FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ ダウンショットリグ フラッシュジェイ パニッシュ フットボールジグ キャロライナリグ ソルティスラッガー コラボ釣行 スモールマウス45up 三つ又ヘビキャロ ゴーマルオーバー AIREDGE タトゥーラ スモールマウス20up ダイワ メタルバイブ 福原美穂 日光いろは坂 ゲーリー4インチグラブ 三つ又 ネコリグ エアエッジ スモラバ アクションコパー バスロッド フィネスワーム ラージマウス20up ベイトロッド スプリットショットリグ バグアンツ ヘビキャロ リール 天秤 ヘビダン メガネの久地岡 TALEX CR-X POMS AW11 筑波パープルライン さがみ家 EF8 X-Trail ライギョ たすけ クラシカルバサー Cocco シザーコーム ユーザー車検 そらまめ ジグヘッドリグ ドライブクロ― MR2 NSR250R フローティングベスト FZR250LimitedEdition ワンダーシビック カットテール Dスクエア Music_is_My_Life MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ スペクトラム 高中正義 Superfly 虹伝説 The_Best_of_Soul_Extreme Day_Breaks ソルファ ASIAN_KUNG-FU_GENERATION Opeth Sorceress Norah_Jones Box_Emotions  浜田麻里 SO_REAL RETURN_TO_MYSELF 森高千里 見て 小比類巻かほる Can't_Fight_This_Feeling ザンサイアン Love&Soul REBECCA REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow REO_Speedwagon 風の吹き抜ける場所へ FLYING_KIDS スローバラード RCサクセション レイジー ベイビーアイメイクアモーション サマータイムブルース 渡辺美里 ポイントH フットボールラバージグ マイケル モデルA ディプシードゥ4 N CB350 爆風スランプ 大きな玉ねぎの下で Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Aimer ジューシィ・フルーツ Pharrell_Williams グレンミラー Girl 宇多田ヒカル Fantôme バケモノの子 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

リアクション・フィッシュ 2015鬼怒川釣行No.13

2015年5月23日(土)月齢4.9中潮テレメータ水位-1.06~-1.11m






久々の土曜休日。
前日の午後、土曜の休業がわかったので、3時休憩にフットボールラバージグを制作。

CFlxsA8UMAAJPFE.jpg

フットボールジグをシャクリマクリ決定です。




朝6:30頃からの出撃。


ディープエリア。


橋を車で通過すると、堰エリアは人気スポットらしくアングラーが多め。
なので、ディープエリア。


前回同様、誰ひとり居ない、貸し切り状態。


すぐにフットーボールジグをシャクリます。


マンメイドの上を渡りながらシャクリます。




お、見えラージ発見!

ネストだな。


スワンプクローラーのネコにリグチェンジ。



目の前に落とす。



逃げもしないが、ガン無視。



ここでこいつにハマると、後が無くなりそうなので、一旦保留で、本流のスモール狙いに戻る。





マンメイドから降りて、陸上を移動。

ここで、なぜ貸し切り状態なのかがわかった気がする。


雑草がスゴイ勢いで伸びて、歩くのも一苦労。

しかも、朝露に濡れた草は、GHBのズボンをびしょ濡れにしてしまった。



気色悪いが、日が高くなれば自然に乾くっしょ。
それまでのガマン。



さて、だいぶ上流まで歩きました。
草のお陰で、川に降りる場所も少ない。

こんど、草刈りガマでも持ってきた方が良さそう。



さて、フットボールジグをシャクリます。


わずか数投目のピックアップ時。



ガツン!っとヒット。

沈みマンメイドの中からのバイト?



メッチャ引く。


これがシーズン中の鬼怒クオリティの引きだね。





なんつってる間に、痛恨のフックオフ。


悔しいですね。

あの引きは、軽く40オーバーだね。





そのままシャクリ続けるも、反応はなし。





気分転換に、ヘビキャロでも投げてみよう。


三つ又ヘビキャロにフラッシュジェイ。

同じく、シャクリます。

フットボールジグよりも、強く鋭く。




だいぶ手前まで来た時、ゴクッ!って感じで根掛かり?

いや、その直前に何かに触れたような感触があったので、魚である事を信じてゴリ巻き。



やはり、首振り感が伝わって来る。

よっしゃ!



