FC2カウンター

プロフィール

ギターも弾けるバサー

Author:ギターも弾けるバサー
ギターも弾けるバサー。略してGHB。
鬼怒川のスモールマウスバスを追いかけて。茨城県を流れる鬼怒川。その中流域でクオリティフィッシュを狙います。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------

スポンサー広告

2016鬼怒川釣行No.29

2016年9月4日(日)



前日の土曜日、仕事がお休みだったので出撃を企てていましたが、何かと用足しが多く、出撃不可でした。
日曜の天気予報がイマイチだったけど、雨が降る前に、勝負に出ました。


場所は、新たに命名します。

ポイントH。

台風での増水から戻りつつある状況。
水の色は悪くない。

イモ50ノーシンカー。

ボトムに着く前に、結構流される。
手数がメッチャ増えそうなので、プラグにチェンジ。

アスカ。

岸際のシャロー。
ボトムノック。

ヒット!

すぐにバレる。


沖のディープ狙いで、ソルト用のメタルバイブ。

リフト&フォール。

無。

そして、ただ巻き。

岸際でガツン!

足元で暴れるナイススモール。

ちょっと大人しくなるのを待っていると、フックオフ。



どうも、ブレイクライン付近に居るみたい。

CB350。

沖のディープからブレイクラインを舐めるように。

ゴンッ!

やはりブレイクライン。

今度はしっかりと掛けて、

IMG_0531.jpg

サイズ未計測。
やや30くらいかな。

クランクで反応が無くなったので、自作フットボールジグ。

ちょっと沖目のブレイクで、

IMG_0534.jpg

これは20代。

ブレイクを重点的に狙うと、すぐにロスト。


三つ又ヘビキャロ、タイニーブラッシュホグ。

回遊する個体を狙って、沖をドリフト。


。。。。。。

。。。。


反応無し。

すると、ボイル。

ボイル撃ちで、

IMG_0537.jpg

小さい、20代。

回遊待ちは不発。
ブレイクに着く単発の個体しか居ないような気がする。

気配が消えたので、下流側に移動。


ヘビキャロでドリフト。

いきなり来ました。

IMG_0538.jpg

小さいんだよなぁ。
20代。

ちょっと流すラインを変えて、

IMG_0542.jpg

やっぱり同じサイズ。



では、ビッグ狙いにチェンジ。

イモ50ノーシンカー。

タラ~んとラインが流れにタルんで、根掛かりかと思えば、

IMG_0544.jpg

やっぱりキミなのね。



デカイの、釣れません。



まぁ、数にしちゃあ、GHBとしては釣れ過ぎですが。

なんせサイズが出ませんね。


場所の選択が良くないのでしょうね。

2016-09-07

2016鬼怒川 コメント: 4 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.27~28

2016年8月15日(月)


当初、この日は釣りには出掛けない予定でしたが、家族との予定が合わずに、家族サービスが中止に。
ぽっかりと時間が空いた。

だったら行くっしょ!

とは言うものの、時間的には短時間釣行なので、今回は、水に浸からず。


ちょっと狙い方を変えて、メタルをシャクッテみた。


わずか1時間ちょっと。



スレあたりすら感じずの、完全ノーバイトでした。









2016年8月21日(日)


増水傾向の鬼怒川。
減水続きの状況からすれば、これは絶対に良い方向への状況変化と見た。

ただし、10時までの短時間。
しかも、スタートは7時を過ぎていた。

増水なので入水を避ける場所。
しかも、増水が味方になる場所。

少ない引き出しから選んだ場所は、公園エリア。

護岸を舐めるように攻める予定であったが、エサ師が3人も。

仕方が無いので、流れの激しい場所。


最近ハマっているクランク。

思っていた以上に浅いようで。
2個もロストしてしまった。

ソフトを投げるも、流れがはや過ぎ。

堰上。

クランクを投げたが、ちょっと違うかな?


イモ50ノーシンカー。


ボトムにゴツゴツ引っ掛かる。


ん?

なんか違うな。


もう1回。


ゴツゴツ!


いや、これはバイトだ。



ラインが流されて大きく弛んでいる。


しっかりと巻き取ってからの、大アワセ!


乗ったぞ。


なんかデカそう!


と思ったら。



外れちゃいました。


しっかりとフックングパワーが伝わっていなかったのかな。



残念でした。

2016-08-22

2016鬼怒川 コメント: 2 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.26

2016年8月14日(日)



夜明けからお昼までの釣行。

簡単に行きます。



お尻まで水に浸かっての釣り。



まずは、ダイワのDスクエアで、スモールバラシ。


次は

IMG_0497.jpg

Dスクエアにてニゴイ。



IMG_0501.jpg

モデルAにて、アメリカンキャット。



IMG_0516.jpg

マイケル。
鬼怒川スモールマウスバス、39cm。




場所を変えて、


IMG_0525.jpg

ディプシードゥ4、ニゴイ。



以上でした。

2016-08-17

2016鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

パニッシュ!!2016鬼怒川釣行No.25

ご無沙汰しております。

前記事よりいきなり飛んでのNo.25。
実は、忙しいながらも、6月に仕事上がりの短時間釣行を3回ほど。

それ程のトピックスも無かったので、忙しさにカコツケテ、スル―してしまいました。

あ、ラージを1本キャッチしましたね。
25cmあるかないかのサイズでした。
ルアーはパニッシュ。

それでは、久々の釣行記、行ってみよう!





