FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

モンスターフィッシュ・リアクションバイト2014鬼怒川釣行No.31

DSC08394.jpg
Photo by ヒデチカさん





冒頭から変な写真、失礼しました。
リアクションバイトを追求し、まだ完全なる答えは出てはいないが、この写真は、その答えの中のひとつである事は、間違いないであろう。









仕事中、ふと気が付くと、鬼怒川の川底をイメージしているGHBがいた。
リアクション的に、トリッキーな動きをするルアーをイメージ。
それに襲いかかる超ビッグスモール。

まるで水中カメラの映像でも見ているような、そんなイメージ。

そんな呪縛のような毎日。

完全に頭イカレテいるね。


そして、とあるトーナメントプロのブログ。



「あ、フットボールジグね!」



声を上げるようにひらめいた。

確かその昔、自分で巻いたフットボールラバージグがあったハズ。
そう思って、車の中や、古いタックルボックス内をアサってみたが、見当たらない。

しかし、その当時の材料が、まだ残っていた。

そして金曜日。
仕事の合間の休憩時間を利用して、急遽巻いた5個のフットボールラバージグ。

そいつを持って出掛けたのが、土曜日の午後だった。







2014年11月8日(土)月齢15.2大潮テレメータ水位-090m




12:30頃、現場到着。
フローティングベストの用意をしつつ、先行者さんとお話。
厳しそう。

ベストの用意は済んだが、タックル選定に悩む。
3/8ozのフットボールジグ。
順当にいけば、バットがしっかりした先調子のベイトロッドを選ぶところだが、今回は、遠投に重きを置いてのスピニングをチョイス。

車を離れ、上流方向へと歩く。
いつもより、アングラーは多め。

お目当ての場所は、、、、、、、




空いていた。





トレーラーにはゲーリーの4インチグラブ。
コイツをボトムまで沈めて、リアクション的に鋭く短く、2回あおってストップ。

3投目。

あおった直後に「コツッ!」

しかし乗らない。
そのままあおるとまた「コツッ!」

ここから数投は、バイトラッシュとなった。
しかし、一度も乗らず。

そして沈黙が訪れる。


いわゆる回遊のスクールが来たようですね。

バイトゾーンが、だんだん上流にズレてった。
下流から上流に向かって進んでいたと考えられますね。

バイトがあっても乗らない。
ガードなしのフックむき出しのフットボールジグ。
なんで掛からないの?
魚が小さい?

たぶん、30cm以下の、小さい魚のスクールだったのでは?



とりあえず、狙いとしては、合っているようだ。
あとは、これを貫き通す。

投げちゃあ、アオッテ。
投げちゃあ、アオッテ。

投げちゃあ、アオッテ。

投げちゃあ、アオッテ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。












貫き通すのも、結構つらい。

ほんのちょっとだけど、タイニーブラッシュホグのダウンショットを投げてしまった。

慌てて、自分自身に「違う違う」と言い聞かせ、フットボールジグに戻す。



投げちゃあ、アオッテ。
投げちゃあ、アオッテ。

投げちゃあ、アオッテ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





「おはようございます!」
背後より誰かが声を掛ける。

こんな時間におはよう?
ちょっと時間間違ってない?

振り返ると、そこにはヒデチカさん。

あれ?明日じゃないの?

フムフム、なる程、そういうことですか。


と言うことで、2人で並んで投げる。


この釣り、結構疲れる。
右肩がヤバイ。

ちょっと釣り方を変えて、リフトアンドフォールっての?
鋭くあおらずに、スゥ~ッとロッドを立ててストップ。
スイミングからのカーブフォールかな。

そして、ヒデさんは自分のポイントに。

その直後。

スゥ~ッとあおろうとしたロッドが重い。
ゴミでも引っ掛けた感じ。

でも、ゴミじゃなかった。

動いてる!

フィ~シュッ!

お?
結構デカイ?

