FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ ダウンショットリグ フラッシュジェイ パニッシュ フットボールジグ キャロライナリグ ソルティスラッガー コラボ釣行 スモールマウス45up 三つ又ヘビキャロ ゴーマルオーバー AIREDGE タトゥーラ スモールマウス20up ダイワ メタルバイブ 福原美穂 日光いろは坂 ゲーリー4インチグラブ 三つ又 ネコリグ エアエッジ スモラバ アクションコパー バスロッド フィネスワーム ラージマウス20up ベイトロッド スプリットショットリグ バグアンツ ヘビキャロ リール 天秤 ヘビダン メガネの久地岡 TALEX CR-X POMS AW11 筑波パープルライン さがみ家 EF8 X-Trail ライギョ たすけ クラシカルバサー Cocco シザーコーム ユーザー車検 そらまめ ジグヘッドリグ ドライブクロ― MR2 NSR250R フローティングベスト FZR250LimitedEdition ワンダーシビック カットテール Dスクエア Music_is_My_Life MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ スペクトラム 高中正義 Superfly 虹伝説 The_Best_of_Soul_Extreme Day_Breaks ソルファ ASIAN_KUNG-FU_GENERATION Opeth Sorceress Norah_Jones Box_Emotions  浜田麻里 SO_REAL RETURN_TO_MYSELF 森高千里 見て 小比類巻かほる Can't_Fight_This_Feeling ザンサイアン Love&Soul REBECCA REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow REO_Speedwagon 風の吹き抜ける場所へ FLYING_KIDS スローバラード RCサクセション レイジー ベイビーアイメイクアモーション サマータイムブルース 渡辺美里 ポイントH フットボールラバージグ マイケル モデルA ディプシードゥ4 N CB350 爆風スランプ 大きな玉ねぎの下で Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Aimer ジューシィ・フルーツ Pharrell_Williams グレンミラー Girl 宇多田ヒカル Fantôme バケモノの子 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

ワンダーシビック ~ NSR

大学受験に失敗したが、無事に高校を卒業したGHB。
就職もせずに、再度大学にチャレンジすことを決め、アルバイトをしながらの浪人生活がスタートした。
電車もバスも通っていない、ヘンピな地域。
生活するには、車は必需品。
一家に一台、ではなく、1人に1台。
ひとまず、免許証を取得。
人生初の車選びが始まる。
近所のバイク屋のとーちゃんが、中古の赤いバラードスポーツCR-X1.3Lを見せに来た。
一発で気に入ったGHBは、買う気満々でした。
ところが、母親のチャチャが入る。
後部座席が狭すぎて(太目の母親では)乗れない、とのこと。
別に、母親を乗せるために車を買う訳じゃないんだから、そんなのいいじゃん。
しかし、スポンサーである母親を完全無視する訳にも行かず、あきらめることに。
そして購入したのが、ワンダーシビック23L。
ボディカラーは赤。
こうして、人生初の愛車とともに、アルバイトに、受験勉強に?明け暮れた1年が過ぎ。
GHBは、念願の大学進学を手に入れた。
大学の授業とアルバイトの日々、最初に動いたのは、念願だった自動2輪免許の取得。
教習所に通い、中型2輪を目指す。
そして購入したのが、YAMAHA FZR250LimitedEdition。poi.jpg

高校生の頃から、2輪には乗りたかったが、母親の反対もあり、原付すらも乗らなかった。
そんな2輪初心者が、いきなりの25マルチ。
2輪の加速感に酔いしれました。
信号待ちで隣に別の2輪が並ぶと、お約束で始まるのが、シグナルグランプリ。
CBX400Fには楽勝で勝てた。
しかし、おなじ250でも、2サイクルにはどうやっても歯が立たず、ポテンシャルの差を痛感した。
そんなある日。
まだ出たての88NSR250Rが隣に並んだ。
その赤のNSRは、シグナルブルーと共に、フロントを浮かせながら、GHBの視界の中で小さくなっていった。
購入からまだ1年も経っていないのに、我が家には、赤の88NSR250Rが届いたのである。

つづく。。。。。。
関連記事
スポンサーサイト

2014-06-07

くるまのこと コメント: 4 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場