こいつの引きもハンパ無い。

なかなか姿を見せずに、手前のマンメイドに擦られまくり。


切れるのも時間の問題。

イチかバチか、強引に浮かせる。



お、デカイ。



左手でハンドランディング。

DSC08530.jpg

よし、ビッグフィッシュ。
アフター回復系?

サイズは。。。。

51cm?
マジで?

DSC08533.jpg

写真撮ろうとしたらハネちった。

もう一度。

あれ?

DSC08534.jpg

47cmでした。

DSC08536.jpg

正確には、47.5cmってことで。

スケールがタルンでいたのね。

DSC08531.jpg

フラッシュジェイ、バックリ。


もしかすると、さっき掛けた場所と近いので、同一個体かも。
まだ回復途中で、ディープでじっとしていた個体?
フットボールジグに着いて来て、ピックアップのアクションでリアクションバイト。
今度はフラッシュジェイが目の前で飛び上がったので、リアクションバイト。

そんな推理です。


今日はフラッシュジェイのパターンかな?



いやいや、相変わらず、反応は鈍い。


ちょっと欲張って、マンメイドギリギリまで攻めたら、簡単に根掛かりロスト。

システムを組み直すのがメンドーなので、フットボールジグを結ぶ。




しかし、反応が無いままに時間だけが過ぎる。



よし、ラストにあのネストのラージを狙ってみよう。




お、まだ居ます。


ネコリグにしたワームをとっかえひっかえ。

やはり、逃げもしないし、口も使わない。

GHB、ネストの魚はあまり狙ったことがありません。
攻め方を知らない。

とにかく、ワームを替えて行く。


とあるワームに替えた時。
はじめはガン無視だったのに、突然のバイト。


あ~あ、掛けちゃった。

若干の後ろめたさを感じていたら、水面で暴れてフックオフ。


すぐにネストに戻った。


なんだか安心したGHB。

また喰うか?


再度、狙う。


が、なかなか喰う訳もなく、ちょっと本流のスモールに狙いをチェンジ。


フットボールジグをシャクル。


しかし、ネストのラージ、気になります。


フットボールジグを入れると、一発で喰った。


でも、これも水面でフックオフ。


アワセが効いていなかったな。




実は、すぐ隣りにも、ラージのネストがありました。

ひと回り大型の個体。
50はないけど、40後半はあろうかというサイズ。

しかし、マンメイドの下であり、なかなか外に出て来ないので、攻めることが出来ませんでした。



いい加減疲れたので、上がろうと思います。












公園エリアの様子を見に寄ってみる。

やはり、投げたくなった。


堰に立ち込みます。


しかしながら、前回釣行よりも若干水量が多く、長靴に受ける水圧が、疲れた身体には結構つらい。

すぐに上がって、対岸の堰上を目指す。




フットボールジグをシャクッていると、背後より声を掛けられる。


ケイさんです。



その後、堰上のブレイクラインをライトテキサスで攻める。

も、無反応。

堰上には魚の気配がありません。


堰下に移動。

こちらは、時々ベイトをチェイスしています。



フットボールを投げたいが、根掛かりを避けるためにかなり下流まで移動。


それでも、何個かは根掛かりロスト。


そして、シャクッたフットボールジグにアタリが。

遂に来たかな?
回遊フィッシュ。


しかし、ハンドル2回転でフックオフ。



フットボールジグは難しいや。

ルアー自体の動きが速すぎるのか。

スモールが喰い切れていないような気がする。


外掛かりとか、唇に引っ掛かっただけとか。


しっかりと口の中に入らないと、キャッチは難しそうですね。

















さてさて、釣りを終えて、家で昼寝をしていると。

足の激痛で目が覚めた。


両足の筋肉という筋肉が、ツッテしまった。


子どもたちが近くにいたので、治してもらおうとしたが、どうにもやり方がわからない。

とにかく、親指だけでも、上に向けてもらった。


なんとか、時間と共に治まりはしたが。


若干の肉離れ的な感じ。


どうも、軽い熱中症のようですね。


朝から食事もとらずに、ミネラルウォータだけ。


だいぶ汗をかいたので、塩分不足が起きたのかも。


スポーツドリンクとか塩分とか。

熱中症対策は必要ですね。






タックルデータ
ロッド:ダイワ AIREDGE 681MLB POWER BAIT FINESSE
リール:ダイワ ALPPHAS 105HL FINESSE CUSTOM
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム ピンク 150m 1.0号
リーダー:JSYライン3号(ナイロン)
リグ:三つ又ヘビキャロ
ルアー:フラッシュジェイ2インチ レイクワカサギ
偏光:kodak PolarMax6150クリムゾンピンク + レイバンRB3339





