FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

2014鬼怒川釣行No.22







2014年8月23日(土)月齢27.2中潮


土曜休日の朝。
大体いつもの時間に起床。
今日はやる事が無い。
相変わらず、鬼怒川の水位は安定しない。
仕方ない。
出撃!



まずは、夏のポイントに入れるかどうか、偵察に。
すると、なんとか大丈夫。
ベストポイントも空いている。

パニッシュで


スミス(SMITH LTD) パニッシュ 85F クリアーワカサギ

全方位をチェック。

釣れない。
かなり流れが速い。
流れの中もダメではないが、ちょっと流れを嫌ったヤツが、流れと淀みの境目に居るかも。


次は、マル秘のワーム。
スプリットショットにして、放置。
時々、リアクション的にチョンって感じで。


なんか、気配がないね。


フラッシュジェイ


フィッシュアロー フラッシュジェイ2/Flash-J2 ワカサギ/シルバー

ジグヘッドリグにして、ミドスト。
全方位をチェック。
そして、最上流部からの岸際を泳がせてくると。

コンッ!

バイト!
アワセるも、空振り。

同じ場所を何度も通したが、それっきり。



場所移動。

堰上。
フラッシュジェイで、堰の壁を舐めるようなイメージで流す。
流れが速く、ラインがたるむ。
たるみに受ける水圧を利用して、ルアーを泳がす。

すると、根掛かりのように重くなる。
こっちは根掛かりだと思い、外す為にロッドをアオル。

だけど、根掛かりが動いてる。


フィッ~シュ!


はじめはラインがたるんでいるので、ゴミのように重いだけ。
ラインが張ってくると、鋭い突っ込み。
テトラに擦られながら。
なんとかシャローに導いて、

DSC08177.jpg

スモールマウスバス。
37cm。

DSC08178.jpg

DSC08180.jpg

壁際のイメージだけど、実際には、壁からはかなり離れていると思う。
堰上の深くなっている部分かな。



しばらく続けるも、フックむき出しなジグヘッド。
あっさりとロスト。


次は、ソルティスラッガー

 ダイワ (DAIWA) ソルティスラッガー 3-1/2 シナモンシャッド

DSにして、同様に壁際を舐めるようなイメージ。
やはり、流れによりラインがたるむ。
たるんだラインが、堰に飲まれて行く。
かなり強めにラインが引かれる。

???

流れでこんなに引かれる?

!?

バイトだ。

でも、気が付いた時には遅かった。
すでに離したあと。
回収したリグは、ワームがズレていた。


車で移動。
公園エリア。

流れがブロックされたピンのピンに、ソルティスラッガーを入れると。

コツコツッ!

ギルか小バスな感じ。
乗らなかった。

護岸際を流しながら堰下まで。

イモでドリフトするも、反応無し。



対岸堰上へ。

DSのワームをフラッシュジェイに。
ブレイクをミドストのイメージでDSをスイミング。

かなり丹念に攻めたつもりだが、スモールからのコンタクトはありませんでした。



タックルデータ

ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:ダイワジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー(ナイロン)
リグ:ジグヘッドリグ
ワーム:フラッシュジェイ2インチ ワカサギ/シルバー




ダイワ(Daiwa) ジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー


関連記事
スポンサーサイト

2014-08-26

2014鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.21








2014年8月17日(日)月齢21.2小潮


前回のバラシをリベンジするために、同じポイントに出撃。
前回よりは、わずかに減水しているが、増水傾向には変わりはない。


まずはダイワのピーナッツ。


ダイワ(Daiwa) プチピーナッツ DR IHオイカワ 884518


護岸際をなめるように。

釣れない。


DSにチェンジ。
ワームは何にしようか。
濁り気味なので、カラーはダーク系がいい。
シルエットもバルキーでアピール度の大きいヤツ。

バッグの中をガサゴソと。

もらいものの、OSPドライブクロー。

O.S.P/OSP ドライブクロー 3inch

上流から下流に向けて、護岸際を丁寧に。

そして、ピンに入ったその時。
わずかに重みを感じた。
そのままステイすると、コツコツっと。
そしてラインが沖に向かって走り出す。

アワセを入れる。

「よしフィッシュ!」
強力な引き。
でも、今日はベイトタックル。
絶対に負けない。

空気を吸わせて弱ったところで、ロープをかわす。

下アゴをつかんで、

DSC08174.jpg



スモールマウスバス。39cm。
わずかに40に届かず。

DSC08173.jpg


3日前にヒデチカさんも釣った、あのピンスポット。

スモールが入って来やすい、何かがあるんだろうな。


その後、横を向いて護岸際を打つGHBに対し、後攻者はその着水点に平気で立つ。
ポイントに入る前に、先行者がどこを攻めているのかを、よーく確かめてから、水際に立つようにしましょう。