でも40あるかどうかってとこかな。
下手すると、30後半。

そうだ、ヒデさんはまだ自分に釣りに集中はしていないよな。
電話しよ。

片手にロッド。
片手には携帯。

ラインテンションを保ちつつ、

「あ、もしもし?ファイト中です。とりあえず切ります。」


電話中、リールを巻かなかったら、魚はおとなしくなった。
携帯をポケットに入れ、ファイト再開。

すると、魚は暴れ始めた。

突然、勢いよく浮上を始め、ジャンプかぁ?
とロッドを下げる準備をしたが、ジャンプはしなかった。

今日は水の透明度が高く、ブレイク途中のこぼれ○○○までよく見える。

そしてブレイク下から現れたそいつは、

「デケェ!」

思わず声が漏れた。
ヒデさんはまだ来ない。

ん~、どうやら、最盛期の引きではないようだな。

足元のストラクチャーにも擦られること無く、難なく左手で下アゴをつかんだ。

DSC08383.jpg

マジデカイ。
ズッシリと重たい、キレイな魚体。

ヒデさんもやって来た。

「デケぇ!」
「これ、行ったっしょ!」

ぶら下がったスモールの横から、ヒデさんがスケールを当ててる。

「あるある!」

では、サイズ測定。

DSC08390.jpg

これ、ヒデさんの左手ね。
見えるかなぁ?
写真をクリックして拡大してみて。

ヒデチカさん公認。
53cm。


DSC08391.jpg

自作フットボールラバージグ。
喉の奥には、骨になったベイトフィッシュ。
エサ、喰ってますね。
グッドコンディションの鬼怒川モンスター。

もう1枚。

DSC08392.jpg

俄然、ヤル気が出て来たヒデチカさん。
ラバージグを取りだして。。。。。

ちょっと興奮状態のGHB。
しかし、手足の震えは皆無。
妙に冷静でした。

アドレナリンを押さえるために、リーダーの交換を。

よし、狙いは間違ってなかった。
あとは、時間一杯まで押し通す。


















しかし、これ以降、何も無し。

これにて、終了。
あとは、ヒデチカさんのブログの通り。








最近釣っているスモールは、キズひとつないキレイな魚体。
ヒットポイントは、超遠投した沖。

その昔、タックルボックスという雑誌があった。
その中の特集で、ビッグバスに発信機を取り付けて、その行動を追跡する、というものがあった。
個体により、様々な行動パターンがあった。
その中の1尾は、季節が変わっても、その行動パターンに変化はなかった。
沖の立ち木にサスペンドするのが、定位置、というか、基本となるネグラ的なポジション。
そこから、フィーディングタイムになると、レンジは変えずに岸に向かって進み、そのレンジのままのバンク沿いでフィーディングする、というもの。
ディープからシャローに上がるのではなく、沖でもシャローでも、同じレンジをキープ。
面の上での生活。

もしかして、って思うんだけど。
この沖で釣れるスモールたち。
彼らはシャローに上がることなく、ディープレンジのみで暮らしている個体では無いのだろうか。
オカッパリアングラーからは届かないエリアのみで。

例えば、岸際シャローで釣れてくる個体。
誰かのフックが刺さっていたり、口に傷が付いていたり。
明らかに複数回釣られている個体が居ます。

そのシャローの個体とは全く別のグループで、沖の回遊のみで暮らす個体が、今回釣れた魚なのでは?
ひょっとしたら、ルアー初体験かも知れません。

シャローに依存していないので、これからの厳寒気にも、釣果が見込めるグループではなかろうか。

これはあくまでも、GHBの想像です。


この冬、更なる検証を続けなくては。





タックルデータ
ロッド:ダイワエアエッジ721MLS
リール:ダイワフリームス2506
ライン:RapalaラピノヴァX マルチゲーム ピンク 1.0号
リーダー:ダイワジャストロン DPLS 500m 2号 ブルー(ナイロン)
ルアー:自作フットボールラバージグ3/8oz
トレーラーワーム:ゲーリー4インチグラブワインペッパー
偏光:TALEXイーズグリーンシルバーミラーコート




関連記事
スポンサーサイト

2014-11-10

2014鬼怒川 コメント: 16 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

おめでとうございます(^-^)/

2014-11-10 そらまめ [URL]

やりましたね〜!
すごい!の一言です
これこそまさに超ビックスモール!
しかもキズ一つない美しい魚体!
まだこんなスモールが鬼怒を回遊していると思うといてもたってもいられませんよ(^^)/~~~
明日会社休んで行っちゃおっかなぁ〜 なんてマジに考えてしまう病人が1人…取り憑かれてますね(苦笑)
ほんとにおめでとうございます(^^)/~~~ また現場でお会いしたらいろいろとご教授願いますm(__)m

編集

オメデトウございます!