関連記事
スポンサーサイト

2015-05-25

2015鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

春爆?&入魂 2015鬼怒川釣行No.3

今週は子守だとか言って釣りに行けない、とか言っていたGHBです。
嫁に、2月釣行の意味と情熱を説明し、嫁の愛車を洗車することで、午前中の時間をゲットしました。



2月8日(日)月齢18.6中潮テレメータ水位-1.06m



早朝から洗車。
普段なら、ホースが凍っていて洗車なんて不可能な時間帯。
今日は、暖かい。

これならイケル。


午前8時、出撃。



まずはじめに、キャロシャッド。
キャロとは言っても、ちょっと変わったリグを試す。

村上晴彦の三つ又リグ。
シンカーは4号。

しばらくシャクルも反応はなし。

3インチグラブでドリフト。
ときどきリアクション的にツイッチ。

手前のマンメイドぎりぎりまで攻めたので、根掛かりロスト。

フラッシュジェイ2インチライブギル/シルバー。
当然、ジャークします。

3投目。

超ロングキャストに成功。
着底を待ち、さらにラインが張るまで待つ。

1ジャーク、2ジャーク目。

グッと重みを感じ、リールを巻く。

グングンと重さたっぷりな生命感。
なかなか浮いてこない。

手前のマンメイドまで巻いても、まだ姿を見せない。

ヤバイ!
擦れてる。

親指でスプールを押さえながら、強引に浮かせる。

デカイ!

さらに強引に空気を吸わせる。
そしてハンドランディング。
DSC08444.jpg
鬼怒川クオリティ!

DSC08446.jpg
腹パンのメスでしょ。

もしかして、ゴーマル?

DSC08447.jpg
あれ?
サイズ感覚、くるってる。

DSC08448.jpg
47cmね。


よし。
やはりリアクションだね。

あ、新しいエアエッジ&タトゥーラ。

入魂完了しました。



ここで、リーダーが傷ついたので、リーダー交換。
ついでに、通常のキャロライナリグに。
シンカーは4号。

場所移動しながら、シャクリ続ける。

シャクッタ直後、カンッ!
って感じのバイト。

すぐにフックアップ。

カクカクとした引き。

サイズが小さい?

いや、浮いてきた魚はやけに白い。


ニゴイだ。


写真も撮らずに、サヨナラをした。




さらに移動しながらシャクル。


ルアーチェンジ。
フラッシュジェイ3インチコサンアユ /ゴールド。


マンメイドの上を移動したが、これ以上は上陸しないと進めない場所。

これで3投したら、リグチェンジして、マンメイドを探ろうと決めた。

その3投目。

シャクッタ直後に、ググッと重くなる。

一瞬、根掛かりだと思ったが、グイグイと引く。

と思ったら、急上昇。
そしてジャンプ。

デカイ!

ゆっくりと寄せる。
再びジャンプ。

さっきのスモールとは違うタイプだな。

マンメイドに擦られないように、強引に巻いて、キャッチ。

DSC08450.jpg
ちょっと白っぽい、鬼怒川クオリティ。

DSC08452.jpg
これも腹パン。

DSC08455.jpg
サイズは?

DSC08456.jpg
45cm。



この頃から、雨が降り始める。

もうちょっとやったら帰ろう。

ダウンショットにチェンジ。
ルアーはバグアンツ。

移動しながら、結構早いペースでピッチング。

チョイとキャストしてから、2~3個移動。
ラインを見ると、クンクンと動いてる。

重みを感じながら、フッキン!

マンメイドの向こう側なので、ラインが擦れる。
切られる前に獲る!

