FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ フラッシュジェイ ダウンショットリグ フットボールジグ パニッシュ キャロライナリグ ソルティスラッガー スモールマウス45up コラボ釣行 AIREDGE ゴーマルオーバー 三つ又ヘビキャロ ロード・オブ・ザ・リング ゲーリー4インチグラブ 三つ又 スモールマウス20up Night_Ranger タトゥーラ TOTO  ダイワ メタルバイブ 日光いろは坂 福原美穂 ホビット モデルA アクションコパー Dスクエア Girl TALEX Pharrell_Williams Fantôme DAWN 天秤 Aimer メガネの久地岡 マイケル ジューシィ・フルーツ 宇多田ヒカル N ベイビーアイメイクアモーション 渡辺美里 レイジー スローバラード ポイントH サマータイムブルース フットボールラバージグ グレンミラー RCサクセション 大きな玉ねぎの下で CB350 爆風スランプ ディプシードゥ4 ネコリグ EF8 ライギョ X-Trail POMS AW11 Cocco 筑波パープルライン さがみ家 ワイルド・スピード_EURO_MISSION NSR250R MR2 CR-X アナと雪の女王 ワンダーシビック Pentatonix FZR250LimitedEdition シザーコーム フローティングベスト バスロッド エアエッジ Mr.Children ベイトロッド リール ヘビキャロ バグアンツ フィネスワーム ラージマウス20up ジグヘッドリグ ユーザー車検 ドライブクロ― カットテール スモラバ スプリットショットリグ ヘビダン The_Last_Hero 旅の仲間 二つの塔 Don't_Let_Up ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 トランスフォーマー マダガスカル3 素敵な人生の終り方 グッド・ウィル・ハンティング メン・イン・ブラック3 そして父になる メカニック オリジナル・サウンドトラック 思いがけない冒険 スカイ・フォース レ・ミゼラブル -デラックス・エディション タイタニック リンカーン/秘密の書 Vol._2-Ptx High_Road 最高の人生の見つけ方 おとなのけんか I_Dreamed_a_Dream Susan_Boyle TRUTH T-Square Michael_Jackson Thriller TOTO_IV_~聖なる剣 Let_Go Avril_Lavigne LINDBERG_Ⅲ New_Beginnings of Best The melody.~Timeline~ 森川美穂 布袋寅泰 我がまま Vocalization ローン・レンジャー WAR_OF_KINGS スペクトラム Music_is_My_Life MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ The_Best_of_Soul_Extreme 高中正義 虹伝説 Love&Soul Box_Emotions Superfly Day_Breaks Norah_Jones FLYING_KIDS 君の名は。 Alter_Bridge 風の吹き抜ける場所へ ASIAN_KUNG-FU_GENERATION Sorceress Opeth ソルファ ザンサイアン REBECCA 決戦のゆくえ アメリカン・スナイパー #1_インフィニティ Mariah_Carey グラン・トリノ TOTO_XIV∼聖剣の絆 EUROPE オール・ユー・ニード・イズ・キル ノア_約束の舟 バケモノの子 見て Can't_Fight_This_Feeling REO_Speedwagon REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow 小比類巻かほる SO_REAL 森高千里 RETURN_TO_MYSELF 浜田麻里 REFLECTION{Drip} 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

Norah Jones - Day Breaks






あの感動が再び。
名曲「ドント・ノー・ホワイ」から15年、2児の母となったノラがまた、ジャズに帰ってくる。
甘くほろ苦い歌声と美しいピアノに、世界は再び癒される。



■2002年にデビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』(原題:『Come Away With Me』)でグラミー賞主要4部門を含む8部門を受賞するなど大ヒットを記録。以来、世界中でアルバムを4500万枚以上売上げ、グラミー賞を9度受賞と、名実ともに世界最高峰の女性アーティストとなったノラ・ジョーンズの最新作。

■2014年にノラ自らが「ホーム」と呼んでいるレーベル、Blue Noteの75周年を祝うイベントで、マッコイ・タイナー、ウェイン・ショーター、ドクター・ロニー・スミス、ロバート・グラスパーといった新旧のジャズ界のスターたちと共演。
それに触発され「こんなアルバム作れたなら、っていうようなジャズのアルバムを聴いていた」というノラは、出産を経て、自宅のキッチンにおいているピアノで、本作の制作をスタートさせました。

■「最初のアルバムを発表してから、間違いなくピアノから離れてしまった。弾いたりはしていたけれど、ギターで書きたいっていうのがあったの。だからこれらの曲をピアノで書き始めると、すぐにそれらはピアノで演奏されるべきだっていうことが明白だった」というように本作ではデビュー・アルバム以来楽15年ぶりにピアノ弾き語りのスタイルに回帰。

■本作のプロデュースは、Blue NoteのA&Rとしてノラをデビューから手掛け、ホセ・ジェイムス、ロバート・グラスパーと契約し、現在のBlue Noteの潮流を作ったイーライ・ウルフとノラ本人が共同で行いました。
そしてレコーディングにはジャズ界の巨匠達が多数参加。サックス奏者のウェイン・ショーターやオルガンのドクター・ロニー・スミスといった伝説的なプレイヤーをはじめ、ノラのデビュー作より参加しているドラマーのブライアン・ブレイド等が参加しています。










アマゾン DMM.gif
関連記事
スポンサーサイト

2016-10-06

Jazz コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://kop703.blog.fc2.com/tb.php/659-2408df6f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。