FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

コラボレーション/ラストフィッシング2014鬼怒川釣行No.36

暮れも押し迫る12月30日。
この年末に来て、ちょっとした事件が。
新年早々、ジタバタしそう。

それでも、今日から仕事は休み。
年末の掃除やら何やらと、やらなぁアカンことがあるんだけど。
事件のお陰で簡易モード。

その結果、今日はちょっとしたフリーな時間が発生。

朝のうちに、野暮用を済ませる。
その途中、橋を渡ると、あの人のくるまが停まっていた。

年末だし、事件もあることだし、釣りはしないでおこうかなぁ。
でもどうしようかなぁ。
12月フィッシュ、獲ってないしなぁ。

頭と心の中は、釣りをするしないの葛藤でいっぱいでした。



しかし、彼のくるまを見たとたん、フッ切れました。







2014年12月30日(火)月齢8.1小潮テレメータ水位-0.96m







さっさと野暮用を済ませると、彼のくるまの元へ向かった。
車を降りて、河畔に向かう。

エサ師さんが1人。
視線を上流に向けると、釣り人がもう1人。

お目当ての彼です。



「おはようございます!」

ヒデチカさんでした。



なになに?
昨日から鬼怒川入りしてるとな?
なかなか厳しいとな?
ん?
それでも、バイトがある場所があるとな?


という訳で。。。。。。

続きはヒデチカさんのブログにて。



手抜きだ!
なんてクレームは受け付けませんm(__)m





さて、場所移動した一行は、それぞれの場所に。


GHBは、沈みマンメイドをDSを使って、ネチネチと。

今回は、根掛かり対策として、ニューウェッポンを投入。
それは


ハヤブサ フィナ フィネスガード ダブルハードガード #13581

GHBは、サイズ4をチョイス。

ガードをちょいと広げて、ワームをチョン掛け。

丁寧に、丁寧に。
リアクションの要素も取り入れつつ。
喰わせの間も入れながら。

ワームをトッカエヒッカエ。









相変わらず、水鳥たちは小魚を獲っている。

















体力の限界。



腰痛が出て来た。

強いダメージを受ける前に、終了しよう。




完全、ノーバイト。






あ、ルアーのロストはありませんでした。
ニューウェポン、効果あり。
ですね。
ただ、魚が掛かるかどうかの検証は出来ませんでしたが。



コレにて、今年の釣りは、全日程を終了いたしました。


特に、今年の釣果を振り返るでもなく。


興味のある方は、まとめてコメント欄にでも書いてくれたら、GHBの手間が省けます。





昨年、GHBはネットからの卒業を宣言しました。
しかし、ネット依存症からは抜け出すことは出来ず、再び、舞い戻って来てしまいました。
男として、1本筋を貫き通すことが出来ない、この優柔不断者を。
皆様は温かく迎え入れて下さいました。

心より、感謝申し上げます。

そして、仲間と共に、秋以降の鬼怒クオリティを追い求め、リアクションバイトの釣りが、新たなる可能性を持っていることがわかって来た。
仲間内だけでなく、このブログをお読みになっている皆様にも、リアクションバイトの釣りを検証して頂き、ご自身のブログ等にて経過や結果を発表して頂けたらなぁ。
などと考えている次第でございます。

鬼怒クオリティをキャッチするために。

多くの人と情報を共有する。
誰かのヒントになりたいし、誰かにヒントをもらいた。
GHBはトーナメンターではありません。
釣りを楽しみたいんです。

メディア等には、一切露出して来ないリバースモール。
鬼怒川では、ラージよりも勢力を拡大しています。
今後、どのような道を辿るのかはわかりません。
しかし、この凄さを楽しまない手はありません。