強引に引きずり出してキャッチ。

あまり大きくないな。

DSC08457.jpg
サイズは測らなかったが、32~33cmって感じかな。

かなり雨が降ってきた。

ずぶ濡れになる前に、上がります。


4バイト4フィッシュ!(笑)

この季節としては、出来過ぎだね。








GHBがキャロライナリグを使う理由。
それは、ワームがノーシンカー状態だから。

今回、新しいリグを試してみた。
親子スイベルを使った、三つ又リグ。

ワームはキャロと同じ、ノーシンカーになる。

違いがあるのは、ノーシンカーワームを引っ張る場所。

通常のキャロでは、ボトムに着いたシンカーの位置から。
三つ又では、スイベルの位置から。

より高い位置からのアクションが出来る。

その結果、ワームの漂っている時間が長くなるのでは?

そんな考えで、三つ又を使ってみた。

しかし、この2つのリグには、ライントラブルが付き物です。

通常のキャロは、シンカーの上のラインに、リーダーが巻きついてしまう。
三つ又は、シンカー用のリーダーに、ワーム用のリーダーが巻きついてしまう。

恐らく、どちらの現象も、キャストから着水の間に起るものだと考えている。

この状態のまま釣りを続けると、バイトに気がつかないかも知れない。
ルアーがうまくアクションしないかも知れない。

今日の釣行では、どちらのリグでも、トラブルに悩まされた。

何か良い解決法は、ないものだろうか。




タックルデータ
ロッド:ダイワAIREDGE 6101MHB JIG & TEXAS SPECIAL
リール:ダイワ タトゥーラ 103XHL-TW
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 2.0号 32.8lb 150m ライムグリーン
リーダー:ダイワ(Daiwa) ジャストロン DPLS 2号 ブルー
リグ:ヘビーキャロライナリグ ヘビーダウンショットリグ
ルアー:ベビーシャッド 3インチグラブ バグアンツ フラッシュジェイ
偏光:TALEXイーズグリーン



関連記事

2015-02-09

2015鬼怒川 コメント: 28 トラックバック: 0

秋爆?2014鬼怒川釣行No.29

秋爆


多くのアングラーが耳にした事のある言葉。
しかしその中で、実際に秋爆を体感したことのある人は、どれ程の数居るのだろうか?

秋爆という言葉の響きから、秋は凄くたくさん釣れるイメージがあると思う。
それって本当なの?

メディアで言われているのは、秋は横の釣り。
巻物系。
巻物でよく釣れる。
これも、こちら側の勝手なイメージ?

良く釣れるんでは無く、巻物の方が釣れやすい、ってことなんじゃ?

秋は魚が散っていて、居場所を特定しづらい。
だから、巻物系で広く素早く探ることで、効率よくバスを拾って行くことが出来る。
それは、ボートを使った釣りや、たくさんのポイントを知っている人たちに出来る釣り方なのでは?

オカッパリ。
鬼怒川のように、入れるポイントが限られている場合。
または、一か所で粘るような釣り。
こういう釣りには、当てはまらないような気がする。


最近、他の鬼怒川中流ブログにおいて、ビッグが釣れたという好釣果は、なかなか入ってこない。
毎年のことだが、秋になると、鬼怒川の釣果は落ちるようだ。
GHBにおいても、御多分にもれることなく、秋は苦しい思いをする。

秋になると、スモールはどこかへ行ってしまうのか?
それとも、居てもルアーに反応しないだけか?
それじゃあ、秋爆って何?

そんな疑問を解決するため、一人の男が試行錯誤し、ひとつの答えを導き出したかも知れない、真実の物語である。





2014年10月26日(日)月齢2.2中潮テレメータ水位-0.80m



引き続き前回と同じポイント。
いや、正しくは、同じエリア。
7:30頃スタート。

先行者はなし。
ぶっこみ師が準備中だった。

ポイントに降りると、まず目に飛び込んできたのは、見えミニラージ。
ベイトもいる。

前回、その前の釣行では見えなかった、バスの姿が確認できる。
全然状況が違うのである。
わずか数日で、これ程に変化するとは。
自然とは不思議である。

まずは4インチグラブのスプリットショットリグ。
クラシカルさんのマネです。

チョイと先に投げて、見えないストラクチャーを狙う作戦。

ピックアップ時に、ミニラージが追いかけてくる。
足元のストラクチャー周りにも、ミニラージ。

そのミニラージを狙ってみる。

グラブに反応して、一緒に沈んで行く。
そして、コツコツとバイトが伝わってくる。

しかしサイズ的に、フックアップすることが出来ない。

良く見ると、ブルーギルも混じっている。
バイトの主は、ギルだ。
ギルもミニラージも活性が高い。
今日は期待が持てそうだ。

また、チョイ投げ。

しかし、ストラクチャーの向こう側を狙いづらい。
グラブのダウンショットにチェンジ。

バイトが無い。

気分転換に沖をドリフト。

すると、1投目にバイト。
コツコツッ!

