FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ ダウンショットリグ フラッシュジェイ パニッシュ フットボールジグ キャロライナリグ ソルティスラッガー コラボ釣行 スモールマウス45up 三つ又ヘビキャロ ゴーマルオーバー AIREDGE タトゥーラ スモールマウス20up ダイワ メタルバイブ 福原美穂 日光いろは坂 ゲーリー4インチグラブ 三つ又 ネコリグ エアエッジ スモラバ アクションコパー バスロッド フィネスワーム ラージマウス20up ベイトロッド スプリットショットリグ バグアンツ ヘビキャロ リール 天秤 ヘビダン メガネの久地岡 TALEX CR-X POMS AW11 筑波パープルライン さがみ家 EF8 X-Trail ライギョ たすけ クラシカルバサー Cocco シザーコーム ユーザー車検 そらまめ ジグヘッドリグ ドライブクロ― MR2 NSR250R フローティングベスト FZR250LimitedEdition ワンダーシビック カットテール Dスクエア Music_is_My_Life MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ スペクトラム 高中正義 Superfly 虹伝説 The_Best_of_Soul_Extreme Day_Breaks ソルファ ASIAN_KUNG-FU_GENERATION Opeth Sorceress Norah_Jones Box_Emotions  浜田麻里 SO_REAL RETURN_TO_MYSELF 森高千里 見て 小比類巻かほる Can't_Fight_This_Feeling ザンサイアン Love&Soul REBECCA REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow REO_Speedwagon 風の吹き抜ける場所へ FLYING_KIDS スローバラード RCサクセション レイジー ベイビーアイメイクアモーション サマータイムブルース 渡辺美里 ポイントH フットボールラバージグ マイケル モデルA ディプシードゥ4 N CB350 爆風スランプ 大きな玉ねぎの下で Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Aimer ジューシィ・フルーツ Pharrell_Williams グレンミラー Girl 宇多田ヒカル Fantôme バケモノの子 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

サイバースポーツCR-X SiR



大学生にも関わらず、生涯3台目の車を購入。



ジムカーナを意識して、ボディカラーはホワイト。

ホイル:スプリントハート(ホワイト)
タイヤ:トランピオFM9R(セミレーシング)
ショック:トキコジムカーナ5段階調整
ブレーキパッド:マーベル フロントCリアB
ステアリング:ナルディクラシック
シートベルト:サベルト

sc0004.jpg

それ以外は純正。
吸排気も純正。

車体もステアリングもクラッチも。
すべてが軽い。

超楽ちんドライブが可能。

そして、160PSを発生するB16Aは、とにかく強烈。
8000rpmまで軽々吹け上がる。
そのサウンドも、ドライバーを熱くさせた。

この車の購入前に、EF9シビックを運転した経験があった。
それと、エンジン、足回りも共通のEF8CR-Xは、まるで別の印象でした。

とにかくクイック。
よく曲がる車。

逆に言うと、ハイスピードコーナーは、超怖い。
3速140km/hのコーナリング中、チョコっとブレーキを踏むと、車体は横を向く。

タックインが有効。

出来る限りブレーキをガマン。
一気にブレーキペダルを踏み、フロントに荷重を掛ける。
若干のオーバースピード気味に進入し、ブレーキを弱めつつ徐々にステアリングを切り込む。
クリッピングポイントで、ステアリングの切れ角は最大に達し、ブレーキを離す。
あとは、アクセルワークで旋回をコントロールして、カウンターステアは当てない。

NAエンジンでは、いろはの登りはキツイ。
いつしか、ダウンヒルに夢中になっていた。

登りでは、完全に置いて行かれるR32やらFDやら。
下りでは、それらを蹴散らした。

下りNo.1を目指した。

しかし、どうしても着いて行けない車があった。

GA2シティ。

CR-Xよりもさらに軽いシティは、完全にブレーキの距離が短かった。


ご存じの通り、いろは坂はヘアピンの連続。
ドリフトの人には恰好のコース。

邪魔で攻めることが出来ない。
走り屋とドリフトは、別物と考えていた。

週末の夜でも、早い時間帯なら、比較的空いていて、攻めることができた。

それでも、なんだか嫌気がして来ていた。

走りたくても走ることが出来ない、走り屋達が集まる日光いろは坂。
みんなは何しにいろはに来てるの?

警察の取り締まりも増えてきて。

そして。。。。。


あの事件。


良いキッカケとなり、それ以来、夜の峠には行かなくなった。

そして、バス釣りを始める。








関連記事
スポンサーサイト

2014-06-20

くるまのこと コメント: 8 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場