楽しみましょう。



ということで、今年はここまで。

それでは皆様、良いお年をお迎ください。




関連記事
スポンサーサイト

2014-12-30

2014鬼怒川 コメント: 10 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.35

2014年12月14日(日)月齢21.6小潮テレメータ水位-1.00m



だいぶ前の釣行記になります。









しかし、記憶が薄れてしまっています。







歳は取りたくないね。






ノーフィッシュだったのは確か。




それでも、1バイトはあったな。





沈みマンメイドをDSで。




すみません。



この辺でご勘弁を。






関連記事

2014-12-30

2014鬼怒川 コメント: 0 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.34

仕事の予定だった土曜日。
この日は中1の息子の部活の送迎班。
嫁も仕事を抜けられない。

そんじゃあ、GHBが行くしかねーべ。

まぁ、仕事もそんなに詰まってないし。
それに。。。。。







2014年12月13日(土)月齢20.6小潮テレメータ水位-0.93m








それに、12月中に1本獲っておきたいし。



ってことで、送りと迎えの間の時間。

9:00~13:00の出撃。




防寒着を着こんでフィールドに立つ。

ベイトタックルにナイロン2号の組み合わせ。



まずは、リアクション・フットボールジグ。


リールのブレーキ調節で、結構な飛距離が出ることがわかった。


呆れた頃に、メタルバイブ。

1/2ozのメタルバイブだが、MLパワーのロッドでも、キャストは問題ない。
キャスト時にルアーが回転しなければ、これも飛ぶ。


飛距離に関しては、スピニングもベイトも、大きな違いは無さそうだ。



しかし、問題だったのは、2号のナイロンライン。


メタルバイブをシャクレどもシャクレども、ブルブル感が伝わって来ない。

しかも、シャクッた時に、ラインが相当に伸びているようで、ルアーがリフトしているかどうかも感じられず。


とりあえず、そのうちにラインを巻き替えよう。




って訳で、魚からの反応もなく、リアクションの釣りはやめ。



そして、DSを使っての、足元のストラクチャー狙い。


スローに、スローに。



クンッて感じでバイト!

コンッ!ではない。


回収しても、ワームフックはずれていない。

非常にソフトタッチなバイト。
多分、フック部分まで吸い込んでいない、超ショートバイト。

これを掛けるのは、難しい。


小さいワームでの針先むき出しならば、可能性はありそうだが、根掛かり必須なので、釣りのリズムが保てないだろう。



なんだかんだで時間の経過は早い。


1バイトで終了となりました。





時間を掛けて、足元ストラクチャーの釣りを貫き通せば、冬スモールをキャッチできるかも。





関連記事

2014-12-15

2014鬼怒川 コメント: 8 トラックバック: 0

2014鬼怒川釣行No.33

12月に入り、何が忙しいのか、世間並みに忙しいフリ?をしている訳ではないのですが、なかなか釣行時間が確保できずにいます。
この日曜、予定では釣行不可でした。
ちょっと表彰なんかされてしまって、式典に出席。
そのあと、仲間から祝杯をあげてもらえるのかなぁ~、なんて思っていたらば、それはそれは大きな間違い。
コッパズカシながら、何事も無いままに、帰る事に。
それが幸いして、河畔に立つ事が出来た。




2014年12月7日(日)月齢14.6大潮テレメータ水位-0.98m



チャチャっと準備をして、まあまあの厚着をしてポイントを目指す。
駐車しようとすると、遥か向こうの方に、彼の車が停まっているのが見えた。

車を停め、スピニングタックル1本を持ち、ポイントに向けて歩く。

お、居ました居ました。

「こんちは~!○○(GHBの本名ね)ですぅ~。」
「どうですかぁ~?」
「1バイトありました。」

柴田恭平か小笠原道大か。
その正体は!?

クラシカルバサーさんです。

時間も午後3時半を過ぎているので、おしゃべりはソコソコに、暗くなるまでの短時間勝負。

例のフットボールジグ1本勝負。


シャクリます。
シャクリます。
シャクリます。


シャクリます。
シャクリます。
シャクリます。

少しずつ場所を移動しながら。

シャクリます。
シャクリます。
シャクリます。




あっ!







































































って言う間に暗くなりました。






その間、シャクッたときに、何かの魚に触れた感じはしたが、バイトは得られませんでした。


多分、暗くなってくると、リアクションでの速い動きには、スモールの目が着いて行かないと、勝手に思って、グラブのDSにチェンジ。


ちょい沖に投げて、手前のストラクチャーに当たるまでズル引き。
ストラクチャーを感じたら、チョコチョコと動くか動かないかくらいのアクション。

ストラクチャーを越えてチョコチョコと。

スルスルっと引き込まれた。

「喰った!」

満を持して、フックセット!













チィ~~~~ン!







空振り。




回収したリグをチェックすると、フックがズレていない。
あれ?
勘違いみたい。
リグが穴に落ちただけのようです。


再び続けるも、根掛かりにてロスト。


ライトを用意するのを忘れてしまった。

うす暗いなか、タダでさえ、ジジイになって目が見えなくなってきたのに、どうやってラインアイにラインを通そうか。



無理でした。



コレにて終了。





前回、前々回の釣行の勢いはどこへやら。







あとは、クラシカルさんと、冷え切った身体で、友情を深めあいましたとさ。






関連記事

2014-12-08

2014鬼怒川 コメント: 8 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。