アワセを入れると、乗った。
流れの中なので、ドラグが出る。
デカイのか?

巻き上げ始めると、



フックオフ!




残念。

よし、ドリフトにチェンジしよう。

キャロにリグり直して、キャスト。


キャスト。

キャスト。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ホグ系ワームとグラブと、あれこれローテーションしながらキャスト。

キャスト。

キャスト。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

釣れない。

そう言えば、アラバマリグなるものが効くなんて話があったなぁ。
ちょっとリグに工夫でもしてみるか。
群れで泳ぐベイトを演出するわけだ。
まずは、キャロを2本フックにしてみる。
ダウンショットを結ぶ要領で、フックの下にもうひとつのフック。
ホグ系とグラブを付けてキャスト。

ん~、イマイチ飛距離が出ない。

しばらくドリフトするも、結果も出ない。

なんだか飽きて来た。
今日はこのポイントで粘るつもりだったが、気分を変えるためにも、ちょっと上流側へ歩く。


先ほどのポイントよりも、流れが強い。
足元のストラクチャーも少なめ。
多分、前日にヒデさんが釣っていたポイント。

ヒデさんの釣行記より、スモールは居るようだ。
しかし、サイズがイマイチ。

ヒデさんがどの位置でスモールをヒットさせたかは不明。

それでも、ミニスモールが居るということは、ビッグだって絶対に居るハズ。
ドリフトだけじゃ、口を使ってくれないだけだ。



なんとか口を使わせる方法は?



完全に沖狙いにシフト。

キャロで行くのは変わりない。
流れが強い分、シンカーを重くした。

普段は、ナツメの1~1.5号を使っているところ、バレットの10.5グラムをチョイス。
いわゆるヘビキャロのカテゴリーだと思う。

ワームも、リアル系のフラッシュジェイ。

もうお気付きですか?


そう、リアクションバイト。


思い切り投げる。
シンカーの重さと、ワームの空気抵抗の少なさから、スゴイ飛距離。
川の真ん中を越えます。

重めのシンカーでも、よく流れます。
ラインが張ったら、シャクリます。

流れに負けないくらいに、強くシャクリます。
かなり、強くシャクリます。

シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。








シャクッた直後、ガクガクッと衝撃が伝わって来た。

これ、バイトだね。

大きくアワセを入れるとぉ、



ロッドが満月のように。

ドラグがジージーと鳴り響く。

来たよ~。
これです、コレ。

これが流心の鬼怒クオリティの引き。

ドラグがなり続けるも、どんどん巻く。

突然下から走り出して~、ジャンプ。


おお~、デケ~!


かなりの時間を掛けて弱らせて。
でも、なかなか弱らない。

いちばん厄介なのが、足元のマンメイドストラクチャー。

ここで擦られたら、完全にアウト。

潜られる前に、浮かせなくては。
とにかく、浮かせて空気を吸わせることに集中。

そして擦られずになんとかキャッチ。

DSC08360.jpg

ヨッシャー!
鬼怒クオリティ46cm!

DSC08362.jpg

良いとこに掛かってますね。
画像をクリックして拡大して見てね。
スゴイ歯だね。

超うれしい。
やっぱ居るじゃん。



このまま続けます。

スモールを飽きさせないように、フラッシュジェイの3インチと2インチ、そしてカラーローテーションを行いながら。


シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




そして、シャクッた直後、コツコツッとバイト。

これも乗ったよ。
ドラグが出るけど、さっき程じゃない。

簡単に引き寄せて、引っこ抜いた。

DSC08367.jpg

スモールマウスバス。
33cm。

DSC08370.jpg

外掛かりみたいだけど、ラインが喉の奥に引っ掛かっていた。



シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



反応が無い。


そろそろ移動しながら、車に戻るかな。


歩きながら、入れるポイントには入って、2投づつ。




そして最後のポイント。
車の下。


シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


この釣り、結構キツイね。
右の肩&腕がヤバイ。


シャクル。

シャクル。

シャクル。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

シャクッた直後、根掛かりのような衝撃。

あれ?
根掛かった?

