FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

春爆?&入魂 2015鬼怒川釣行No.3

今週は子守だとか言って釣りに行けない、とか言っていたGHBです。
嫁に、2月釣行の意味と情熱を説明し、嫁の愛車を洗車することで、午前中の時間をゲットしました。



2月8日(日)月齢18.6中潮テレメータ水位-1.06m



早朝から洗車。
普段なら、ホースが凍っていて洗車なんて不可能な時間帯。
今日は、暖かい。

これならイケル。


午前8時、出撃。



まずはじめに、キャロシャッド。
キャロとは言っても、ちょっと変わったリグを試す。

村上晴彦の三つ又リグ。
シンカーは4号。

しばらくシャクルも反応はなし。

3インチグラブでドリフト。
ときどきリアクション的にツイッチ。

手前のマンメイドぎりぎりまで攻めたので、根掛かりロスト。

フラッシュジェイ2インチライブギル/シルバー。
当然、ジャークします。

3投目。

超ロングキャストに成功。
着底を待ち、さらにラインが張るまで待つ。

1ジャーク、2ジャーク目。

グッと重みを感じ、リールを巻く。

グングンと重さたっぷりな生命感。
なかなか浮いてこない。

手前のマンメイドまで巻いても、まだ姿を見せない。

ヤバイ!
擦れてる。

親指でスプールを押さえながら、強引に浮かせる。

デカイ!

さらに強引に空気を吸わせる。
そしてハンドランディング。
DSC08444.jpg
鬼怒川クオリティ!

DSC08446.jpg
腹パンのメスでしょ。

もしかして、ゴーマル?

DSC08447.jpg
あれ?
サイズ感覚、くるってる。

DSC08448.jpg
47cmね。


よし。
やはりリアクションだね。

あ、新しいエアエッジ&タトゥーラ。

入魂完了しました。



ここで、リーダーが傷ついたので、リーダー交換。
ついでに、通常のキャロライナリグに。
シンカーは4号。

場所移動しながら、シャクリ続ける。

シャクッタ直後、カンッ!
って感じのバイト。

すぐにフックアップ。

カクカクとした引き。

サイズが小さい?

いや、浮いてきた魚はやけに白い。


ニゴイだ。


写真も撮らずに、サヨナラをした。




さらに移動しながらシャクル。


ルアーチェンジ。
フラッシュジェイ3インチコサンアユ /ゴールド。


マンメイドの上を移動したが、これ以上は上陸しないと進めない場所。

これで3投したら、リグチェンジして、マンメイドを探ろうと決めた。

その3投目。

シャクッタ直後に、ググッと重くなる。

一瞬、根掛かりだと思ったが、グイグイと引く。

と思ったら、急上昇。
そしてジャンプ。

デカイ!

ゆっくりと寄せる。
再びジャンプ。

さっきのスモールとは違うタイプだな。

マンメイドに擦られないように、強引に巻いて、キャッチ。

DSC08450.jpg
ちょっと白っぽい、鬼怒川クオリティ。

DSC08452.jpg
これも腹パン。

DSC08455.jpg
サイズは?

DSC08456.jpg
45cm。



この頃から、雨が降り始める。

もうちょっとやったら帰ろう。

ダウンショットにチェンジ。
ルアーはバグアンツ。

移動しながら、結構早いペースでピッチング。

チョイとキャストしてから、2~3個移動。
ラインを見ると、クンクンと動いてる。

重みを感じながら、フッキン!

マンメイドの向こう側なので、ラインが擦れる。
切られる前に獲る!

強引に引きずり出してキャッチ。

あまり大きくないな。

DSC08457.jpg
サイズは測らなかったが、32~33cmって感じかな。

かなり雨が降ってきた。

ずぶ濡れになる前に、上がります。


4バイト4フィッシュ!(笑)

この季節としては、出来過ぎだね。








GHBがキャロライナリグを使う理由。
それは、ワームがノーシンカー状態だから。

今回、新しいリグを試してみた。
親子スイベルを使った、三つ又リグ。

ワームはキャロと同じ、ノーシンカーになる。

違いがあるのは、ノーシンカーワームを引っ張る場所。

通常のキャロでは、ボトムに着いたシンカーの位置から。
三つ又では、スイベルの位置から。

より高い位置からのアクションが出来る。

その結果、ワームの漂っている時間が長くなるのでは?

そんな考えで、三つ又を使ってみた。

しかし、この2つのリグには、ライントラブルが付き物です。

通常のキャロは、シンカーの上のラインに、リーダーが巻きついてしまう。
三つ又は、シンカー用のリーダーに、ワーム用のリーダーが巻きついてしまう。

恐らく、どちらの現象も、キャストから着水の間に起るものだと考えている。

この状態のまま釣りを続けると、バイトに気がつかないかも知れない。
ルアーがうまくアクションしないかも知れない。

今日の釣行では、どちらのリグでも、トラブルに悩まされた。

何か良い解決法は、ないものだろうか。




タックルデータ
ロッド:ダイワAIREDGE 6101MHB JIG & TEXAS SPECIAL
リール:ダイワ タトゥーラ 103XHL-TW
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 2.0号 32.8lb 150m ライムグリーン
リーダー:ダイワ(Daiwa) ジャストロン DPLS 2号 ブルー
リグ:ヘビーキャロライナリグ ヘビーダウンショットリグ
ルアー:ベビーシャッド 3インチグラブ バグアンツ フラッシュジェイ
偏光:TALEXイーズグリーン



関連記事
スポンサーサイト

2015-02-09

2015鬼怒川 コメント: 28 トラックバック: 0

タトゥーラ

tatula.jpg
画像クリックでメーカーサイト


前記事のAIREDGEに合わせるリールが決まりました。


タトゥーラ 103XHL-TW


上位機種を気にしたらキリがないので、この辺りがベストチョイスかな。

まだ使ってないけど、性能は充分でしょ。


ミディアムヘビーのロッドに合わせるので、ルアーウェイトもそれなりに重めなので、フィネス方向への性能はいらない。
重さがあれば、ある程度の飛距離は出るハズですね。

ロングキャストが基本となるので、素早い回収ができるように、ハイギヤを選択。



ラインを巻く前に、スプールを回転させたり、ハンドルを回したり。


スプールの回転は、新品だからのなのか、非常にスムース。

ひとつ、気になったことが。



クラッチを切る時に、前にせり出すTWS。

ひとつ余計なアクションがある為なのか。

ハンドルま回してクラッチを戻す時。


ちょっと重くないかい?


例えば、冬の釣り。

寒さで手が冷えるので、左手をポケットに入れたままで釣りをすることがありますね。

右手でピッチングして、パーミングしている中指でハンドル(ドラグ)を回してクラッチを戻します。

しかし、クラッチが戻るアクションが固くて、やり辛いです。



あとは、実際に使ってみてだね。





関連記事

2015-01-30

タックル コメント: 4 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。