて洗車なんて不可能な時間帯。
今日は、暖かい。

これならイケル。


午前8時、出撃。



まずはじめに、キャロシャッド。
キャロとは言っても、ちょっと変わったリグを試す。

村上晴彦の三つ又リグ。
シンカーは4号。

しばらくシャクルも反応はなし。

3インチグラブでドリフト。
ときどきリアクション的にツイッチ。

手前のマンメイドぎりぎりまで攻めたので、根掛かりロスト。

フラッシュジェイ2インチライブギル/シルバー。
当然、ジャークします。

3投目。

超ロングキャストに成功。
着底を待ち、さらにラインが張るまで待つ。

1ジャーク、2ジャーク目。

グッと重みを感じ、リールを巻く。

グングンと重さたっぷりな生命感。
なかなか浮いてこない。

手前のマンメイドまで巻いても、まだ姿を見せない。

ヤバイ!
擦れてる。

親指でスプールを押さえながら、強引に浮かせる。

デカイ!

さらに強引に空気を吸わせる。
そしてハンドランディング。
DSC08444.jpg
鬼怒川クオリティ!

DSC08446.jpg
腹パンのメスでしょ。

もしかして、ゴーマル?

DSC08447.jpg
あれ?
サイズ感覚、くるってる。

DSC08448.jpg
47cmね。


よし。
やはりリアクションだね。

あ、新しいエアエッジ&タトゥーラ。

入魂完了しました。



ここで、リーダーが傷ついたので、リーダー交換。
ついでに、通常のキャロライナリグに。
シンカーは4号。

場所移動しながら、シャクリ続ける。

シャクッタ直後、カンッ!
って感じのバイト。

すぐにフックアップ。

カクカクとした引き。

サイズが小さい?

いや、浮いてきた魚はやけに白い。


ニゴイだ。


写真も撮らずに、サヨナラをした。




さらに移動しながらシャクル。


ルアーチェンジ。
フラッシュジェイ3インチコサンアユ /ゴールド。


マンメイドの上を移動したが、これ以上は上陸しないと進めない場所。

これで3投したら、リグチェンジして、マンメイドを探ろうと決めた。

その3投目。

シャクッタ直後に、ググッと重くなる。

一瞬、根掛かりだと思ったが、グイグイと引く。

と思ったら、急上昇。
そしてジャンプ。

デカイ!

ゆっくりと寄せる。
再びジャンプ。

さっきのスモールとは違うタイプだな。

マンメイドに擦られないように、強引に巻いて、キャッチ。

DSC08450.jpg
ちょっと白っぽい、鬼怒川クオリティ。

DSC08452.jpg
これも腹パン。

DSC08455.jpg
サイズは?

DSC08456.jpg
45cm。



この頃から、雨が降り始める。

もうちょっとやったら帰ろう。

ダウンショットにチェンジ。
ルアーはバグアンツ。

移動しながら、結構早いペースでピッチング。

チョイとキャストしてから、2~3個移動。
ラインを見ると、クンクンと動いてる。

重みを感じながら、フッキン!

マンメイドの向こう側なので、ラインが擦れる。
切られる前に獲る!

強引に引きずり出してキャッチ。

あまり大きくないな。

DSC08457.jpg
サイズは測らなかったが、32~33cmって感じかな。

かなり雨が降ってきた。

ずぶ濡れになる前に、上がります。


4バイト4フィッシュ!(笑)

この季節としては、出来過ぎだね。








GHBがキャロライナリグを使う理由。
それは、ワームがノーシンカー状態だから。

今回、新しいリグを試してみた。
親子スイベルを使った、三つ又リグ。

ワームはキャロと同じ、ノーシンカーになる。

違いがあるのは、ノーシンカーワームを引っ張る場所。

通常のキャロでは、ボトムに着いたシンカーの位置から。
三つ又では、スイベルの位置から。

より高い位置からのアクションが出来る。

その結果、ワームの漂っている時間が長くなるのでは?

