FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

パニッシュ!!2016鬼怒川釣行No.25

ご無沙汰しております。

前記事よりいきなり飛んでのNo.25。
実は、忙しいながらも、6月に仕事上がりの短時間釣行を3回ほど。

それ程のトピックスも無かったので、忙しさにカコツケテ、スル―してしまいました。

あ、ラージを1本キャッチしましたね。
25cmあるかないかのサイズでした。
ルアーはパニッシュ。

それでは、久々の釣行記、行ってみよう!





2016年8月7日(日)


久しぶりの釣行は、今まで行ったことのない場所。

あるお方にお世話になり、場所を教えて頂きました。

夜明けと共に家を出て、駐車スペースを探して駐車。


前情報から、立ち込みが可能な場所らしい。
だったら素足で立ち込んだら気持ちいいだろうし、暑さ対策にもなるな。
でも、ポイントまでのアプローチは、何があるのか分からない未知の場所。
素足では怖いな。
なので、コンプレッション・パンツ、っての?
ピチピチのタイツみたいなのを履いて、短パン。
ウォーターシューズに靴下を履いて。
これで、一応は素肌はガード出来る。

さて、徒歩でポイントを目指します。





しかし、河原に行けるルートがわからない。
藪コギ?

知らない場所での藪コギはキツイな。

そうして右往左往していると、1台の車が停止。



「助かった~!」


ケイさん、早朝よりありがとうございました。

アプローチ方法とポイントの説明と。

あとは、釣るだけ。



ツイッター見てくれた人なら分かると思うけど、あの写真のルアーたちね。

流れの中をトップから表層、シャロークランクへとローテーション。

いきなり、ケイさん釣ってるし。


でも、GHBはなし。




せっかくなので、ジャバジャバと入水。

全体的に浅いので、どこまでも行ける。

浅いので、ボトム丸見え。

魚が居ないのも丸見え。

しかし、バスのボイル発生。

パニッシュでボイル撃ち。

ジャークがダメならただ巻きで。

IMG_0492.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
35~36ってとこかな。

久しぶりのスモール。
しかも、きれいな魚体。

気持ちイイ。



さらにジャバジャバと歩きまわって、対岸方面へ。

岸際がシェードに。

シェードにパニッシュ。

ナチュラルドリフト。

ユラユラとシェードから出て来るパニッシュ。

そのパニッシュにロックオン状態のビッグフィッシュ!

太陽の反射で、パニッシュを見失う。



気が付くと、ラインが大きく上流へ向かって行く。


喰ったな!



デカイ。。。。。。。。。。





ニゴイ。



ガッツリと2本フックが掛かっているから外れない。


バス持ちしてケイさんに見せようとしたけど、歯がないので、ツルんと親指が抜けてしまう。

あきらめてリリース。





再びシェードに入れたパニッシュ。

今度は着水とほぼ同時。


ガツンっと引ったくりバイト。


バシャバシャと暴れた瞬間にフックオフ。


水面で暴れたってことは、バスだったのかな?




パニッシュ、釣れますね。




そろそろ時間です。

8時終了の予定が1時間もオーバー。



いろんなお話が聞けて楽しかったです。
考えさせられる事。
勉強になる事。

ありがとうございました。


相当にモチベーションダウンしていたGHBですが。

帰って来て思った感想は。

とても楽しかった。


ジャバジャバと入水出来た事が、とても楽しかった。

なんか、子どもの頃に戻ったみたい。



次回は、海パン着用でね!

関連記事
スポンサーサイト

2016-08-09

2016鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

パニッシュフィッシュ2014鬼怒川釣行No.23








2014年9月15日(月)月齢20.5小潮テレメータ―水位-0.71



土曜日の中学校の運動会で、綱引きなんかをやらされたもんで、ちょっと腰にきていた月曜日。
子ども達も出掛けてしまい、身体のやり場のない程の退屈感。

だったらちょっくら、行ってみよう。

お昼ちょっと前に出撃。

時間的には、いちばん厳しい時間帯。
一般的なアングラーなら、夕方までの休憩タイムのハズ。



向かうは、夏の激流なポイント。

読み通りの貸し切り状態。
ちょっと水位が高いが、なんとかなるだろう。

スピニングにパニッシュを結ぶ。


スミス(SMITH LTD) パニッシュ 85F クリアーワカサギ



激流に向けての3投目。
ただ巻き。

ガツンッ!

