FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ フラッシュジェイ ダウンショットリグ キャロライナリグ フットボールジグ パニッシュ スモールマウス45up AIREDGE ソルティスラッガー コラボ釣行 ゴーマルオーバー 三つ又ヘビキャロ ダイワ 日光いろは坂 スモールマウス20up ゲーリー4インチグラブ 福原美穂 メタルバイブ タトゥーラ 三つ又 ジグヘッドリグ カットテール ドライブクロ―  Love&Soul ユーザー車検 そらまめ Box_Emotions ラージマウス20up バスロッド ベイトロッド リール Superfly エアエッジ ネコリグ スモラバ ザンサイアン フィネスワーム スプリットショットリグ REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow 浜田麻里 X-Trail SO_REAL ライギョ たすけ さがみ家 FZR250LimitedEdition CR-X MR2 NSR250R ワンダーシビック クラシカルバサー 小比類巻かほる Cocco シザーコーム フローティングベスト バグアンツ REO_Speedwagon 筑波パープルライン Can't_Fight_This_Feeling EF8 POMS AW11 REBECCA ヘビダン Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Aimer ジューシィ・フルーツ Pharrell_Williams Girl 宇多田ヒカル Fantôme FLYING_KIDS 風の吹き抜ける場所へ The_Best_of_Soul_Extreme MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ Music_is_My_Life スペクトラム Day_Breaks Norah_Jones ASIAN_KUNG-FU_GENERATION ソルファ Opeth Sorceress グレンミラー 大きな玉ねぎの下で RETURN_TO_MYSELF Dスクエア モデルA マイケル アクションコパー TALEX 高中正義 天秤 虹伝説 メガネの久地岡 ディプシードゥ4 N ベイビーアイメイクアモーション 渡辺美里 サマータイムブルース 爆風スランプ レイジー スローバラード CB350 フットボールラバージグ ポイントH RCサクセション ヘビキャロ 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

2016鬼怒川釣行No.8

2月28日(日)




2月フィッシュのラストチャンスデー。


釣れないながらも、どこかに楽観的な気持ちがあった。

時期が来れば、ビッグママは獲れる。



7:00スタート。


まずは手堅くポイントKにて、居着きのビッグを獲る。


予定であったが、肝心なバイトがない。

居ないのか地合いが違うのか。


シャローでは、ベイトフィッシュの群れを何者かが襲っている。

それ程デカくはなさそう。
ヤマメ系な感じがした。

これが鮭の稚魚だとすれば、パターンは存在するかも。





春の場所に移動します。


ブレイクラインをチェック。

何も無し。


沖のとあるピンをチェック。

クンッ!

というバイト。

一呼吸おいてからアワセる。






































すでに離している。







冬の場所。


南寄りの風が強い。

風でラインが流されて大きな弧を描く。

釣りづらい。


ロッドティップを下げてドリフトを続ける。




ダメだ。

釣れる気がしない。




最後に、ポイントKに入り直す。


しかし、バスからのレスポンスはない。











15:30、終了。







鬼怒川って、バス居るの?








釣っている人は釣っているので、バスは居るんですね。

きっと、エリアが違うんですね。



年間総キャッチ数。。。。。。。。



いまだに1です。

関連記事
スポンサーサイト

2016-02-29

2016鬼怒川 コメント: 12 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.7

2016年2月25日(木)



前日の24日の深夜から25日未明にかけて都内での作業があり、社長から25日はお休みを頂いていた。

だったら当然!
出撃します。



釣りに出掛けるにはゆっくり目、とは言っても普段の出勤と同じ時間に起床。
朝食を摂ってからの出撃。

8:00スタート。




ケイさんの情報から、春の場所。

ブレイクラインを重点的に。


ん?まだ居ないようです。




では、冬の場所。




先行者が1人。

声を掛けてからポイントに入る。




ん??

ここも居ない。

のかな?






では、ポイントK。




このエリアには数名の先行者。

幸運にもポイントKは空いている。



何投目だったかな。

ナイスキャストでピンを通過するコース。



シンカーがボトムを転がる感触がロッドに伝わる。



それとは明らかに違うロッドの動き。


喰ったな!




