車でポイント移動。
堰上。

ちょっと濁りがキツイ。
ヤル気もなくなり、なんとなくドリフト。

しかし、足元ではスモールがベイトをチェイス。

居るには居るが、GHBのルアーには無関心。

なんか疲れたんで、終りにしました。




タックルデータ

ロッド:ダイワ AIREDGE 681MLB POWER BAIT FINESSE
リール:ダイワ アルファス フィネスカスタム
ライン:JSYライン2.5号(ナイロン)
リグ:ダウンショットナス型1.5号
フック:DECOYワーム17 #1
ワーム:OSPドライブクロー





関連記事

2014-08-20

2014鬼怒川 コメント: 12 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.20







2014年8月14日(木)月齢18.2中潮


梅雨明けをしてやっと水位が下がって、いよいよ夏のポイントが熱くなる。
楽しみにしていた盆休み。
そんな思いとは裏腹に、ナイスな?タイミングでの台風。
たちまち、梅雨時期の水位に逆戻り。

それでも、なんとか下げ始めた14日。

ヒデさんは出撃済み。
ちょっとした野暮用を済ませてからの出撃。

水分とヒデさんへの缶コーヒーを買い込んで。

お、ヒデさん、居ました。


まずはコーヒーを飲みながらの情報交換。
話をしつつ、この前補給したプラグ類を見せながら、パニッシュを結ぶ。


スミス(SMITH LTD) DDパニッシュ 95F 37 GMヤマメ

画像が間違っていますね。
DDだからディープタイプ。
リップがデカイはず。


では、釣り開始。


沖に遠投し、あとは流れに任せる。
ひとりでに扇状に泳いで、護岸際まで寄って来る。
そのままでもフラフラと泳いでいるが、少しづつ巻いてくる。

その2投目。

護岸際まで泳いできたパニッシュ。
突然、何者かがヒッタクル。

「喰った!」

思わず叫ぶ。
幸先がイイ。

やはりハードで手返し良く広範囲を。

な~んて思った矢先。

あっけなくフックオフ。


悔しい。

でも、ハードで押し通す自信が付いた。


ヒデさんの上流側下流側。
あっち行ったりこっち行ったり。

岩にスタックしながらも、深くスタックしなければ、フローティングミノーはそのうち浮いて来る。

しかし、100%というのあり得ない。
遂にパニッシュDDをロスト。

あいにく、DDは1個しか持っていない。

仕方なく、シャロータイプのパニッシュを結ぶ。


スミス(SMITH LTD) パニッシュ 85F クリアーワカサギ 19


動きは断然、シャロータイプの方がイイ。

しかし、増水中につき、シャロータイプでは、スモールがいるレンジに届かない。
ここで、モチベーションが切れる。

そして、ヒデさんが絶対にここだ!というポイントにて「喰った!」
続きは、ヒデさんのブログにて


てな訳で、ヒデさんはお時間となり、お帰りに。


その後、ダラダラとDSを打つが、スモールからのコンタクトはありませんでした。



関連記事

2014-08-18

2014鬼怒川 コメント: 8 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.19






2014年8月5日(火)月齢9.2長潮



子どもたちの部活の試合の為、4:30に起きて学校まで送る。

せっかくの早起き。
出撃します。


場所は決めていた。

ヒデチカさんの第四ポイント


朝一、超ビッグ狙い。

サスペンドのやや大きめなミノーをナチュラルドリフト。
無反応。
スローリトリーブ。
無反応。

ダイワのシーバス用フローティングミノー。
スローリトリーブ。
無反応。
ファーストリトリーブ。
無反応。
段々ハードに攻めます。
ハードジャーク。
。。。。。。


スタック。


終わった。


集中力が途切れた。
気が付けば、まだ早朝だというのに、汗が流れる。

日中の釣りは、無理だな。





関連記事

2014-08-05

2014鬼怒川 コメント: 8 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。