2014-11-10 M [URL]

そうそう!釣りビジョンで、琵琶湖をホームとしているプロが、琵琶湖の釣りが桧原湖で通用するかって、ラバジのボトムパンピングで良型を釣ってましたよ

ナイスヒラメキで自作ってのも、素敵ですね♪
しかもスピニングを選択して遠投したからってとこもナイス!

しかし、魚体が見えてからシーズン真っ盛りの大暴れされてたら、寿命縮まってたかもね(^_^;)
鮭に挟まれて泳いでたアイツかな?(@_@)

スーパーロコ認定だよd=(^o^)=b
こりゃ~お祝いしなきゃだな(^^)

PS 今後はファイト中の電話はお止め下さい(^_^;)

編集

祝50UP!

2014-11-10 クラシカルバサー [URL]

おめでとうございます!

いや~、さすがに53cmは迫力ありますね。お見事です!

ここのポイントって意外と川幅が狭い所がありますよね。思い切ってフルキャストすれば対岸近くまで飛ばせそうです。

昔、コクチバス対策としての研究レポートがあったのですが、同じくGPSを付けて追尾したところ、越冬のため50km~60kmの距離を移動するそうです。もちろん、移動しない個体も居たのですが。
これは川のコクチに対してのレポートでした。これ読んだときは驚きましたね。

今度は55UP狙いですね!?

編集

2014-11-10 柴犬 [URL]

nice fish ‼︎
偉業にコトバは要りませんね〜♪
何故か私も、満足 最高に嬉しいデス♪♪
o(^_-)O

では、更なる大虎退治!期待してます^ ^
おめでとうございます〜(。´_`。)デレデレ

編集

2014-11-11 ディズニーアングラー [URL]

お久しぶりです!それとおめでとうございます!もしかして自己新では!自分も秋口から鮭の遡上が始まりそれから鬼怒川には行っておらず地元でラージをやってます!今年は地元ラージで終わりかなと思っていましたが、GHBさんのブログでまた鬼怒川に足を向けたくなりました!またお会いした際には宜しくお願いします!鬼怒川にも、モンスターサイズいるんですね!自分は、スモールの50up体験がないので、とても羨ましいです!

編集

無題

2014-11-11 ヒデチカ [URL]

先日はお疲れ様でした

電話で「今、ファイト中です」
あの時はファイト中に電話してくるくらいだから
40前後かななんて思っていたらとんでもない
スーパーBIG・・・
初めてまじかで見るスモール50アップに感動
バス持ちまでさせて頂いて、あの日釣れなかったけど出撃して良かったです

GHBさんの釣りを観察していて自分との決定的な違いはシャクリのリズムだと感じました
あの釣法はまだ進化させられると思うので
色々試してみないとダメですね

GHBさんなら冬の魚GET出来るでしょう
自分には釣れる気がしません(泣)

編集

Re: おめでとうございます(^-^)/

2014-11-11 ギターも弾けるバサー [URL]

そらまめさん、コメントありがとうございます。

キズひとつないキレイな魚体。
これが鬼怒クオリティ。
何度も釣られたスレッカラシのスモールよりも、初めて人間を見るバージンスモール。
この価値ある魚を求めて、またフィールドに立つのです。
バージンだから、釣り方は簡単。
強いルアーで押し切るのみ。
どこまで我慢ができるかな?(笑)

編集

Re: オメデトウございます!

2014-11-11 ギターも弾けるバサー [URL]

Mさん、コメントありがとうございます。

最近、メディアに踊らされている人が多いです。
ライトラインにライトリグ。
それでは鬼怒クオリティはキャッチすることは出来ません。
いわゆる、正統派の、昔からのバスフィッシング。
ビッグバスは、そういうのに弱いんじゃないかな。

電話の件、了解しました。
でもね、こんなに大きな魚だとは思わなかったんだもん。

編集

Re: 祝50UP!