空振り。



回収したリグは、ワームがズレテいた。






それ以後、何も起こらず。



15:30終了。






完全に魚の居場所がわかりません。

ポイントKにおいては、個体数が少ないと思われる。

それでも、スモールは確実に居る。

そこに最初に流れて来たルアーにバイト。

それ以後、警戒するのか、反応示さない。

一発必釣!

チャンスは一度のみ。

それを逃したら、時間を置いて、ポイントを休めてから。

昨日は時間が無かったので、再度入ることは出来ませんでした。




2月フィッシュが遠くなる。

関連記事

2016-02-26

2016鬼怒川 コメント: 8 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.6

2016年2月14日(日)



前回、冬の場所を攻めてみたが、何も釣れなかった。

そして、信じられないほど気温の上がった日曜日。

絶対シャローっしょ!



13:00スタート。


春の場所です。

シャローに来ているであろうビッグママを想定し、デカイワーム、強い釣りを押し通す。







がしかし、ウンともスンともしない。


どこかに居るハズだと、ストレッチを端から端まで、同じ釣りをやり通す。




やはり、居ない。



いや、それでも居るハズだと、徐々に釣りを小さくしていった。




そして、小さくしていったリグに。






徳望のバイト!

クンクンッ!


って2回引っ張った。



だけで、すぐに離す。



ショートバイト?



いや、あのリグならば、喰えば絶対に掛かる。

そう信じているセッティング。



他魚種だったんだろうなぁ。


そう思うことで、自分を納得させる。






生命感はありました。

他魚種ですが、ライズ?していました。

ヤマメ系の魚です。

ヤマメの特徴である模様が消えて銀毛している。

サイズ的には25cm程度。

サクラマスと呼ぶには、小さい。

ルアーをチェイスして来る。

過去に一度、掛けている。

降海型?河川残留型?

どの状態の魚なのかわからない。


関連記事

2016-02-19

2016鬼怒川 コメント: 10 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.5

2016年2月11日(木)



新規開拓などと、冬の本命場所から離れての釣行が続いたが、どうにも結果が出ない。

基本に戻って冬の場所。




7:00スタート。



スタート時、誰も居なかったのに、釣りを開始するとルアーマンが集まり始めた。
最高で、6〜7人が並んだ。

超メジャーフィールド。



しかし、誰のロッドも曲がらない。




すると、背後より誰かが声を掛けてきた。

ヒデチカさんです。

「アレ?仕事は?」


またまた想定外でヒデさん登場。



ヒデさんもしばらく投げるが、反応が得られない。


そして2人の意見は一致した。

魚たちは春の場所に行っちゃったんだよ。




そして、春の場所。


















しかし、何もない。






またまた背後より声を掛ける人。


今度はケイさんでした。


ここで自分はタイムアップ。

少々お話しをして、終了としました。




バイトすらありませんでした。



関連記事

2016-02-15

2016鬼怒川 コメント: 12 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.4

2月7日(日)



今更ながら、日曜日の釣行を。


結局1月の釣果は、1本のみとなってしまったわけでして。

仕方がないので、2月フィッシュを求めて出撃。



実は冬スモールって、どこでも釣れたりして。


そんな想像から、誰もいない公園エリアへ。



流れの中か?
それとも落ち着いた沖か?



しかし、前日にケイさんが2本もキャッチしているポイントK(と勝手に名付けた)が気になる。


気にすれば気にする程、釣りに集中出来ず。
だったら行っちゃえ!



ポイントKに入りました。



しかし、ノーバイトの時間が続きます。


ふと人の気配で振り向くと、そこにはヒデさんが。



「アレ?仕事は?」


お休みということで、朝から鬼怒川入りしてたとのこと。


ここからコラボスタート。



しかし、やはりと言いますか、ノーバイト。




では、新規開拓でもしますか!



ヒデさんと2カ所ほど周りましたが、反応は得られず。





最後に、ポイントKの対岸へ。




何も起きないまま、終了としました。




関連記事

2016-02-11

2016鬼怒川 コメント: 12 トラックバック: 0

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場