FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

サイバースポーツCR-X SiR



大学生にも関わらず、生涯3台目の車を購入。



ジムカーナを意識して、ボディカラーはホワイト。

ホイル:スプリントハート(ホワイト)
タイヤ:トランピオFM9R(セミレーシング)
ショック:トキコジムカーナ5段階調整
ブレーキパッド:マーベル フロントCリアB
ステアリング:ナルディクラシック
シートベルト:サベルト

sc0004.jpg

それ以外は純正。
吸排気も純正。

車体もステアリングもクラッチも。
すべてが軽い。

超楽ちんドライブが可能。

そして、160PSを発生するB16Aは、とにかく強烈。
8000rpmまで軽々吹け上がる。
そのサウンドも、ドライバーを熱くさせた。

この車の購入前に、EF9シビックを運転した経験があった。
それと、エンジン、足回りも共通のEF8CR-Xは、まるで別の印象でした。

とにかくクイック。
よく曲がる車。

逆に言うと、ハイスピードコーナーは、超怖い。
3速140km/hのコーナリング中、チョコっとブレーキを踏むと、車体は横を向く。

タックインが有効。

出来る限りブレーキをガマン。
一気にブレーキペダルを踏み、フロントに荷重を掛ける。
若干のオーバースピード気味に進入し、ブレーキを弱めつつ徐々にステアリングを切り込む。
クリッピングポイントで、ステアリングの切れ角は最大に達し、ブレーキを離す。
あとは、アクセルワークで旋回をコントロールして、カウンターステアは当てない。

NAエンジンでは、いろはの登りはキツイ。
いつしか、ダウンヒルに夢中になっていた。

登りでは、完全に置いて行かれるR32やらFDやら。
下りでは、それらを蹴散らした。

下りNo.1を目指した。

しかし、どうしても着いて行けない車があった。

GA2シティ。

CR-Xよりもさらに軽いシティは、完全にブレーキの距離が短かった。


ご存じの通り、いろは坂はヘアピンの連続。
ドリフトの人には恰好のコース。

邪魔で攻めることが出来ない。
走り屋とドリフトは、別物と考えていた。

週末の夜でも、早い時間帯なら、比較的空いていて、攻めることができた。

それでも、なんだか嫌気がして来ていた。

走りたくても走ることが出来ない、走り屋達が集まる日光いろは坂。
みんなは何しにいろはに来てるの?

警察の取り締まりも増えてきて。

そして。。。。。


あの事件。


良いキッカケとなり、それ以来、夜の峠には行かなくなった。

そして、バス釣りを始める。








関連記事
スポンサーサイト

2014-06-20

くるまのこと コメント: 8 トラックバック: 0

MR2 G Limited スーパーチャージャー

ワンダーシビックに乗りつつ、88NSRに乗りつつ。。。。。

車に関する知識は、自然と増えていく一方。

満足して乗っていたハズのワンダーシビック23L。
なんと、シビックのエンジンは4種類もあり、GHBの乗っているシビックのエンジンは、最も非力なタイプだったことを知る。

ディーオーエッチシー?

ツインカム?

知れば知る程に、上級車種が欲しくなり、モータースポーツにも興味が湧いて来た。

そして目の当たりにしたのが、シビックとAE86との公道バトル。
想像を絶するスピードで、コーナーを駆け抜けて行った2台。

速い車が欲しい。

sc0001.jpg

思わず買ってしまったAW11。
写真は、PIAAのスポットライトを取り付けただけのノーマル状態。

スーパーチャージャーの加速は、素晴らしかった。
ひとクラス上の車は、楽々カモれた。
ターボ車には敵わないが、そこそこ着いて行ける。

1300ccのシビックに比べたら、天と地ほどの差を感じた。

激しく影響を受けたのが、ジムカーナ。
なので、足回りのみの変更。

ホイル:VOLK RACING 4/5S(ホワイト)
タイヤ:ポテンザRE71G 185-60-14
ブレーキパッド:エンドレType-R
ブレーキホース:アールズ ステンレスメッシュ
ショック:ポテンザジムカーナショック
スプリング:ノーマル
ステアリング:ナルディクラシック
シートベルト:サベルト

さらにおカネを貯めたら、TRDのLSDを入れる予定だったが、それは叶わなかった。
写真では、スポットライトだが、よりコーナーの先を照射できるフォグに変更。
また、ホイルを赤の5ZIGEN N1R 8スポークに変更。
当時、ワタナベのガンメタ8本スポークが主流で、そんな中、ちょっと違った8本スポークが自慢だった。
しかも、カラーホイルのハシリ。
目立ってました。

ジムカーナに出場したかったが、諸々の手続きがメンドーで、手っ取り早い峠に通うことになる。

極初期の頃は、筑波パープルラインにて、ギャラリー担当。
実際に走ると、対向車が怖かった。

そんなある日、たまたま行ったのが日光いろは坂。
ただの深夜ドライブに行っただけで、観光地の日光に走り屋が居るなんて、これっぽっちも思っていなかった

そして、いろはの虜に。

週末ごとに。
暇があれば、ウィークデイにも、片道100kmも苦にせずに。

はじめは登りを走った。

スーパーチャージャーのパワーを生かした走り。
ターボ車の相手にはならないが、ストレートでは他のFF車を圧倒した。

しかし、コーナーでは、EP71ターボに軽くチギられた。
コーナーリングスピードは、FFの方が速かった。

そもそも、車の扱い方を知らなかったGHB。
車は、ステアリングを切れば曲がると思っていた。

でなくても、フロントの軽いMR2。
曲がる訳がない。
だけど、いきなりスピンをする。

いつしか、MR2の扱いに、苦悩するようになった。

FFが欲しい。
コーナーの速いFFが。


つづく。。。。。。。。。。



関連記事

2014-06-19

くるまのこと コメント: 6 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。