そんな考えで、三つ又を使ってみた。

しかし、この2つのリグには、ライントラブルが付き物です。

通常のキャロは、シンカーの上のラインに、リーダーが巻きついてしまう。
三つ又は、シンカー用のリーダーに、ワーム用のリーダーが巻きついてしまう。

恐らく、どちらの現象も、キャストから着水の間に起るものだと考えている。

この状態のまま釣りを続けると、バイトに気がつかないかも知れない。
ルアーがうまくアクションしないかも知れない。

今日の釣行では、どちらのリグでも、トラブルに悩まされた。

何か良い解決法は、ないものだろうか。




タックルデータ
ロッド:ダイワAIREDGE 6101MHB JIG & TEXAS SPECIAL
リール:ダイワ タトゥーラ 103XHL-TW
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 2.0号 32.8lb 150m ライムグリーン
リーダー:ダイワ(Daiwa) ジャストロン DPLS 2号 ブルー
リグ:ヘビーキャロライナリグ ヘビーダウンショットリグ
ルアー:ベビーシャッド 3インチグラブ バグアンツ フラッシュジェイ
偏光:TALEXイーズグリーン



関連記事

2015-02-09

2015鬼怒川 コメント: 28 トラックバック: 0

ファーストフィッシュ 2015鬼怒川釣行No.1

皆様、あけましておめでとうございます。
本年も、『MY TACKLE BOX』をよろしくお願いします。



もう初バスは手にしましたか?



ということで、2015年、鬼怒川釣行記、第一弾、行きます。




2015年1月1日(木)月齢10.1若潮




ウィンタースモールを手にすべく、このところ毎年、冬の釣りに重点を置いている今日この頃。
年始休暇終了までのスケジュールを考えると、フィールドに立てるのはこの日以外にはない。
そんな訳で、元日からの釣行となりました。

14:00頃スタート。

狙いは、足元の沈みマンメイド。

なんとなく、12月の釣りでも反応を得ていたので、確信を持っての攻め。
ホッグ系ワームでのダウンショット。

じっくりと、移動距離を少なく、それでもリアクション的なアクションで。

1投に費やす時間はかなり長め。

集中、集中、集中。



集中、集中、集中、、、、、、、、、




反応無し。



それでも集中、集中、集中、、、、、、、、、



なるべく、流れをさえぎる場所を選んで。



集中、集中、集中、、、、、、、、、、



魚は絶対に居るハズ。




集中、集中、集中、、、、、、、、、、



段々と水中のイメージが手に取るように見えてくる。


バスがマンメイドの下のえぐれ部分に居たら?
恐らく、マンメイドの外までルアーを喰いには来ないだろう。
よって、そのバスは獲ることは出来ない。


じゃあ、壁状の場所に寄り添っているバスなら?
目の前にルアーが落とせる。


壁状になった部分を選んで撃って行く。



そして、壁と壁に挟まれた狭い場所にリグを撃った。

弛ませたラインに、わずかな変化があった。

「居る!」

確信を持って、ポーズを長く、そしてチョンとワンアクション。





たるんだラインが弾かれるように動く。
その振動はロッドまで届いた。






そっとラインを張って聞いてみる。








重い。




負荷を感じながら、アワセを入れる。

同時に、マンメイド上を泳ぐ魚体が見えた。





2015年1本目、頂きました。






DSC08416.jpg

DSC08421.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
ちょっと小さい38cm。

DSC08420.jpg


これで帰ろうとも思ったけど、やっぱり釣りが好きなんだね。
暗くなるまで、やってしまった。

けど、それ以降、反応は得られませんでした。




しかし、縁起の良い元日フィッシュ。



人生初の、1月のバスとなりました。

次は40up、獲りたいね。






タックルデータ
ロッド:ダイワ AIREDGE 681MLB POWER BAIT FINESSE
リール:ダイワ アルファス フィネスカスタム
ライン:サンラインBASIC FC2号
リグ:ダウンショットナス型1号+ナツメ1号
フック:フィナ フィネスガード サイズ4
ワーム:バグアンツ2インチ
偏光:TALEXイーズグリーンシルバーミラーコート



