FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ ダウンショットリグ フラッシュジェイ フットボールジグ キャロライナリグ パニッシュ ソルティスラッガー スモールマウス45up ゴーマルオーバー 三つ又ヘビキャロ コラボ釣行 AIREDGE スモールマウス20up メタルバイブ 三つ又 ダイワ 福原美穂 日光いろは坂 タトゥーラ ゲーリー4インチグラブ ヘビキャロ スプリットショットリグ カットテール ヘビダン バグアンツ スモラバ リール バスロッド ベイトロッド エアエッジ ネコリグ フィネスワーム ラージマウス20up CR-X ライギョ たすけ クラシカルバサー EF8 X-Trail さがみ家 NSR250R ワンダーシビック FZR250LimitedEdition POMS AW11 ユーザー車検 そらまめ ジグヘッドリグ MR2 フローティングベスト 筑波パープルライン Cocco シザーコーム ドライブクロ― メガネの久地岡 ソルファ ASIAN_KUNG-FU_GENERATION Opeth Sorceress Norah_Jones 風の吹き抜ける場所へ FLYING_KIDS Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Day_Breaks The_Best_of_Soul_Extreme  Box_Emotions Love&Soul ザンサイアン REBECCA Superfly 虹伝説 MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ Music_is_My_Life スペクトラム 高中正義 Aimer ジューシィ・フルーツ N ディプシードゥ4 CB350 フットボールラバージグ ポイントH マイケル モデルA REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow TALEX アクションコパー Dスクエア RCサクセション スローバラード Pharrell_Williams グレンミラー Girl 宇多田ヒカル Fantôme 大きな玉ねぎの下で 爆風スランプ レイジー ベイビーアイメイクアモーション 渡辺美里 サマータイムブルース 天秤 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

MR2 G Limited スーパーチャージャー

ワンダーシビックに乗りつつ、88NSRに乗りつつ。。。。。

車に関する知識は、自然と増えていく一方。

満足して乗っていたハズのワンダーシビック23L。
なんと、シビックのエンジンは4種類もあり、GHBの乗っているシビックのエンジンは、最も非力なタイプだったことを知る。

ディーオーエッチシー?

ツインカム?

知れば知る程に、上級車種が欲しくなり、モータースポーツにも興味が湧いて来た。

そして目の当たりにしたのが、シビックとAE86との公道バトル。
想像を絶するスピードで、コーナーを駆け抜けて行った2台。

速い車が欲しい。

sc0001.jpg

思わず買ってしまったAW11。
写真は、PIAAのスポットライトを取り付けただけのノーマル状態。

スーパーチャージャーの加速は、素晴らしかった。
ひとクラス上の車は、楽々カモれた。
ターボ車には敵わないが、そこそこ着いて行ける。

1300ccのシビックに比べたら、天と地ほどの差を感じた。

激しく影響を受けたのが、ジムカーナ。
なので、足回りのみの変更。

ホイル:VOLK RACING 4/5S(ホワイト)
タイヤ:ポテンザRE71G 185-60-14
ブレーキパッド:エンドレType-R
ブレーキホース:アールズ ステンレスメッシュ
ショック:ポテンザジムカーナショック
スプリング:ノーマル
ステアリング:ナルディクラシック
シートベルト:サベルト

さらにおカネを貯めたら、TRDのLSDを入れる予定だったが、それは叶わなかった。
写真では、スポットライトだが、よりコーナーの先を照射できるフォグに変更。
また、ホイルを赤の5ZIGEN N1R 8スポークに変更。
当時、ワタナベのガンメタ8本スポークが主流で、そんな中、ちょっと違った8本スポークが自慢だった。
しかも、カラーホイルのハシリ。
目立ってました。

ジムカーナに出場したかったが、諸々の手続きがメンドーで、手っ取り早い峠に通うことになる。

極初期の頃は、筑波パープルラインにて、ギャラリー担当。
実際に走ると、対向車が怖かった。

そんなある日、たまたま行ったのが日光いろは坂。
ただの深夜ドライブに行っただけで、観光地の日光に走り屋が居るなんて、これっぽっちも思っていなかった

そして、いろはの虜に。

週末ごとに。
暇があれば、ウィークデイにも、片道100kmも苦にせずに。

はじめは登りを走った。

スーパーチャージャーのパワーを生かした走り。
ターボ車の相手にはならないが、ストレートでは他のFF車を圧倒した。

しかし、コーナーでは、EP71ターボに軽くチギられた。
コーナーリングスピードは、FFの方が速かった。

そもそも、車の扱い方を知らなかったGHB。
車は、ステアリングを切れば曲がると思っていた。

でなくても、フロントの軽いMR2。
曲がる訳がない。
だけど、いきなりスピンをする。

いつしか、MR2の扱いに、苦悩するようになった。

FFが欲しい。
コーナーの速いFFが。


つづく。。。。。。。。。。



関連記事
スポンサーサイト

2014-06-19

くるまのこと コメント: 6 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場