いや、動いてる。

これもかなりデカそう。
ドラグが鳴り響く。

ここ、足場が高くて、どうやってランディングしよか。
足元から先、マンメイドストラクチャーもぎっしり入っている。

2度3度とマンメイドに突っ込まれた。

1度は完全に動かなくなり、もう切るしかないかなぁ、と思ったけど、ラインテンションを緩めたら、沖側に向かって泳いだので、浮かせてクリア出来た。

恐らく、PEもリーダーもボロボロ。

それでもなんとか、足元まで寄せた。

どうする?

ぶっこみのオジサン、タモ持ってきて!

心の中で何度も叫んだが、声に出さなきゃ伝わらないよね。

ショウガナイ。
イチかバチか。
抜いてみよう。

勢いを付けてぇ。

抜き上げる。

というよりも、陸方向にブン投げるイメージ。
仮に切れたとしても、飛んでくるように。

スモールが宙を舞い、着地のダメージを減らそうとテンションを掛けたとたんに、


切れた!


しかし、そこは草の上。
マジヤバかった。

DSC08371.jpg

スモールマウスバス。
38cm。

DSC08374.jpg

キレイな魚体。
キズひとつない。


よし、大満足。

撤収します。








とりあえず、居ました。
満足できるサイズは、1本だけでしたが。
そして、流心で釣れる魚は、どれもキレイ。
釣られた形跡がない。

釣れなかったら、リアクションバイト。

これが、今回、たまたま当たっただけなのか。
それとも、いつでも通用すのか。

今後、さらなる調査が必要と思われます。

ちなみに、ヒットしたフラッシュジェイは、1種類だけ。

3インチのコサンアユゴールドでした。



タックルデータ
ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:ダイワジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー(ナイロン)
リグ:キャロライナリグ(ヘビキャロ)バレット10.5g
フック:デコイキロフックワーム17#1
ルアー:フラッシュジェイ3インチコサンアユゴールド

関連記事

2014-10-27

2014鬼怒川 コメント: 10 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.22







2014年8月23日(土)月齢27.2中潮


土曜休日の朝。
大体いつもの時間に起床。
今日はやる事が無い。
相変わらず、鬼怒川の水位は安定しない。
仕方ない。
出撃!



まずは、夏のポイントに入れるかどうか、偵察に。
すると、なんとか大丈夫。
ベストポイントも空いている。

パニッシュで


スミス(SMITH LTD) パニッシュ 85F クリアーワカサギ

全方位をチェック。

釣れない。
かなり流れが速い。
流れの中もダメではないが、ちょっと流れを嫌ったヤツが、流れと淀みの境目に居るかも。


次は、マル秘のワーム。
スプリットショットにして、放置。
時々、リアクション的にチョンって感じで。


なんか、気配がないね。


フラッシュジェイ


フィッシュアロー フラッシュジェイ2/Flash-J2 ワカサギ/シルバー

ジグヘッドリグにして、ミドスト。
全方位をチェック。
そして、最上流部からの岸際を泳がせてくると。

コンッ!

バイト!
アワセるも、空振り。

同じ場所を何度も通したが、それっきり。



場所移動。

堰上。
フラッシュジェイで、堰の壁を舐めるようなイメージで流す。
流れが速く、ラインがたるむ。
たるみに受ける水圧を利用して、ルアーを泳がす。

すると、根掛かりのように重くなる。
こっちは根掛かりだと思い、外す為にロッドをアオル。

だけど、根掛かりが動いてる。


フィッ~シュ!