ハヤブサ フィナ フィネスガード ダブルハードガード #13581


エコギア チヌ職人 バグアンツ 2インチ #036 8956




関連記事

2015-01-06

2015鬼怒川 コメント: 16 トラックバック: 0

確信に迫る2014鬼怒川釣行No.32

いつものように出勤をした土曜日。
先週の悪夢?がよみがえり、頭から離れない。
完全に取り憑かれているね。
なんとか早上がりをする方法を考える。

昼休み。
諦めモード。

午後、仕事に集中。
先が見えた。
これなら大丈夫。
ノルマ達成。

午後3時。
「先に上がります。」
そう言って、川に向かった。






2014年11月15日(土)月齢22.2小潮テレメータ水位-0.92m




午後3時半過ぎ、現場到着。

ぶっ込み師が帰り支度中。
その他に、車は2台。

さっさと準備をして、上流方面を目指す。
今日は2タックル。
新たに試したいことがひとつ。

まずは先行者一人目はぶっ込み師。

さらに進み、ベストポイントに陣取っているのは、バスアングラー。

残念に思いつつ、下流方面にUターン。
ちょいと離れたところに入る。


フットボールジグから。
鋭く短い1回シャクリからのカーブフォール。

第5投目。

シャクリ後のフォールに「コツッ!」とバイト。
しかし、乗らず。

その数投後。
同じくフォール中に「コツッ!」

アワセを入れると、ロッドがしなる。
幸先良く、ヒット。

フットボールジグの釣り、完璧に合ってるね。

しかし、フックオフ。

イマイチ、掛かりが良くない。

さらに続けると、

フォール中にバイト。
今度も乗った。

あまり強い引きでは無いな。
意外にあっさりとキャッチ。

DSC08395.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
あまり大きくないけど、まぁまぁって感じ?

DSC08399.jpg

え?
42㎝だって。
かなり小さく見えた。

DSC08397.jpg

上顎にガッツリ。

DSC08400.jpg

壁紙にでもどうぞ。



よし、フットボールジグの威力はわかった。

新しい試みへの挑戦。
それは、、、、



バイブレーション。

ボックスを探ると、目に入って来たのは、バイブはバイブでも、メタルバイブね。
ちょっと違ったけど、メタルバイブを結んでみた。

これも、1回シャクッてカーブフォール。

これも結構すぐに反応が。

フォール中に「コツッ!」。
しかし乗らず。

数投後にも、フォール中に「コツッ!」
今度は乗った。

半分ほど巻いてくると、フワッとテンション抜け。

バラシが多い。


さらに続けると、

フォール中にバイト。
シャクッたロッドは上を向いているので、巻きアワセ気味。

しかし、空振り。

巻きアワセ中のバイブはブルブルと泳いでいる。
その泳いでいるバイブに、ガツン!

ヒッタクられた。

メチャクチャ強い引き。
暴れまくり。

ラインはPE4号50ポンド。
絶対に切れる気がしない。

足元のストラクチャーに潜られたって気にしない。
でも、想定外に小さい魚。

DSC08401.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
計測していないが、30くらい。

DSC08403.jpg

人生初のメタルバイブフィッシュ。

DSC08404.jpg

メタルバイブも、スモールマウスに効くんですね。



メタルバイブで目の前のポイントを探り終え、再びフットボールジグへ。

メタルバイブ用に用意したリールの調子がイマイチ。
ベアリングがダメになっているのかな。
スプールに超微妙なガタたあるようで、飛距離が伸びない。

その届かない部分を探るため。

フットボールジグでも反応が無くなった。

先ほどのアングラーは帰ったので、例の場所へ。

数投したが反応はなし。
彼が釣ってしまったのか。

場所移動。
下流側にどんどん進みながら、キャスト。

しかしこの時期、日没が早い。
あっという間に暗くなった。

暗くなると、生命感は出てくるが、釣りへの反応は無くなる。

本当にそうなのか。

暗くなってからの検証をしてみたいと思っている。
ワームカラーを、より目立つ色にしてみて、いずれの機会に。








リアクションの釣り。
なんだか絶好調に反応を示す。
先週よりも、反応は良い。

本当にリアクションに反応が良かった日なのか。
それとも、どんな釣りにも反応が良かった日なのか。

これは、検証不能。

もっと厳しくなった季節にも、リアクションの釣りを押し通して、更なる検証をしていきたい。



ちなみに、メタルバイブフィッシュは、沖と言うよりもかなり手前でのヒット。
カケアガリの下、ってイメージかな。
フォールでのバイトと、追い食いしてきた魚が同一かどうか。
追い食いをしてきた、ということは、フィーディング系の個体なのかな。
リアクションによって、フィーディングモードのスイッチが入ったってことなにかな。
わからないことばかり。

また、乗らないバイト、バラシの多さ。
これは、リアクションの釣りの宿命なのか。
反射的に吸い込んでも、ルアーの重さの為に、充分に吸い込み切れていないとか。
食い気があれば、ガッツリと喰いついてしまいそうですが。


とにかくこの日は、今年最高に反応が良かった日でした。





タックルデータ

タックル1
ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:ダイワジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー(ナイロン)
ルアー:自作フットボールラバージグ3/8oz
トレーラーワーム:ゲーリー4インチグラブワインペッパー

タックル2
ロッド:リョービCaspro XS 1166MH
リール:ダイワTD-X 105HVL
ライン:よつあみ(YGK) ニトロン PE カバーステージ 70m 50lb (4.0号)
ルアー:メタルバイブ暴君B50


関連記事

2014-11-17

2014鬼怒川 コメント: 12 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場