FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

スモールマウス30up スモールマウス40up タイニーブラッシュホグ フラッシュジェイ ダウンショットリグ キャロライナリグ フットボールジグ パニッシュ スモールマウス45up AIREDGE ソルティスラッガー コラボ釣行 ゴーマルオーバー 三つ又ヘビキャロ ダイワ 日光いろは坂 スモールマウス20up ゲーリー4インチグラブ 福原美穂 メタルバイブ タトゥーラ 三つ又 ジグヘッドリグ カットテール ドライブクロ―  Love&Soul ユーザー車検 そらまめ Box_Emotions ラージマウス20up バスロッド ベイトロッド リール Superfly エアエッジ ネコリグ スモラバ ザンサイアン フィネスワーム スプリットショットリグ REBECCA_Ⅳ_Maybe_Tomorrow 浜田麻里 X-Trail SO_REAL ライギョ たすけ さがみ家 FZR250LimitedEdition CR-X MR2 NSR250R ワンダーシビック クラシカルバサー 小比類巻かほる Cocco シザーコーム フローティングベスト バグアンツ REO_Speedwagon 筑波パープルライン Can't_Fight_This_Feeling EF8 POMS AW11 REBECCA ヘビダン Mr.Children DAWN REFLECTION{Drip} Alter_Bridge The_Last_Hero Aimer ジューシィ・フルーツ Pharrell_Williams Girl 宇多田ヒカル Fantôme FLYING_KIDS 風の吹き抜ける場所へ The_Best_of_Soul_Extreme MIHONAKAYAMA_COLLECTION_Ⅲ Music_is_My_Life スペクトラム Day_Breaks Norah_Jones ASIAN_KUNG-FU_GENERATION ソルファ Opeth Sorceress グレンミラー 大きな玉ねぎの下で RETURN_TO_MYSELF Dスクエア モデルA マイケル アクションコパー TALEX 高中正義 天秤 虹伝説 メガネの久地岡 ディプシードゥ4 N ベイビーアイメイクアモーション 渡辺美里 サマータイムブルース 爆風スランプ レイジー スローバラード CB350 フットボールラバージグ ポイントH RCサクセション ヘビキャロ 

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レコチョク1

ツリー・オブ・ライフ


製作年:2011年
製作国:アメリカ
原題:THE TREE OF LIFE
ジャンル:洋画 > ドラマ
監督:テレンス・マリック
製作:サラ・グリーン、ビル・ポーラッド、ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、グランド・ヒル
製作総指揮:ドナルド・ローゼンフェルド
脚本:テレンス・マリック
撮影:エマニュエル・ルベツキ
出演:ショーン・ペン、ブラッド・ピット、ジェシカ・チャスティン、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン、アイリーン・ベダード、ウィル・ウォレス、フィオナ・ショウ
映画賞:2011年 LA批評家協会賞
【助演女優賞】 ジェシカ・チャステイン 【監督賞】 テレンス・マリック 【撮影賞】 エマニュエル・ルベツキ


「天国の日々」「ニュー・ワールド」の名匠テレンス・マリック監督が、1950年代のアメリカに暮らすある家族の物語を、圧倒的なヴィジュアルと共に、壮大かつ根源的な視点から描き出すヒューマン・ドラマ。出演はブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン。2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた。成功した実業家ジャック・オブライエンは人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。1950年代半ばのテキサスの小さな町に暮らすオブライエン一家。厳格な父に厳しく躾けられ、優しい母親の愛に包まれるジャック。そんな両親の狭間で葛藤を抱えながらも、2人の弟との楽しい時を過ごすジャックだったが…。(TSUTAYA DISCAS)








はっきり言って、非常に難解な映画です。

ショーン・ペンとブラッド・ピットということで、必然的に、期待度は高まりますが、観客の評価は両極端。

この映画の何をもって、良い映画、詰らない映画、と評価するのか。

下手をすると、ストーリーすら、理解できないかもしれない。

映画を観ての感想は、人それぞれでいいと思う。

ジャック(ショーン・ペン)の回顧録的なお話だと思うのですが。

ジャックの少年時代を見て、自分の少年時代を思い出し。
自分とジャックを比較してみたり。
人の親となった人ならば、ジャックの両親と自分の子育てを比較してみたり。

過去の自分をかえりみたり、これからの子育て人生の、ちょっとした道しるべなんかになるのではないでしょうか。

親は子に期待するものです。
自分の犯した失敗は、子供たちにはさせたくない。

だけど、過度の期待は、子供の負担と成り得るであろう。

その、丁度良い頃合とは?

子育ての、永遠のテーマかもしれない。






2012-06-14
関連記事
スポンサーサイト

2015-02-26

Dorama コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2012-06-14 クラシカルバサー [URL]

ご覧になられたのですね。
非常に難解なんですよね、この映画。私は公開初日に映画館で観たのですが、劇中で帰ってしまうお客さんが続出でした。
私は、マリック監督の前々作のシンレッドラインに感銘を受けて非常にこの映画を楽しみにしていましたが、やはり監督の哲学的な要素が強すぎで前々作よりも難解になっていました。
まぁ、賛否両論あると思いますが、視野を変えて観てみれば深い映画だと思います。

編集

2012-06-15 ギターも弾けるバサー [URL]

クラシカルバサーさん、コメントありがとうございます。
3回、観ました。
しかし、とても難解である以外、見えてくるものは少なく。。。。
あえて、GHB的に意味を持たせるのなら、上記のようになるのかなぁ。
クラシカルさんの言う、「シン・レッド・ライン」を借りて観てみようと思います。
その後に、この映画をもう一度観たら、何か変わるかもしれませんね。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://kop703.blog.fc2.com/tb.php/813-c6bae9a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

タイドグラフ

ツイッター

iTunes

DMM.com

TSUTAYA DISCAS

楽天市場