とヒッタクられる。
いつもなら、簡単にフックオフだが、今回はガッツリと掛かっているようだ。

激流から流れのゆるい浅瀬に導き、

DSC08334.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
38cm。

DSC08337.jpg

ガッチリと2本とも掛かってる。
これならバレないね。



よし、幸先がイイ。


しかし、この後、反応はなし。
下流に向かって歩き始め、行ける範囲をパニッシュで連射。

回遊が居ればヒットするかも、の期待もハズレ。

もとの激流に戻って、パニッシュを投げる。
すると、パニッシュにアタックする魚影が見えた。

一瞬だけ、ロッドに衝撃が伝わったが、ヒットせず。

時間を置いたので、新しい魚が入って来ていたんだね。


ちょっと狙いを変えて、ディープなポイント。

初めてMさんに会ったときにもらった、シザーコームのDS。


ジャッカル(JACKALL) シザーコーム 3.8インチ モエビブルー



ボトムまで沈めて、ナチュラルドリフト。

シンカーがボトムに引っ掛かると、ラインが引き込まれる。
それをプルンっと外す。

やけにラインの引き込みが強いなぁ。

なんて思っていたら、魚だった。

そして見えた魚は、目測40upのスモール。
目の前には三角テトラがちょこっと。

擦られるのがイヤで、下流側の激流だけど浅い方へ誘導。

そしてコンクリート上の浅瀬に引きずり上げる。





ハズだったが。









激流の中をズンズン下って行く目測40up。

瞬間的な衝撃を与えなければ、絶対に切れないと信じた、ダイワのナイロン2号のリーダー。


事もあろうか、PEが浅瀬の岩に引っ掛かっている。
ロッドと腕を伸ばしても、岩までは届かない。

PEが岩に擦れながら、勢いよく出て行く。

スプールを押さえて止める。
ロッドをあおりながら、タイミングよく巻けば、なんとか寄せられる。

しかし。。。。。。。











ぷっつ~~~ん!










ナイロンは切れなかったが、PEが切れた。



ふぅ~。



ため息ひとつ。



さあ時間だ。
帰ろう。




タックルデータ
ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:ダイワジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー(ナイロン)
リグ:ダウンショットリグ(ナス型1号)他
ルアー:シザーコーム 3.8インチ モエビブルー パニッシュ85Fクリアーワカサギ




関連記事

2014-09-17

2014鬼怒川 コメント: 14 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.20







2014年8月14日(木)月齢18.2中潮


梅雨明けをしてやっと水位が下がって、いよいよ夏のポイントが熱くなる。
楽しみにしていた盆休み。
そんな思いとは裏腹に、ナイスな?タイミングでの台風。
たちまち、梅雨時期の水位に逆戻り。