2014-11-11 ギターも弾けるバサー [URL]

クラシカルバサーさん、コメントありがとうございます。

ロングキャストとか川幅とか。
そういう事も考慮して、今回の釣果が出たのだと思います。

魚の研究レポート、かなり参考になりそうですね。
理論的にビッグバスを追い詰める。
なんかカッコいいです。

55オーバー、欲しいですね。
欲を言えば60クラス。
どこかに居るでしょうね。

編集

Re: タイトルなし

2014-11-11 ギターも弾けるバサー [URL]

柴犬さん、コメントありがとうございます。

柴犬さんが満足している場合ではありませんぞ。
柴犬さんのパターンも、ビッグスモールパターンですから。
ご自分の手で、この喜びをつかみ取って頂きた。
柴犬さんの過去記事、読み直してください。
熱い何かを、感じることができます。
フィールドで会いましょう。

編集

Re: タイトルなし

2014-11-11 ギターも弾けるバサー [URL]

ディズニーアングラーさん、コメントありがとうございます。

もちろん、自己新記録です。
鮭もそろそろ終わり。
しかし、鬼怒川のシーズンオフは存在しません。
これから3月まで、超ビッグ狙いのシーズンです。
温かい格好をして、フィールドに立ちましょう。

編集

2014-11-11 ぬるま湯 [URL]

おめでとうございます!!!

まさに モンスター ですね^_^
やはり自分の釣りを貫くことはとても大切なことなんですね…
心が折れそうになってもキープキャスト!僕には到底できません…流石です(^ν^)

これからも応援しています!

編集

Re: 無題

2014-11-11 ギターも弾けるバサー [URL]

ヒデチカさん、コメントありがとうございます。

今回の釣果は、ヒデチカさんの力によりところが、とても大きいのです。
今までのヒデさんの鬼怒川釣行のデータの積み重ねにより、あの場所には間違いなくビッグが居る。
そういう結論に至ったのです。
チビが釣れるポジション。
ビッグをバラした場所、そして釣り方。
全てが土台となり、今回のビッグ捕獲という結果が出せたのだと思います。
次はヒデさん、あなたの番ですよ。
ヒデさんなら、絶対に釣れる。

編集

Re: タイトルなし

2014-11-11 ギターも弾けるバサー [URL]

ぬるま湯くん、コメントありがとうございます。

何が何でも、自分の釣りを貫く訳ではありません。
やはり、現場に通い込んで、デコりながらもデータを蓄積していって。
そうすると、何かが見えて来るんです。
その何かに合うものを、自分の引き出しから探し出すのです。
例えば、自分はバズベイトが好きだからと言って、あの場所バズを引き続けても、そうそう簡単にはビッグは出て来ないんじゃないかな。
まずは、自分のホームとなるフィールドに通い込むこと。
それは、季節を問わず。
必ず何かが見えてくるハズです。
ひとつのフィールドを制すれば、その次のフィールドは、もっと簡単に攻略出来るハズです。

応援するのはこっちの方です。
こっちはジジイのお遊びです。
ぬるま湯くんは、将来プロを目指す金の卵。
オジサン達が、サインをもらえるような人になってください。

編集

無題

2014-11-16 ぽとぽん [URL]

ついに50UPやりましたね。
しかも、この難しいシーズンにリアクションで仕留めるとは、思い出深い1匹になったのではないでしょうか?

タックルボックス。
懐かしいですね、私もその記事、読んだ記憶があります。
ただ、GHBさんみたいに記憶力が良くないので、内容はスッカリ忘れてました。それにしても良く覚えてましたね、相当昔の記事ですよね。

編集

Re: 無題

2014-11-17 ギターも弾けるバサー [URL]

ぽとぽんさん、コメントありがとうございます。

いやー、会心の1本でした。
どんなに厳しく、ノーバイトの1日でも、これ1本で帳消しになりますからね。
利根川にも、こういうの、居るハズですから。

タックルボックス。
確か、白黒ページの地味な記事でした。
でも、とても印象深い記事で。
夢中で読んだ記憶があります。
どんなに斬新なテクニックの紹介記事よりも、バスの生態がよくわかるこの記事の方が、どれだけ興味深く、為になったことでしょう。
今のバス雑誌も、こういう記事、取り上げて欲しいですね。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://kop703.blog.fc2.com/tb.php/585-ca285930

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。