FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

サイバースポーツCR-X SiR



大学生にも関わらず、生涯3台目の車を購入。



ジムカーナを意識して、ボディカラーはホワイト。

ホイル:スプリントハート(ホワイト)
タイヤ:トランピオFM9R(セミレーシング)
ショック:トキコジムカーナ5段階調整
ブレーキパッド:マーベル フロントCリアB
ステアリング:ナルディクラシック
シートベルト:サベルト

sc0004.jpg

それ以外は純正。
吸排気も純正。

車体もステアリングもクラッチも。
すべてが軽い。

超楽ちんドライブが可能。

そして、160PSを発生するB16Aは、とにかく強烈。
8000rpmまで軽々吹け上がる。
そのサウンドも、ドライバーを熱くさせた。

この車の購入前に、EF9シビックを運転した経験があった。
それと、エンジン、足回りも共通のEF8CR-Xは、まるで別の印象でした。

とにかくクイック。
よく曲がる車。

逆に言うと、ハイスピードコーナーは、超怖い。
3速140km/hのコーナリング中、チョコっとブレーキを踏むと、車体は横を向く。

タックインが有効。

出来る限りブレーキをガマン。
一気にブレーキペダルを踏み、フロントに荷重を掛ける。
若干のオーバースピード気味に進入し、ブレーキを弱めつつ徐々にステアリングを切り込む。
クリッピングポイントで、ステアリングの切れ角は最大に達し、ブレーキを離す。
あとは、アクセルワークで旋回をコントロールして、カウンターステアは当てない。

NAエンジンでは、いろはの登りはキツイ。
いつしか、ダウンヒルに夢中になっていた。

登りでは、完全に置いて行かれるR32やらFDやら。
下りでは、それらを蹴散らした。

下りNo.1を目指した。

しかし、どうしても着いて行けない車があった。

GA2シティ。

CR-Xよりもさらに軽いシティは、完全にブレーキの距離が短かった。


ご存じの通り、いろは坂はヘアピンの連続。
ドリフトの人には恰好のコース。

邪魔で攻めることが出来ない。
走り屋とドリフトは、別物と考えていた。

週末の夜でも、早い時間帯なら、比較的空いていて、攻めることができた。

それでも、なんだか嫌気がして来ていた。

走りたくても走ることが出来ない、走り屋達が集まる日光いろは坂。
みんなは何しにいろはに来てるの?

警察の取り締まりも増えてきて。

そして。。。。。


あの事件。


良いキッカケとなり、それ以来、夜の峠には行かなくなった。

そして、バス釣りを始める。








関連記事
スポンサーサイト

2014-06-20

くるまのこと コメント: 8 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。