2016年8月7日(日)


久しぶりの釣行は、今まで行ったことのない場所。

あるお方にお世話になり、場所を教えて頂きました。

夜明けと共に家を出て、駐車スペースを探して駐車。


前情報から、立ち込みが可能な場所らしい。
だったら素足で立ち込んだら気持ちいいだろうし、暑さ対策にもなるな。
でも、ポイントまでのアプローチは、何があるのか分からない未知の場所。
素足では怖いな。
なので、コンプレッション・パンツ、っての?
ピチピチのタイツみたいなのを履いて、短パン。
ウォーターシューズに靴下を履いて。
これで、一応は素肌はガード出来る。

さて、徒歩でポイントを目指します。





しかし、河原に行けるルートがわからない。
藪コギ?

知らない場所での藪コギはキツイな。

そうして右往左往していると、1台の車が停止。



「助かった~!」


ケイさん、早朝よりありがとうございました。

アプローチ方法とポイントの説明と。

あとは、釣るだけ。



ツイッター見てくれた人なら分かると思うけど、あの写真のルアーたちね。

流れの中をトップから表層、シャロークランクへとローテーション。

いきなり、ケイさん釣ってるし。


でも、GHBはなし。




せっかくなので、ジャバジャバと入水。

全体的に浅いので、どこまでも行ける。

浅いので、ボトム丸見え。

魚が居ないのも丸見え。

しかし、バスのボイル発生。

パニッシュでボイル撃ち。

ジャークがダメならただ巻きで。

IMG_0492.jpg

鬼怒川スモールマウスバス。
35~36ってとこかな。

久しぶりのスモール。
しかも、きれいな魚体。

気持ちイイ。



さらにジャバジャバと歩きまわって、対岸方面へ。

岸際がシェードに。

シェードにパニッシュ。

ナチュラルドリフト。

ユラユラとシェードから出て来るパニッシュ。

そのパニッシュにロックオン状態のビッグフィッシュ!

太陽の反射で、パニッシュを見失う。



気が付くと、ラインが大きく上流へ向かって行く。


喰ったな!



デカイ。。。。。。。。。。





ニゴイ。



ガッツリと2本フックが掛かっているから外れない。


バス持ちしてケイさんに見せようとしたけど、歯がないので、ツルんと親指が抜けてしまう。

あきらめてリリース。





再びシェードに入れたパニッシュ。

今度は着水とほぼ同時。


ガツンっと引ったくりバイト。


バシャバシャと暴れた瞬間にフックオフ。


水面で暴れたってことは、バスだったのかな?




パニッシュ、釣れますね。




そろそろ時間です。

8時終了の予定が1時間もオーバー。



いろんなお話が聞けて楽しかったです。
考えさせられる事。
勉強になる事。

ありがとうございました。


相当にモチベーションダウンしていたGHBですが。

帰って来て思った感想は。

とても楽しかった。


ジャバジャバと入水出来た事が、とても楽しかった。

なんか、子どもの頃に戻ったみたい。



次回は、海パン着用でね!

2016-08-09

2016鬼怒川 コメント: 6 トラックバック: 0

2016鬼怒川釣行No.21

2016年6月5日(日)



完全に釣りをあきらめていた日曜日。

朝から野暮用のラッシュで、フリーになるのは夜だと思っていた。

しかし、夕方にはミッション・コンプリート!

18時を過ぎていたが、暗くなるまでにはまだまだ時間がある。

イジイジ悩んでいても何も起こらない。

そんな時間が合ったら行けばいいじゃん。



春の場所で心中覚悟。
ベイトフィネス1本勝負。


イモノーシンカー。

最もクオリティフィッシュを手に出来るであろうリグだが、時間が掛かり過ぎる。

新調したパニッシュ連射。








水位が低く、スタックしやすい。

それでも、他のアングラーが居なかったので、大きく移動をして、スタックした後ろ方向から引っ張ったら、救出に成功。

あ~良かった。





で、暗くなるのはとても速い。


帰り際、護岸をただ巻き。

ピックアップ直前。



キタッ!











小スモール。

20cm程度。



暗くて写真なし。



以上で終了です。

2016-06-06

2016鬼怒川 コメント: 10 トラックバック: 0

< 前ページ ホーム 次ページ >

タイドグラフ

ツイッター

楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。