FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ フラッシュジェイ ダウンショットリグ キャロライナリグ フットボールジグ パニッシュ スモールマウス45up AIREDGE ソルティスラッガー コラボ釣行 ゴーマルオーバー 三つ又ヘビキャロ ダイワ 日光いろは坂 スモールマウス20up ゲーリー4インチグラブ 福原美穂 メタルバイブ タトゥーラ 三つ又 ジグヘッドリグ カットテール ドライブクロ―  Love&Soul ユーザー車検 そらまめ Box_Emotions ラージマウス20up バスロッド ベイトロッド リール Superfly エアエッジ ネコリグ スモラバ ザンサイアン フィネスワーム スプリットショットリグ REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow 浜田麻里 X-Trail SO_REAL ライギョ たすけ さがみ家 FZR250LimitedEdition CR-X MR2 NSR250R ワンダーシビック クラシカルバサー 小比類巻かほる Cocco シザーコーム フローティングベスト バグアンツ REO_Speedwagon 筑波パープルライン Can't_Fight_This_Feeling EF8 POMS AW11 REBECCA ヘビダン Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Aimer ジューシィ・フルーツ Pharrell_Williams Girl 宇多田ヒカル Fantôme FLYING_KIDS 風の吹き抜ける場所へ The_Best_of_Soul_Extreme MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ Music_is_My_Life スペクトラム Day_Breaks Norah_Jones ASIAN_KUNG-FU_GENERATION ソルファ Opeth Sorceress グレンミラー 大きな玉ねぎの下で RETURN_TO_MYSELF Dスクエア モデルA マイケル アクションコパー TALEX 高中正義 天秤 虹伝説 メガネの久地岡 ディプシードゥ4 N ベイビーアイメイクアモーション 渡辺美里 サマータイムブルース 爆風スランプ レイジー スローバラード CB350 フットボールラバージグ ポイントH RCサクセション ヘビキャロ 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

わが母の記


製作年:2011年
製作国:日本
ジャンル:邦画 > ドラマ
監督:原田眞人
原作:井上靖
撮影:芦澤明子
出演:役所広司、樹木希林、宮崎あおい、南果歩、ミムラ、赤間麻里子、菊池亜希子、三浦貴大、真野恵里菜
昭和の文豪・井上靖の自伝的同名小説を役所広司と樹木希林の主演で映画化した家族ドラマ。子どもの頃に母に捨てられた記憶がトラウマとして残り、母とのわだかまりを抱えたままの主人公が、年老いていく母と向き合った日々を丁寧な筆致で描いていく。共演に宮崎あおい。監督は「クライマーズ・ハイ」の原田眞人。ベストセラー作家の伊上洪作は、幼少期に自分だけが両親と離れて育てられた経験を持ち、“母に捨てられた”との気持ちが拭えないまま今もなお深い心の傷となっていた。そのせいか、自分の娘たちには必要以上に干渉してしまい、反抗期の三女・琴子は洪作への反発を強めていた。一方、母・八重は父の死後、洪作の妹たちが面倒を見ていたが、次第に物忘れがひどくなっていく。








人は、異性の親を慕うという。

この主人公の洪作は、幼い頃、両親と別々に暮らした。
そのことを、自分は母親に捨てられたと、思い続けていた洪作。

母は年老い、やがて認知症に。
目の前に居る自分の息子が、誰なのかさえ分からなく。

しかし、昔のことはよく覚えていた。

その記憶の中から、洪作はあの時の真実を知らされる。

母の愛情を知り、母へのわだかまりが解け。
しかし、事実を知るには、あまりにも遅すぎた。

やはり、母は母。

GHBの両親は健在である。
もしかしたら、認知症になるかもしれない。
そういう可能性は、誰にでもある。
もし仮に、そういう状態になったとき。

全然、イメージが出来ない。
シュミレート出来ない。

親孝行は、生きているうちにしなければ。
しかし、照れというのが邪魔をする。

今後、直面するかも知れない問題。
GHBにとってこの映画は、ちょっと重たいテーマでした。







2012-11-16
関連記事
スポンサーサイト

2015-03-04

ドラマ コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2012-11-20 ぎがを [URL]

両親の離婚により
ワタシにも疎遠にしている母親がいます。
今後、この映画を観たとしたら
果たして共感できるのかっ?
ワタシは将来
母親が逝っても泣かない気がします・・・。
泣くほど積み上げた親子関係がない。
それでももし泣けたらワタシはきっと
感動したがりの演技派か
社会的体裁を気にする
よほどのウソツキなのではないかと(汗)

編集

2012-11-20 ギターも弾けるバサー [URL]

ぎがをさん、コメントありがとうございます。
この記事を書いているとき、頭の片隅にはぎがをさんのことが。
この映画の場合、主人公がずっと思っていたことと、真実が違っていたため、その真実を知ったことにより、母への愛情が戻ってきました。
ぎがをさんの思いというのが、どのようなものであるにせよ、その時にぎがをさんが涙を流されたとしても、決して、ウソツキであるとは、思いません。
母は母。
しかし、世の中には、子どもを平気で捨てる母親が居るのも事実。
父にしてもしかり。
せめて自分だけは、子どもたちには悲しい思いをさせないように。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://kop703.blog.fc2.com/tb.php/805-c268bc3e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場