それでも、なんとか下げ始めた14日。

ヒデさんは出撃済み。
ちょっとした野暮用を済ませてからの出撃。

水分とヒデさんへの缶コーヒーを買い込んで。

お、ヒデさん、居ました。


まずはコーヒーを飲みながらの情報交換。
話をしつつ、この前補給したプラグ類を見せながら、パニッシュを結ぶ。


スミス(SMITH LTD) DDパニッシュ 95F 37 GMヤマメ

画像が間違っていますね。
DDだからディープタイプ。
リップがデカイはず。


では、釣り開始。


沖に遠投し、あとは流れに任せる。
ひとりでに扇状に泳いで、護岸際まで寄って来る。
そのままでもフラフラと泳いでいるが、少しづつ巻いてくる。

その2投目。

護岸際まで泳いできたパニッシュ。
突然、何者かがヒッタクル。

「喰った!」

思わず叫ぶ。
幸先がイイ。

やはりハードで手返し良く広範囲を。

な~んて思った矢先。

あっけなくフックオフ。


悔しい。

でも、ハードで押し通す自信が付いた。


ヒデさんの上流側下流側。
あっち行ったりこっち行ったり。

岩にスタックしながらも、深くスタックしなければ、フローティングミノーはそのうち浮いて来る。

しかし、100%というのあり得ない。
遂にパニッシュDDをロスト。

あいにく、DDは1個しか持っていない。

仕方なく、シャロータイプのパニッシュを結ぶ。


スミス(SMITH LTD) パニッシュ 85F クリアーワカサギ 19


動きは断然、シャロータイプの方がイイ。

しかし、増水中につき、シャロータイプでは、スモールがいるレンジに届かない。
ここで、モチベーションが切れる。

そして、ヒデさんが絶対にここだ!というポイントにて「喰った!」
続きは、ヒデさんのブログにて


てな訳で、ヒデさんはお時間となり、お帰りに。


その後、ダラダラとDSを打つが、スモールからのコンタクトはありませんでした。



関連記事

2014-08-18

2014鬼怒川 コメント: 8 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.12






2014年4月29日(火)月齢29.3大潮



久しぶりの釣行。

実は、行くかどうか迷っていたけど、前日のヒデチカさんからのお誘いにより、背中をプッシュされました。



他の鬼怒川ブログをチェックすると、かなり釣れ釣れな様子。
テレメータで水位をチェックすると、かなり減水の様子。
過去に経験したこと無いくらいの減水。

減水ってことは、ポイントが絞りやすい。

当初は安易に考えていました。






4:30にセットした目覚ましを止めて、出撃。
今日は、前記事のルアーを使う。


ポイント一番乗り。
ゆっくりと準備を。。。。。

している場合ではない。

既に対岸には多くのアングラーが。

こちら側にも、すぐに二番乗りアングラーが到着。

我先にお目当てのポイントに入る。



上から見ると、岸際でベイトをチェイスしているのが見えた。



その付近をTDペンシルから攻める。





しかし、何も起こらず。



沖や流れの中も攻める。



何も無し。



ルアーサイズが小さくて、イマイチ、イメージと違う。





パニッシュに変更。

ガンガンジャークする。



すぐに反応が。


ロッドにズッシリとした重みと、どっかんパワーでの引き。

ベイトリールのドラグが止まらない。


首振りのアクションが伝わって来ないので、外道である事はすぐにわかった。


ウォーミングアップとしては申し分ない。
DSC07980.jpg

ロクマルクラスの鯉。
さ、次に行こう。


さらにジャークを続けると



一気に沖に走る。
先ほどよりもさらに強力。

止まる気配がない。

ベイトフィネスの浅溝スプールでは、ラインが足りなくなる。

スプールを押さえながら、ロッドをあおりながら巻いてくる。
突然の突っ込みには、ロッド操作で対応。

そして見えた魚体は、メーターオーバー。

人の胴回りよりも、さらに太そうな胴回り。
しかも、掛かっているのは尻尾。

この引きは強烈。

砂浜に引き揚げようにも、重すぎて水から出せない。

アタフタしている間に、オートリリース。

あ~良かった。
でも、写真が撮れなかった。

腕がパンパンです。



さらに直後。

ジャークしたパニッシュに何者かが襲いかかる。



今度はバスっぽい。

首振りがガクガク伝わって来る。


さっきのメーター級にくらべたら楽勝。


あっという間にキャッチ。

DSC07981.jpg


38cm。


いくらスモールの引きが強いと言っても、メーター級の鯉にくらべたら、赤子も同然。






この後、パニッシュを投げまくったが、バスからの反応は無かった。

あるのは、鯉のスレアタリ。

あ、ウグイもキャッチしたよ。
スレだけど。





じゃあ、ヒデチカさんでも探しに行きますか。




いつもの場所にぃ。。。。。

あ、ありました、ヒデさんの車。
しかも、ヒデさん、車に乗ってるし。

近付くと、お食事中でした。

「おはようございます」




いろいろと作戦会議の結果、テトラ帯に行くことに。





久々のテトラ帯。
例年なら、スポーニング中の見えラージがワンサカ居るハズ。。。。。。でした。


先行者さんが若干名、テトラの上で、川とは反対を向いて、姿勢を低くしている。
明らかに、ネスト狙いですね。

一応、ネストはあるようです。

だけど、見えるラージはマメサイズばかり。



フィネスワームのネコリグで、穴撃ち開始。



ボトムに着くまでスルスル~と引き込まれるライン。

突然、勢いが増す。


思わず、フルフッキングしてしまった。

DSC07982.jpg

こんなのが吹っ飛んできた。

今シーズン、初ラージ。

ある人の言葉を借りるなら、ラージのスモール(笑




穴撃ちを続けるも、見えるラージはこんなサイズばかり。





公園エリアに移動。

そこでヒデさんにぃ。。。。。。。。。



続きはwebで!





公園エリアから、朝一のエリアへ移動。



結局、GHBには何も起こらないまま、終了。

腰が痛くて、これ以上は無理でした。





あ、ちなみに、前記事のミノーの使用感だけど。

いちばん使いやすいのが、パニッシュ。
ジャークすると、イメージ通りにキビキビと動く。

他のミノーは、モヤッとした感じ。
MLのロッドでは、柔らか過ぎるのかも。

MまたはMHで操作しないと、キビキビ感は出ないかも。


あとで、パニッシュ追加だな。




タックルデータ
ロッド:ダイワエアエッジ681MLB
リール:ダイワアルファスベイトフィネスカスタム
ライン:ナイロン12lb
偏光:ZEALイグナイトTi+TALEXアクションコパー




ダイワ TDソルトペンシル 110F-HD

ダイワ TDソルトペンシル 110F-HD
価格:1,555円(税込、送料別)






関連記事

2014-04-30

2014鬼怒川 コメント: 10 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。