はじめはラインがたるんでいるので、ゴミのように重いだけ。
ラインが張ってくると、鋭い突っ込み。
テトラに擦られながら。
なんとかシャローに導いて、

DSC08177.jpg

スモールマウスバス。
37cm。

DSC08178.jpg

DSC08180.jpg

壁際のイメージだけど、実際には、壁からはかなり離れていると思う。
堰上の深くなっている部分かな。



しばらく続けるも、フックむき出しなジグヘッド。
あっさりとロスト。


次は、ソルティスラッガー

 ダイワ (DAIWA) ソルティスラッガー 3-1/2 シナモンシャッド

DSにして、同様に壁際を舐めるようなイメージ。
やはり、流れによりラインがたるむ。
たるんだラインが、堰に飲まれて行く。
かなり強めにラインが引かれる。

???

流れでこんなに引かれる?

!?

バイトだ。

でも、気が付いた時には遅かった。
すでに離したあと。
回収したリグは、ワームがズレていた。


車で移動。
公園エリア。

流れがブロックされたピンのピンに、ソルティスラッガーを入れると。

コツコツッ!

ギルか小バスな感じ。
乗らなかった。

護岸際を流しながら堰下まで。

イモでドリフトするも、反応無し。



対岸堰上へ。

DSのワームをフラッシュジェイに。
ブレイクをミドストのイメージでDSをスイミング。

かなり丹念に攻めたつもりだが、スモールからのコンタクトはありませんでした。



タックルデータ

ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:ダイワジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー(ナイロン)
リグ:ジグヘッドリグ
ワーム:フラッシュジェイ2インチ ワカサギ/シルバー




ダイワ(Daiwa) ジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー


関連記事

2014-08-26

2014鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

2月2本目コラボ釣行2014鬼怒川釣行No.7








2月25日(火)月齢25若潮




前日の晩、ツイッターをチェックしていると、ヒデさんが中流に来ている。

明日は仕事が暇だしなぁ。
3月に入ると、1週2週の週末は予定で埋まっている。
ってことは、3月半ばまでは釣りに行けないかも知れない。

この前、耳鼻科にも行きそびれたし。



よし、明日は耳鼻科に行くってことで、遅刻しよう。







朝目覚めて、ツイッターをチェックすると。。。。


すでにゲットしてるし。




これからお邪魔することを伝え、急遽、コラボ釣行となりました。








耳鼻科は9時から。

よって、タイムリミットは9時。





一応、今日の目的は、ヒデさんに会うこと。


釣りの方は、二の次三の次。。。。。





久しぶりに会う友に、自然と笑みがこぼれる。


あれやこれやと、近況報告やら無駄話やら。

GHBのニュータックルもチェックしてもらう。



話しながら、結んであったスモラバをチョイ投げし、


「これって案外、根掛からないんだよね~。」


なんて言ってるそばから、ロスト。




ま、おしゃべりはこの辺にして、実釣スタート。



フラッシュジェイ2インチのキャロ。



それは2投目でした。




ジャーク後の、張らず緩めずのラインにハッキリと出る、プンッとしたアタリ。


大きくスイープに。


大きく曲がる、ニューロッド。



「来たよ~!」



ヒデさんに声を掛ける。


「あんまり大きくないねぇ。」

「超ビッグよりこのくらいのサイズの方が、いちばん引きが強いよね。」


DSC07831.jpg


スモールマウスバス。

スッゲー太い。



DSC07835.jpg


ヒデさん公認!


42㎝。




DSC07834.jpg



鼻の穴に刺さってるんですけど。

OKだよね。



DSC07833.jpg



見て!


このお腹。



もう産まれそうだね。


春の魚だね。







2月中に2本ゲット。

うれしいです。






この後、反応は得られず。



終了となりました。











これまでに獲った2本は、スポーニングを意識した魚だと思います。
回遊しているスクールだとしたら、ヒデさんにもバイトがあるハズ。
お腹の状態からも、産卵を控えて、テリトリー意識が高く、食性のバイトではなく、攻撃性のバイトだと思います。
だから、何度もバイトしてきたり、超ショートバイトだったり。

ただし、40前半が釣れたということで、超ビッグの季節は、すでに終わってしまったのかも知れません。



タックルデータを追記します。


ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:オールバスフロロ6lb
リグ:キャロライナリグ ナツメ1号
リーダー:DUELナイロン1.5号
フック:DECOYワーム17 #1
ワーム:フラッシュジェイ2インチワカサギシルバー








続きを読む

関連記事

2014-02-25

2014鬼怒川 コメント: 9 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場